「技ありフェンダーで新型Zを低く見せろ!」ファイナルコネクションとガレージベリーのコラボエアロに大注目【東京オートサロン2023】

オーバーフェンダーの有無で印象は激変する!?

人気車高調『ステルスベーシック』も販売開始

サスペンションキットやブレーキシステムなど、数多くのチューニングアイテムをプロデュースしている“ファイナルコネクション”が、ガレージベリーとのコラボレーションでRZ34用のエアロパーツを発表した。

会場には、“ホワイト”仕様と“イカヅチイエロー”仕様の2台を展示していたが、どちらも純正のイメージを崩すことなく、エアロパーツによってスポーティかつ上質なルックスを強調していたのが印象的だった。

エアロパーツの構成は、フロントリップ、サイドステップ、リヤスポイラー、フェンダートリムの4点。エクステリアは2台とも同じ仕様だったが、イカヅチイエローのRZ34はフェンダートリムをブラックアウトした上で、サイドステップ後端にリヤサイドガーニッシュを追加。よりアグレッシブなイメージで仕上げていた。

フロントリップは、サイド部分を保安基準適合の範囲内で大きく張り出したカナード形状としているのがポイント。これにより、通常のリップスポイラーとは比較にならないほどのハイダウンフォースを味方にすることが可能だ。

ボディ側面からの走行風の巻き込みを防ぎ、シャシー下面の整流効果を高めるようにデザインされたサイドステップ。横方向に大きく張り出したその形状はレーシングガーにも通じるものだ。また、後端に装着されたリヤサイドガーニッシュは純正のラインにアクセントを加える形状となる。

純正ホイール&サスペンションのままでローダウンを演出できるように開発された前後のオーバーフェンダー(ローフェンダートリム)も必見。ワイド幅は車検対応の片側9mmで留めつつ、フェンダーアーチ中央部を約20mmダウン。これにより、タイヤとフェンダーの隙間を狭めて視覚的にシャコタンを演出しているのだ。このあたりは、ユーザーの意見を取り入れながら設計したそうだ。

ヘッドライト下には、アンダーアイライン的なパーツを追加。これだけでも雰囲気は一変するから面白い。

リヤスポイラーは純正を大型化したようなデザインとし、横幅もリヤフェンダーのショルダーまで覆うことでリヤビューを引き締める。

足回りは、同社の売れ筋パーツとして知られている全長調整式で減衰力25段調整のステルスベーシック車高調(F12kg/mm R9kg/mm)でセットアップ。ホイールはウェッズスポーツのRN-55M(F9.5J×20 R10.5J×20)で、タイヤはニットー(F245/35-20 R275/30-20)を履いていた。

エアロパーツはFRP製の他に、綾織りと平織りのカーボン製も選択可能。純正のスタイリングに少しでも違和感があるオーナーは、フル投入を検討してみてはいかがだろうか。

TEXT&PHOTO:Daisuke YMAMOTO (山本 大介)
取材協力:ファイナルコネクション TEL:042-550-4533

【関連サイト】
FINAL KONNEXION
https://www.finalkonnexion.co.jp

著者プロフィール

yamamoto 近影

yamamoto