"Q4 e-tron Sライン"に採用された新タイプのデイライト! 他にはないユニークな演出が必見です!

将来的にはEV専門ブランドになる!?  “アウディ・Q4 e-tron”は、俊敏な走りが気持ち良かった【JAIA インポートカー試乗記 Vol.4】新車レビュー

アウディ Q4 e-tron Sライン
輸入車試乗会「JAIA」に潜入し、本誌では普段あまりお目に掛かることの少ないインポートカーを試乗チェックしてきました!話題の新型EVをはじめ高価なモデルなど個性溢れる8台を、2022-23日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員である、モータージャーナリストの工藤貴宏氏がご紹介します。

世にも珍しい後輪駆動のアウディ

アウディもまた、将来的にEV専門ブランドになることを宣言しているブランド(2026年以降に発売するモデルはすべてEVになる予定)。着々とEVのラインナップを増やしていて、「Q4 e-tron(イートロン)」もそんな1台だ。

アウディが最初のEVとして送り出した「e-tron」のような異次元的な鋭さの加速はないが、EVらしい俊敏さは走って楽しく、それでいて航続距離とバッテリー容量のバランスも絶妙だと感じた。面白いのはアウディにしては珍しく後輪駆動だってこと。雪道を走ったらさらに楽しさを引き出せるかも。

SPEC
サイズ(全長×全幅×全高/mm):4590×1865×1615
車両重量(kg):2100
エンジン排気量(cc)/種類:—/交流同期電動機
価格:710万円

JAIA インポートカー試乗記 まとめはこちら

世界中で進む自動車のBEV化、気になる国内外メーカーの動向(後編) #そこが知りたいEVのことPART8

これまではヨーロッパ勢のBEVが数々登場し、それは今後も主流となりそうだが、今年はアジアから…

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

キーワードで検索する

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon