MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ

What is

大車林

大車林とは?

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。【エンジン】【ドライブトレイン】【シャシー】【ボディ】【試験・性能・空力】【設計開発】【生産技術】【環境・社会・法規】【デザイン】【モータースポーツ】【欧文略語】全11カテゴリーに分けて解説しています。(『自動車情報辞典 大車林』2003年発行第1版を収録)。

大車林注目キーワード

振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばねと質量のみによる振動系に、減哀を付加すると振幅は減少する。この振幅減少は、振動エネルギーが熱エネルギーに変わり消費される...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉する動弁系の部品の名称。バルブを押す部分、カムと接触する部分、そして支点という3要素からなり、これらを結ぶ部分の剛性が大切で...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および前後(テレスコピック)に移動させ、運転者がベストポジションがとれるようにしたステアリングコラム。一般に高級乗用車に装備され...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場合、層流を作り出してコントロールすることによって、効率よく安定した空力特性を作り出すことができる。
  • シリンダーヘッドガスケット
    シリンダーブロックとシリンダーヘッドの間からのガス漏れ、冷却水やオイル漏れを防ぐために、その間にはさみ込むシート状のパッキン。最近では大部分がビー...
  • アクティブダンパー
    1990年代初めに提唱された概念で、ダイナミックダンパーのアクティブ型のこと。ダイナミックダンパーは、自らが補助質量、ばね、減衰の振動系3要素を備え、補...
  • 調質硬度
    焼入れ焼もどし後の金属の硬さのことをいう。調質硬度は金属の含有炭素量、部品の大きさ、熱処理温度などにより大きく左右され、製品の強度、靭性に大きな影...
  • スパークプラグ
    火花点火エンジンにおいて、作動ガスに放電して火花点火させる電極を有する部品。その取り付けは、プラグ先端のねじにより燃焼室にあいた穴に栓をするように...
  • 無機系摩擦材
    ブレーキライニングとして使用される無機系摩擦材は、銅系、鉄系、スズを母材としてセラミックス、黒鉛などが加えられ、高温高圧で圧縮焼成されてつくられる...
  • ばね下共振
    タイヤの縦ばね特性と、ばね下質量とで構成される振動系の共振のこと。路面の凹凸やタイヤのアンバランス、ユニフォミティー不良などによる刺激の周波数変化...

エンジンデータブック注目キーワード

キーワード注目ランキング

最新の決算資料をもとに年間の販売台数が100万台を超える自動車メーカーの売上高を集計し、ランキングを作成しました。 2017年の売上高トップはトヨタ自動車。売上高は29兆3795億円で、前年から6.5%増えまし...
国内の自動車メーカー8社を対象に、2017年度の決算資料から1台あたりの営業利益(連結営業利益÷販売台数)を算出。トップはSUBARUで35.6万円だった。
エンジンにおける燃費&環境対策の方法論は、大別して主に欧州で普及が進むダウンサイジングターボと、日本が中心となって推進するハイブリッドのふたつ。日本では速度レンジや使用環境の面で電動モーターを使う...

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る