「ネオクラ国産車乗りが集まる老舗!」ツールボックス【SPECIAL SHOP】

ライトチューンからレストアまで!

新旧ハチロクを中心に幅広い車種に対応

創業から約30年という神奈川県秦野市の“ツールボックス”が得意とするのは、いわゆるネオクラ世代の国産スポーツ。中でも力が入るAE86については、今でこそレストア専門店が増えたが、同社はいち早くそうしたニーズに応えてきた先駆者的な存在。これまでに蘇らせたハチロクは100台以上、そのノウハウを頼って全国から依頼が舞い込んでくるほどだ。

「AE86は、フェンダー内やリヤクォーターパネル、バックパネル、バックフロアはサビや腐食が進行している個体も増えています。みんな酷くなってから持ってくるので、大作業になりがちですね。中にはレストアせずにハコ替えした方がコストを抑えられるケースもあります」とは、代表の川口与士夫さん。

ちなみに、ツールボックスでは預かったユーザー車両の作業過程を随時撮影し、ラインなどで定期的に報告するサービスを行なっている。「今自分の愛車がどうなっているのか」を、遠方からでも把握することができるというわけだ。

エンジンルーム内までボディ同色にペイントされたAE86はレストアの真っ最中。リフレッシュされたハイコンプ仕様の4A-Gが積み込まれていた。「近頃はノーマルに拘る人も増えていますね」と川口さん。

足回りはブリッツ車高調をチョイス。ブッシュ類も新品に打ち換えられているため、AE86本来のキビキビとした走りが存分に堪能できる。

下回りもご覧の美しさ。腐食した箇所は丁寧に修復作業を展開し、負担が大きい開口部などにはスポット溶接増しを施すこともある。鈑金作業以外は全て自社内で行なっているのもツールボックスの拘りだ。

写真はトラストT518Zタービンで武装したZN6型86のエンジンルーム。レボリューションのエアロをまとった外装も印象的だが、オーナーにとって初めての愛車なのだという。若いユーザーが多いのもツールボックスの特徴なのだ。

オーディオカスタム、そして光モノの取り付けまで柔軟に対応。理想の愛車作りを全力でサポートしてくれるツールボックスは、カスタマイズ好きにとって頼れる存在であることに間違いない。

●問い合わせ:ツールボックス 神奈川県秦野市柳町1-10-26 TEL:0463-87-9556

【関連リンク】
ツールボックス
http://pg-toolbox.co.jp

著者プロフィール

weboption 近影

weboption