MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ

What is

大車林

大車林とは?

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。【エンジン】【ドライブトレイン】【シャシー】【ボディ】【試験・性能・空力】【設計開発】【生産技術】【環境・社会・法規】【デザイン】【モータースポーツ】【欧文略語】全11カテゴリーに分けて解説しています。(『自動車情報辞典 大車林』2003年発行第1版を収録)。

大車林注目キーワード

ムーニー粘度
ムーニー粘度計(ムーニービスコメーター)を用いて測定した未加硫ゴムの粘性の値をいう。ムーニー粘度の測定は、ゴムの品質管理や研究開発のために欠かせない。
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗布した対象物(おもに樹脂成形品)に付着させる工法。クロムめっきや光沢仕上げに近似させるための装飾などに使われる。蒸発させて...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示しており、トラクション係数は駆動力を無次元化するために押付け荷重で割算したもので、摩擦係数と同じ値である。このように係数にし...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉する動弁系の部品の名称。バルブを押す部分、カムと接触する部分、そして支点という3要素からなり、これらを結ぶ部分の剛性が大切で...
  • グラベル
    未舗装路のこと。ダートとも呼ばれる。ひとくちにグラベルといっても岩盤質の硬いものから砂地の軟らかい路面まで千差万別であり、さらに天候によって路面の...
  • ステッピングモーター
    パルス入力信号に応じてステップ状に変位するモーターで、NCサーボの要素部品。10W以下の、精度や脱調による誤差の集積に影響されないシステムに使用する。ス...
  • エンジン乾燥重量
    冷却ファン、エアクリーナーなど、エンジンに必要な付属装置・補機類などを含み、エンジンオイル、冷却水などを除いた重量(工業単位系)。ラジエーター、消音...
  • 強化ガラス
    安全ガラスの一種。高温(約600℃)に熱したガラスに空気を吹き付けて急冷し、強度を高めながらゆがみを与えて表層部を形成する製法でつくられる。一般ガラスの3...
  • トラフィックサークル
    ワシントンDCにある大ロータリーをトラフィックサークルと呼んでいる。アメリカで環状交差点のこと。
  • リヤサイドメンバー
    トランクフロア下面の両サイドに取り付けリヤボディ構造の屋台骨を支える最大の部材。ボディシェルの強度、剛性、耐久性などを確保し、衝突エネルギーを吸収...

エンジンデータブック注目キーワード

キーワード注目ランキング

<a name="t1"></a>
<a href="#t1">【08:30】トヨタ 決意表明「今日からトヨタはクルマ会社を超えて人々の移動を助ける会社へ」[2017年10月25日更新]</a> <a href="#t2">【08:45】ダイハツ 全文掲載「軽商用車にも先進安全技術を...
エスクード用 2.0lがベース。V6 がなくなった現在、スズキの四輪エンジンでは最大排気 量となる。ターボ化でノーマル比 3 倍もの出力を引き出すようなモータースポーツ用途にも 耐えるブロ...
「自動で速度取り締まりを行うカメラ装置」の通称。アメリカのボーイング社が開発した自動速度取締機・オービスⅢを東京航空計器がパテント輸入し、初めて日本に導入したのは1973年のこと。以来、オービスは同種の...

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る