テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

TOP > 自動車業界の求人 > 検索結果一覧 > 車両適合エンジニア<自動バレー駐車システム>

車両適合エンジニア<自動バレー駐車システム>

求人企業名:ボッシュ株式会社

年収 550万円〜850万円
勤務地 東京都渋谷区渋谷
職務内容 ■日本顧客向けのコネクテッドパーキングシステムの開発を担当していただきます。
※コネクテッドパーキングシステムの参考URL: http://www.bosch.co.jp/press/group-1604-06/

【具体的には】
・自動バレー駐車システムを日本市場に導入するための車両開発 および適合
・低速自動運転機能の開発
担当製品 日本顧客向けのコネクテッドパーキングシステム
英語 海外拠点とのやり取り
必要な経験・資格 【必須要件】
■以下全てに該当する経験/スキルをお持ちの方
・車両適合、車両アプリケーション、車両制御等の開発経験
・C/C++での基本的な知識
・ビジネスレベルの英語力

【歓迎要件】
・トラックに関連した業務経験
・車両安全ISO26262に関する基本的な知識
・海外エンジニアとの技術折衝経験
・海外拠点と英語でコミュニケーションができるスキル
雇用条件
  • 雇用形態: 正社員
  • 転勤の有無: 場合により有
  • 就業時間: 9:00〜18:00
  • 給与形態: 月給制
福利厚生 寮・社宅、財形貯蓄、社員持株、保養所
企業情報 【概要・特徴】
年間売上高10兆円超を誇る世界最大の自動車システムメーカー「BOSCH」の日本法人。グローバルでは、ドイツに本拠を構え、約39万人の従業員を擁しています。1886年の創業以来、数々の世界初の技術を生み出しており、エアバッグ、トランスミッション、ABS、ディーゼルハイブリッドエンジン、排ガス後処理システムなどの多岐にわたる革新的技術を開発しています。日本法人は、自動車用パーツの開発・製造・販売のほか、自動車用補修パーツや電動工具も取り扱っており、ドイツに次ぐ開発拠点として重要なポジションにあります。近年では製品の開発・製造・販売のみでなく、車両診断システム、農業用AIソリューション等、サービス事業への進出も積極的に行っております。

【研究開発体制】
世界に約120ヵ所の開発拠点を有し、研究開発費に70億ユーロ以上を投資しています。全世界で3,800件以上もの特許を出願しており、その数はドイツでは毎年1位、世界でも5位を誇っています。日本の開発センターでは、ディーゼルシステム、ガソリンシステム、ブレーキシステム、電子制御製品、ソフトウェアなどの先進技術開発を行っています。日本市場で成長を加速させるため、日本が強みを持つ自動運転に積極的に投資を行っています。自動運転の実現に向けたテスト運転を行っており、ドライバーを補助する環境センサーやビデオカメラの開発・製造、パーキング・アシスタントの開発などにも着手しています。

【福利厚生】
育児休暇取得率(2年まで延長可能)は100%、有給取得率も95%以上です。

【日本国内に有する施設】 工場/テストセンター/テストコース/研究開発
おすすめポイント 同ポジションでは、自動バレー駐車システムの開発に携わることができます。
新規性に富む事業で積極的にタスクをこなし新しい分野で活躍したい方や車両制御開発を経験した方におすすめの求人です。
お問い合わせ番号 199781

関連求人情報

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...

カーライフに関するサービス