1月21日、愛知県刈谷市にプレオープン予定のランクルBASE! ランクルオーナーはもちろん、ランクル好き憩いの場所に!【東京オートサロン2023】

明日 1月21日(土)のプレオープンに先立ち、0号店が幕張メッセにオープン!? そこにあるのはナナマルと合体したヨンマル・ボディ。ランクルファンの夢を叶える「ランクルBASE」|TAS2023

ランクルを製造するトヨタ車体が東京オートサロン初出店! トヨタ車体といえば、トヨタのミニバン、商用車、SUVの企画・開発から生産まで手掛ける完成車両メーカーなのだが、2023年は新たなプロジェクトを展開する計画。ソレが『ランクルBASE』というショップ。1月21日、愛知県刈谷市に1号店がプレオープンするのだが、それに先立ち、まずオートサロン内に“0号店”がオープンしたのである。

40と70、ふたつのランドクルーザーを合体!?

ランクルBASEとはどんなショップか? 名前から想像できる通り、ランドクルーザーに特化したカスタマイズ、用品の専門店である。「ランクルを長く、安心して、楽しく乗っていただきたい」とランクルBASEの永田さん。「ランドクルーザーを皆さんと盛り上げていきたい」という想いのこもった企画なのだが、ソレはソレとして、会場に持ち込んだクルマが実に興味深かった。その主役は『Land Cruiser40×LAND CRUISER70』。トヨタ車体の社内にもランクルファンは多く、「こういったランクルに乗りたい」という声があったそう。そして実現したのがコレである。

ポイントは40のボディと、70のベアシャシーを合体させたこと。40をそのまま乗るとなると、安心して乗るのはナカナカ難しい。旧いクルマゆえにランニングコストがかかるのだ。でも、中身が高年式の70なら……、とソレを実際に実現してしまったのだ(現在はまだ完成前)。ただしベアシャシー側の法規に引っ張られるため、ボディ側を改修する必要もある(シートベルトとかフロントガラスとか)。その辺りの、法規の差を考えながらカスタムする勘所は、クルマを丸々1台企画から生産まで行う同社だからこそ無理なく対応できる。ちなみにより高年式のモデルのベアシャシーを使えばもっと快適になるハズ……と思いきや、その場合より高年式の法規に合わせる必要が生じ、ボディ側を対応が一層大変になるという。では逆に、4輪板バネのベアシャシーを持ってくれば、法規も緩い(苦労も少ない)のではないか? そこは、「乗り心地は良くしたい」というコダワリゆえに、フロントコイルスプリングの70を選択したという。

ランクルオーナーの声が集まる、ファン必見のショップに!

今後は、まずランクルBASEのプレオープンを目指すが(取材時)、「お客様の声をききたい。『困りごとって何ですか?』と。困りごとというのは、新しいランクルの開発にも活きますので」と永田さん。直接お客さんの声を聞くことは、ショップが盛り上がるだけではなく、車両開発にも活かされるのである。ランクルBASEは、今ランクルに乗るユーザーはもちろん、将来のランクルユーザーにも有益なプロジェクトなのである。

スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部/Photos by 佐藤 武 Text by 小松ひろ

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon