MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

大車林の「エンジン」のキーワード1645件


2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキセントリックシャフト1回転当たり1回の燃焼を行い、回転力変動が大きいため、大きな振動を発生するという欠点がある。2ローターエンジンではロータリーエンジンの燃焼膨張行程がレシプロエンジンの1.5倍、すなわち270度であり、180度間隔で発生する前後2つのローターの回転力が一部重なり合うため全体の回転力変動が大幅に減少するという利点があ...
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑りが同じになるように駆動力を調節すると、カーブを速く走り抜けることができ、モータースポーツの運転技術として利用される(ドリフト走行)。前輪がドリフトすると同時に後輸の駆動力をコントロールして、後輪のコーナリングフォースを調節し、後輪に適切なドリフトを起こさせることで狙いの旋回を可能にする。
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的にターボを作動させる方式。直列式は、低速時には小流量のタービンに排気の全量を流し、中高速時にはこれをバイパスして直接大型タービンに導く。一方、並列式では低速時に1つのターボを作動させ、中高速時には2つのターボに排気を導く。おもに切替え時の段付きが問題となるため、セカンダリーターボを助走させるなどの工夫がなされている。作動さ...
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。USと略称する。前輪のスリップ角が後輪のそれより大で、スタビリティファクターKが正の特性である。外乱によってヨー運動が起こったとき復元モーメントが発生し、ヨー運動を抑制する。系として安定で、クルマにとって好ましい特性であるが、強すぎると旋回半径の変化が激しくなり、また応答性が低下する。したがって、必要な応答性の確保や過渡応答...
排気系で炭化水素および一酸化炭素を酸化させ、無害化させるのに必要な酸素を供給するために、排気の脈動を利用して空気を吸入させるバルブ(リード弁が多い)のこと。2次空気ポンプによらず軽量、低コストで供給することができるが、排気の脈動が小さかったり、排圧が高い場合には不向きである。またリード弁の着座による騒音が問題となる場合もある。高速時にも空気を導入させる場合、リード弁の固有振動数を高く設定することが...
1サイクルをクランク軸の1回転、すなわちピストンの上下2行程で完結するものを2ストロークサイクルエンジン、略して2ストロークエンジンまたは2サイクルエンジンという。動力を発生する行程が1回転に1回あり、4ストロークエンジン(2回転に1回)の倍の頻度なので、同一行程容積でより大きな出力が得やすい。また、シリンダー壁に設けたポートにより吸排気できるので、構造が簡単で小型・軽量化ができる。圧縮着火方式は船舶用など...
アッパータンクとロワタンクの間に両端を開口したチューブを設け、そのなかを冷媒が上から下方に向けて流れる方式のラジエーター。通水抵抗が少なく、ラジエーターの一般的な構造ではあるが、ラジエーターの上下方向の寸法が大きく、設計上でボンネット前部を下げるときに障害になる。
各国ごとに設定された、成人男子の体格の95%から成人女子の体格の1%をカバーする、各規格サイズをベースにした設計用の人体模型、または、人体模式図。通常、AM85、JM85、JF10などと呼ばれ、AM95はアメリカの成人男子(アメリカン・メイル)の95%、JF90は日本の成人男子(ジャパニーズ・メイル)の90%、JF90は日本の成人女子(ジャパニーズ・メイル)の10%の体格を小柄な人から数えてカバーしている。AM/AFはSAE規格、JM/JFは側...
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バルブおよび点火プラグの先端が燃焼室に向くようにした形状。かつては燃焼室の表面積が小さくできるとされ、冷却損失が小さくなるとして盛んに採用された。イギリスのコベントリークライマックスエンジンで有名になった。しかし、4バルブ化が進展した現在ではぺントルーフ型が主流になっている。
エンジンの骨格となる部分で、ピストンが摺動するシリンダーと主運動系を支える部分で構成される。内部にメインベアリングキャップ、ラダービーム、ベアリングビームなどにより、クランクシャフトを支える主軸受けを形成する。シリンダーブロックの下端がメインベアリングの中心とほぼ一致しているハーフスカート方式と、それより下方に伸びているディープスカート方式がある。また、液冷式の場合には冷却液を通すウオータージ...
