MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

大車林の「エンジン」のキーワード1645件


クランクシャフトを支持するためのキャップ。自動車用エンジンでは半割り型の平軸受けを内面に装着する。シリンダーブロックにボルトで強固に取り付けられたあと、全ベアリング穴を一体に通して加工し、軸受けのアライメントを確保する。クランクシャフトの支持剛性はエンジン騒音の低減、メインベアリングメタルの耐久性向上、フリクションの低減上きわめて重要である。また、エンジン運転中にベアリングキャップ部分が弾性的...
シリンダー内における吸気や作動流体の渦状の流れについて、シリンダー中心軸まわりに旋回する横渦をスワールといい、それと直角方向の縦渦をタンブル(あるいはタンブル渦、タンブル旋回流)という。タンブルを生成することにより、混合気内にタービュランス(乱れ)が誘発され、燃焼速度が向上することから、燃費改善や希薄燃焼限界向上の手段として利用されることがある。また、直接噴射層状給気エンジン(DISC)において、給気層...
  • 点火放電波形
  • -spark wave characteristics; ignition timing advance; spark advance
横軸を時間、縦軸を放電電圧もしくは電流としたときの、時間・放電電圧または電流の特性。誘導放電式では点火プラグに火花が飛ぶブレークダウン電圧に達したあとに、持続電流が流れる。その場合の波形は鋭い山を形成した直後に低い台地状の波を打つ。容量放電式では、波形がほぼひとつの鋭い山を形成するだけの波形となる。
インジェクターからの燃料スプレーが円錐状である噴射のこと。これにより空気とのミキシングはよくなるが、成層燃焼の場合には局部的に濃い混合気の形成が必要であるので、扇形などの噴射方式を用いることがある。電子制御式燃料噴射装置の出現当時は、糸状の噴射で噴霧角が小さく、マニホールドの壁面を濡らすなどの問題があったが、噴孔数を増やすなどの技術の出現で霧化が改善された。
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキセントリックシャフト1回転当たり1回の燃焼を行い、回転力変動が大きいため、大きな振動を発生するという欠点がある。2ローターエンジンではロータリーエンジンの燃焼膨張行程がレシプロエンジンの1.5倍、すなわち270度であり、180度間隔で発生する前後2つのローターの回転力が一部重なり合うため全体の回転力変動が大幅に減少するという利点があ...
エンジンの負担を低減し、始動性および加速性能などを確保するため、冷媒圧力センサーでエアコンの冷媒能力を検知し設定値よりも低い場合、あるいは高い場合にエアコンカットを行い、始動時やエンジン高回転時、高水温時のエンジン性能を確保する。
ピストンが下死点にあるときの、ピストンより上方の容積を、ピストンが上死点にあるときのそれで割った値。これに対し、吸気バルブが上死点より前に開き、下死点よりあとに閉じるために、吸気バルブが閉じてから実の圧縮が始まる。この時点のピストンより上部の容積を、ピストン上死点の容積で除したものを実圧縮比と呼んでいる。ミラーサイクルでは実圧縮比と膨張比を変化させ、熱効率の向上を得るひとつの手段としている。バ...
ミニバンやステーションワゴンなどで、前から数えて4番目にあたるピラー(支柱)をいう。普通この場合はリヤピラーということが多いが、メーカーによってはDピラーと呼ぶところもある。
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気タービンで圧縮機を駆動するターボチャージャー、エンジンから直接駆動きれる機械式過給機、および排気の圧力で新気を直接加圧するプレッシャーウェーブスーパーチャージャー(PWS)の3つに大別される。ターボチャージャーと対比するかたちで、機械式過給機に限定してスーパーチャージャーと呼称する場合もある。また、スーパーターボシステムのように...
エンジンの特性によるノッキングの抑制度合いのこと。火花点火エンジンでは燃焼室の形状などにより、ノッキングの発生特性が異なる。例えば、同じガソリンを用いてもノッキングを起こす場合と起こさない場合とがある。起こさない場合をメカニカルオクタンが高いという。圧縮比が同じでも燃焼室の形状や点火プラグの位置を最適に設計し、メカニカルオクタンを高める。また、燃焼室壁面の温度やガス流動もメカニカルオクタンに影...
