テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

コラム・連載記事 94件


中国EVプラットフォーム総覧 電動プラットフォームがあれば、EVは作れる?

中国におけるコピー車敗訴の、本当の理由:米国という虎の尾を踏んでしまった中国

ターボメーカーが鎬を削るガソリン用VGターボ。なぜ、「可変容量」なのか?

日本人の勤勉さと「すり合わせ」の巧さを生かせる時代がまた到来した【牧野茂雄の自動車業界鳥瞰図】

【牧野茂雄の自動車業界鳥瞰図】中国だけではない。アジア市場に目を向けるべきだ。自動車市場の昨年と2019 年

マツダ3のリヤサスは、あえてのTBA。4輪駆動もTBA。レイアウトの工夫をしてまでTBAにこだわった理由は

マツダの直噴ターボ——登場は14年前だった

モデルベース制御システム「RAICA」の威力を目の当たりにする

【牧野茂雄の自動車業界鳥瞰図】自動車新興ブランドの「夢」と「現実」QOROS、Lynk&Co、ボルグヴァルト、ビンファスト……

⑦2ストローク対向ピストン・ガソリンエンジンの可能性 畑村耕一「2019年パワートレーン開発への提言」最終回

⑥SKYACTIV-Xか可変圧縮比か。シリーズハイブリッド専用の高効率エンジン実現に向けて 畑村耕一「2019年パワートレーン開発への提言」⑥

⑤ノートe-POWER 走りと環境性能を両立するパワートレーンとは? 畑村耕一「2019年パワートレーン開発への提言」⑤

スバルのAWDシステム4態、その特質

④カーボンニュートラルを実現する燃料 水素とCO2から合成するe-fuelに注目!畑村耕一「2019年パワートレーン開発への提言」

CVTのラバーバンドフィールって?

③中期的にも長期的にもEVの普及がCO2削減に有効な手段であるとは限らない畑村耕一「2019年パワートレーン開発への提言」

②エンジンで直接タイヤを駆動するクルマは20世紀の遺物と呼ばれる日が来るかもしれない 畑村耕一「2019年パワートレーン開発への提言」

①「エンジンはなくならない」が「エンジンはないほうがいい」畑村耕一「2019年パワートレーン開発への提言」

48Vハイブリッドは、国産車でも導入されるのか? マツダは24Vだが……【2019年自動車業界予想】

【牧野茂雄の自動車業界鳥瞰図】日中の自動車産業収支は中国側が一方的に赤字!?

94件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る