球形燃焼室の一種で、燃焼室の形状を2個の球形で形成させる燃焼室形状のこと。さらにいくつかの球形で形成させる燃焼室形状を、多球形燃焼室と称する。
機械式ディストリビューターにおいて、断続器のコンタクトポイントが開いているカム角度のこと。クランクシャフトの回転数の2分の1で回転するディストリビューター中のカムにより、ブレーカーアームが揺動し接点を開閉するが、この接点が開いている角度のこと。例えば54度のように決められた角度になるように、コンタクトポイント間隙を調整する。火花はポイントが開く瞬間に発生する。電子制御式エンジンマネージメントシステ...
2つの噴射孔を有する吸気マニホールド噴射用のインジェクター。4バルブエンジンに多く用いられ、V型に分岐した吸気ポートそれぞれに向かって燃料を噴射する。単孔の場合はポートの分岐点に向かって噴射することになるが、燃料の壁面付着が多くなるため、それを改善して、それぞれのポートの中心線に沿って噴射する2ホールインジェクターが多く採用されている。最近は加工技術か進んだことから、燃料霧化を促進する目的で、4ホー...
キャブレーターを装着したエンジンの始動補助装置のひとつで、冷間始動時燃料の気化、霧化が不十分で、実質空燃比が薄くなるのを補正するために、吸気管に追加の燃料を噴射するバルブ(インジェクター)のこと。近年は噴射装置、制御技術の進歩により、この特別なインジェクター装着車はほとんど見かけられず、コールドエンリッチシステムによって対応している。
エンジン回転数の2倍の回転数で発生する振動を釣り合わせ、振動を低減するシステム。エンジンの2倍の速度で回転するバランスシャフトにより、逆方向の振動を発生させ、これによりエンジンの振動をキャンセルする。しかし、バランサーにより、ピストンによる振動の方向とは別の振動が発生する。そこで最近ではバランスシャフトを2本平行に並べて、互いに逆回転させて不要な振動を打ち消すようになった。これにより、直列4気筒エ...
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を制御する方式。インジェクターとしては電磁式の弁を用い、そのコイルに通電するパルスの幅をコンピューターが計算し、信号として電磁弁に送る。そのパルス幅は吸入空気量、スロットル開度、エンジン回転数、冷却水や吸入空気の温度などによってコンピューターが演算する。この技術の出現によって、従来のキャブレーターは乗用車においてはほとん...
一般に低い温度に抑えたいシリンダーヘッドと、高温に保ちたいシリンダーブロックとを分けて冷却するシステムをいう。吸入効率(充填効率)の向上やノッキング防止上、シリンダーヘッドの温度が低いほうが有利である。一方、ピストンとシリンダーとの摺動部では高い温度が有利になる。それらを両立するために、それぞれ異なった温度に冷却するシステムが考案された。
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気タービンで圧縮機を駆動するターボチャージャー、エンジンから直接駆動きれる機械式過給機、および排気の圧力で新気を直接加圧するプレッシャーウェーブスーパーチャージャー(PWS)の3つに大別される。ターボチャージャーと対比するかたちで、機械式過給機に限定してスーパーチャージャーと呼称する場合もある。また、スーパーターボシステムのように...
燃焼室で発生した熱エネルギーを機械エネルギーに変換し、出力として取り出すための主要構造。ピストン、コネクテイングロッド、クランクシャフト、フライホイールで構成される。ピストンの往復運動を回転運動に変換するために、機構学的にいうピストンクランク機構がロータリーエンジン以外で用いられる。大きな力を受けながら高速で摺動し、回転するため、大きな強度が必要であるが、一方で慣性力を低減するために軽量化と両...
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャンバーを共用化したキャブレーター。高性能エンジンやレーシングカー周に用いられたウエーバー型、ソレックス型はこれに相当する。しかし、電子制御式燃料噴射装置が普及した現在では使われていない。
1645件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る