実質的に仕事をするピストン行程容積を変イヒさせるエンジン。ピストンのストロークを、レバーにより変える方式と休筒する方式とがある。必要に応じて排気量を変えることができるため、燃費に優れたポテンシャルを有するが、機械式は構造が複雑で作動に大きな力を要する。また、休筒式は段階的に実排気量を変化させるため、ショックが発生するのが問題となる。いろいろな方式が提案されているが、将来は広く実用化されるかもし...
クランクシャフトの回転軸の部分で、メインジャーナルともいう。クランクシャフトは、このジャーナル部でメインベアリングを介し、メインベアリングキャップでシリンダーブロックに保持される。一般に、クランクジャーナルの数は4シリンダーが5個、6シリンダーは直列で7個、V型で4個、8シリンダーのV型は5個となっている。クランクジャーナルから、クランクピンにエンジンオイルを供給するための油路の入口がこの部分に設けられ...
クルマのメーター内やダッシュボード上などに装着された警告灯や表示灯のこと。ウインカーなどがどのような作動状態にあるかを示す表示灯や、車両各部のセンサーから発信される状態信号や危険信号などの情報を運転者に知らせる警告灯などがある。パイロットランプは点灯時、その色および表面に描かれた文字や絵柄によって表示あるいは警告される内容が即座に認識されなければならない。これらの装置に使用される電球は、通常1.5...
エンジンの骨格となる部分で、ピストンが摺動するシリンダーと主運動系を支える部分で構成される。内部にメインベアリングキャップ、ラダービーム、ベアリングビームなどにより、クランクシャフトを支える主軸受けを形成する。シリンダーブロックの下端がメインベアリングの中心とほぼ一致しているハーフスカート方式と、それより下方に伸びているディープスカート方式がある。また、液冷式の場合には冷却液を通すウオータージ...
ピストンとコンロッドの小端部とを連結するための中空状のピン。クランクからの回転に伴い、揺動するコンロッドと直線運動するピストンとの間にモーメントを発生せずに連結する。エンジンのなかでもっとも面圧が高くなり潤滑しにくい部品であるが、一方では軽量化もきわめて重要。そのため特殊鋼が使用され、表面を焼き入れ後、研摩して強靭性と耐摩耗性を保つようにしている。一般にピストン径の4分の1から5分の1の太さとなっ...
アクセルを踏み込みエンジン回転を上げようとしたとき、アクセルの踏みはじめよりエンジン回転数が下がることをいう。その原因としては空燃比のマッチングが悪い場合がもっとも多い。また、不適切な点火時期やEGRの量の過多、燃焼室内の混合気の形成不良などがある。加速時の息っき、加速遅れ(スタンブル)などにより症状が重く、運転性を著しく悪化させる。ひどい場合にはエンジンの停止に至る。以前は冷間時の加速の際に散見さ...
シリンダーブロックのメインギャラリー中の油圧を、一般にオイルプレッシャーという。ほぼこの圧力のオイルが主軸受けやカムベアリングに供給されている。圧力はエンジン回転数とともに上昇するが、レギュレーターバルブが作動すると、所定の圧力になるよう調整される。
エンジンが新気を吸入するときに発生する騒音。ピストンエンジンでは、間欠的に吸気するため空気流の断続による音、ダクト中を流れる空気により発生する音、吸気バルブが開いている間にシリンダー内から伝わってくる音などが合成された騒音の総称。この騒音は、エンジン回転数に支配されるピーク周波数を含んでいる。その低減には、エアクリーナーのケースの容量の大きさ、吸気ダクトに取り付けられた共鳴器や吸音および遮音な...
エンジンやブレーキオイルの現在量が最低油量に達したときに警告を発するセンサー。一般車の場合、オイルパンやマスターシリンダー内に装着したフロート式のセンサーによって液面レベルを検出する。レーシングカーのようにドライサンプ式の場合は、オイルタンク内のレベルを電気的に検出するものもある。しかし、エンジンオイルの消費量は燃料に比べてきわめて小さいため、エンジン停止時にレベルゲージで測定するだけで十分で...
ロッカーアームの揺動の支点として用いるシャフト。ロッカーアームの支点としてはピボット式とシャフト式がある。シャフト式の場合は、シリンダー数に対応する数のロッカーアームを同軸に支持する場合がほとんどである。整備時の作業性はよいが、バルブ間隙調整機構をシャフト中に設けることが困難である。これに対して、独立して設けられるピボット式の支点の場合は、この部分に調整機構を内蔵できる。F1エンジンにもロッカー...
1645件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る