SUVのEV車も投入予定! 内外装ともに未来的なルックスに仕立てられたメルセデスEQシリーズに惚れ惚れした

メルセデスが続々EV車を投入中! 「EQS」「EQE」は、プロポーションが驚くほど先進的だった【JAIA インポートカー試乗記 Vol.7/8】新車レビュー

輸入車試乗会「JAIA」に潜入し、本誌では普段あまりお目に掛かることの少ないインポートカーを試乗チェックしてきました!話題の新型EVをはじめ高価なモデルなど個性溢れる8台を、2022-23日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員である、モータージャーナリストの工藤貴宏氏がご紹介します。

SUVモデルの導入も間近の最新メルセデスEVに注目!!

今年のJAIA試乗会で印象的だったのは、EV(電気自動車)がとても多かったこと。記事で紹介している車両のEV比率が高かったと感じたかもしれないが、これは意図的にEVを選んでいるわけではなく用意された車両のうち約4割の車両がEVだった。気が付けば輸入車のEV比率がジワジワを高まっていることを実感した。

さて、何を隠そうメルセデス・ベンツもEVをどんどん投入している。その最新モデルは「EQS」と「EQE」で、その車名の通り前者は「Sクラス」、後者は「Eクラス」の電動版として用意したもの。とはいえ車体はエンジン車とは全く違うEV専用設計でプロポーションも先進的だ。

今後は「EQS SUV」などSUVも予定している。

SPEC
サイズ(全長×全幅×全高/mm):4970×1905×1495
車両重量(kg):2390
エンジン排気量(cc)/種類:—/交流同期電動機
価格:1248万円

SPEC
サイズ(全長×全幅×全高/mm):5225×1925×1520
車両重量(kg):2560
エンジン排気量(cc)/種類:—/交流同期電動機
価格:1578万円

JAIA インポートカー試乗記 まとめはこちら

将来的にはEV専門ブランドになる!?  “アウディ・Q4 e-tron”は、俊敏な走りが気持ち良かった【JAIA インポートカー試乗記 Vol.4】新車レビュー

輸入車試乗会「JAIA」に潜入し、本誌では普段あまりお目に掛かることの少ないインポートカーを…

“ボルボ・C40リチャージ”は、EVだけど乗り味はスポーツカーのようだった!【JAIA インポートカー試乗記 Vol.3】新車レビュー

輸入車試乗会「JAIA」に潜入し、本誌では普段あまりお目に掛かることの少ないインポートカーを…

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

キーワードで検索する

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon