「スモーキー永田が話題のR35GT-R『Tスペック』を速攻チューン!」OZとのコラボで誕生したホイールも注目【東京オートサロン2022】

100台限定のR35GT-R“Tスペック”を早くもカスタム!

OZとのコラボで誕生したフッツーラの令和仕様に注目

スモーキー永田率いるトップシークレットが東京オートサロン2022に持ち込んだのは、2台のR35GT-Rだ。

まず1台目は、2021年9月に登場したR35GT-Rの集大成モデルと言われる国内限定100台の“Tスペック”がベース。納車はギリギリだったそうだが、「抽選で運良く当たっちゃったし、今回は日産ブースも近いから、意地でも出展したかったんだよね」とスモーキー。

足元で存在感を主張する5スポークホイールは、イタリアの名門“オーゼット”とトップシークレットのコラボレーションで誕生した鍛造1ピースモデル『OZ35GT-R NEW FUTURA TOP SECRET』。GT-R専用設計で、価格は24万7500円となる。

デザインベースは90年代に大ブレイクしたフッツーラで、往年のテイストを放ちつつあらゆる角度から最新の技術や魅せ技を注入。ヴィンテージ感溢れるデザインがR35GT-Rと絶妙のマッチングを見せている。

サイズはフロントが10J+33でリヤが11J+10。タイヤにはブリヂストンのポテンザRE71RS(F255/40-20 R265/35-20)を組み合わせる。

足回りは、純正ダンパーを車高調化するオリジナルの“車高調整ロワシート”で適度なローフォルムを演出している。

一方のギラギラに輝くゴールドのGT-Rは、乃木坂46の27枚目シングル「ごめんねFingers crossed」のミュージックビデオに齋藤飛鳥さんの愛車として登場し、大きな話題を呼んだデモカーの2号機(1号機は完売)。

乃木坂46の齋藤飛鳥さんがMVで乗った1号機。

1号機との違いはフロントバンパー。ショートノーズ仕様だった1号機とは異なり、2号機はロングノーズのM17フロントバンパーがセットされている。こちらもホイールは『OZ35GT-R NEW FUTURA TOP SECRET』だ。

ちなみに、この新作ホイールは限定生産モデルとのこと。愛車に履かせたいと考えているGT-Rオーナーは、迷っている暇などないだろう。

●取材協力:トップシークレット 千葉県千葉市花見川区三角町759-1 TEL:043-216-8808

【関連リンク】
トップシークレット
https://topsecret-jpn.com/

著者プロフィール

竹本雄樹 近影

竹本雄樹