MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

大車林の「エンジン」のキーワード1645件


排気系で炭化水素および一酸化炭素を酸化させ、無害化させるのに必要な酸素を供給するために、排気の脈動を利用して空気を吸入させるバルブ(リード弁が多い)のこと。2次空気ポンプによらず軽量、低コストで供給することができるが、排気の脈動が小さかったり、排圧が高い場合には不向きである。またリード弁の着座による騒音が問題となる場合もある。高速時にも空気を導入させる場合、リード弁の固有振動数を高く設定することが...
シリンダーヘッドの底面を燃焼室部分を含めてほぼ平らにし、ピストン側にくぼみを設けて燃焼室としたものをいう。シリンダーヘッドの底面が燃焼室の天井面となる。吸排気バルブが直立し、シリンダーヘッドが単純化できるとともに冷却損失の低減をはかることができるが、ピストンの熱負荷が増大するとともにピストンの形状が複雑化し、重くなる。直噴型のディーゼルエンジンや一部のガソリンエンジンでも使われる。
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、吸入空気量を制御するスロットルバルブを内蔵した吸気絞り装置。アイドリングの空気通路やファーストアイドル用の空気通路を内蔵し、電磁式のアクチュエーターによりその開口面積を変化させる。スロットルを内蔵する胴部があるためこの名称がある。電子制御式スロットルの場合、アクチュエーターはこの部品に装着、支持される。また、各シリンダ...
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャンバーを共用化したキャブレーター。高性能エンジンやレーシングカー周に用いられたウエーバー型、ソレックス型はこれに相当する。しかし、電子制御式燃料噴射装置が普及した現在では使われていない。
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。USと略称する。前輪のスリップ角が後輪のそれより大で、スタビリティファクターKが正の特性である。外乱によってヨー運動が起こったとき復元モーメントが発生し、ヨー運動を抑制する。系として安定で、クルマにとって好ましい特性であるが、強すぎると旋回半径の変化が激しくなり、また応答性が低下する。したがって、必要な応答性の確保や過渡応答...
複数の排気マニホールド出口から排気をひとつにまとめて、触媒やプリマフラーに導く部分のチューブが2本で構成されているものをいう。例えば直列4気筒エンジンの場合、1、4気筒および2、3気筒をそれぞれ1本にまとめ、2本のパイプにしている。直列6気筒の場合は、1、2、3気筒および4、5、6気筒にグループ化されている。デュアルエキゾーストパイプの部分が長くなると低速トルクは増大するが、これは排気慣性効果が低速時において...
タービン部にセラミックを用いた排気ターボチャージャーのこと。タービン部は高温になるため、ニッケル分を多くした耐熱合金が材料に用いられるが、重量が大きくなり、回転慣性が大きくなるためにレスポンスが低下し、ターボラグを発生させる一因となっている。軽量で耐熱性のあるセラミックが採用されるようになったが、もろさがあり、排気中の異物の衝突でタービン部が破損することがある。
金属材料に切削、研削、プレス、引き抜き、圧延などの加工を施すときに用いられる油剤をいい、潤滑作用を主目的にした不水溶性切削油と、冷却作用を主目的とした水溶性切削油がある。潤滑作用では工具面の摩擦、摩耗を低減し、冷却作用では工具の寿命増大と被加工物の寸法精度の確保がはかれる。また切削油は切り屑の排除にも役立てられる。切削油剤の選定には加工の方法、材料、条件、工具材質などを考慮する必要がある。
一般に吸気通路の断面積が最小になった部分での平均流速を指す。吸気速度が最大となるのは、燃焼室にポートが開口する直前のバルブスロート部分であり、高速回転時には音速の2分の1程度の速度に達する。これに対し、平均吸気流速は吸気行程における新気の体積を、ポート断面積と吸気行程時間の積で除した値であり、例えば現代の平均的なエンジンでは70m/sec程度となる。一般に吸気流速とは、この平均流速を表す場合が多い。一方...
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気タービンで圧縮機を駆動するターボチャージャー、エンジンから直接駆動きれる機械式過給機、および排気の圧力で新気を直接加圧するプレッシャーウェーブスーパーチャージャー(PWS)の3つに大別される。ターボチャージャーと対比するかたちで、機械式過給機に限定してスーパーチャージャーと呼称する場合もある。また、スーパーターボシステムのように...
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場合、層流を作り出してコントロールすることによって、効率よく安定した空力特性を作り出すことができる。
フード(フッド)に取り付けられたエンジン吸気用空気取入れ口。
日産の最近の主力エンジンに装備されているギヤポンプタイプのオイルポンプで、騒音を低減するための工夫が凝らされている。Aは厚木自動車部品㈱の頭文字に由来している。
定圧サイクル、または複合サイクルでは、膨張終わりの容積と膨張始めの容積との比。また、膨張比=(膨張終わりの容量+隙間容積)÷(隙間容積)という場合もある。後者の定義の場合、通常の往復動機関では膨張比は圧縮比と等しくなるが、圧縮比と膨張比を別々に設定できるミラーサイクルなどでは、膨張比を高くした高膨張比サイクルが実現できる。膨張比を高くすることで熱エネルギーをより多く機械的仕事に変換し、熱効率を高める...
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑りが同じになるように駆動力を調節すると、カーブを速く走り抜けることができ、モータースポーツの運転技術として利用される(ドリフト走行)。前輪がドリフトすると同時に後輸の駆動力をコントロールして、後輪のコーナリングフォースを調節し、後輪に適切なドリフトを起こさせることで狙いの旋回を可能にする。
吸気マニホールドの端面と吸気バルブシートをつなぐ、シリンダーヘッドのなかの吸気通路。通気抵抗が小きくなるように設計されるが、とくにバルブガイド部の曲がり度合いが重要である。また、シリンダーへッド端面の通路断面積をバルブシート部より大きくし、中速トルクの改善をはかるエアロダイナミクス(AD)ポートを採用したエンジンも多い。4バルブエンジンでは、ヘッド端面の開口部のひとつで通路を2分した、サイアミーズド...
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状ではなく、横断面では楕円状、縦断面では下方にいくほど広がっている。したがって、常温での組立て状態では最小の隙間をピストン間隙と称している。最小間隙はピストンの直角方向で、ピストン下部近辺となる。その値はシリンダー径85mmの場合、45μm程度である。
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転数のこと。インターセプト回転数とも呼ぶ。この回転数になると排気ガス流量が十分になり、タービンに導く排気ガスと、バイパスさせる排気ガスに振り分けることを意味している。
エンジンの運転中に真円になるよう、常温時にはわずかな楕円形をしたピストン。運転中はピストンボス方向に熱がたまり、膨張が直角方向より大きくなるため、製作時にはシリンダー列方向の径を直角方向より、例えば270分の1程度小さく設定する。この楕円度をオーバリティと呼ぶ。円形ピストンに対し楕円ピストンと呼ばれる。これとは別に、楕円形もしくは長円形のシリンダーに組み合わせるピストンがある。吸排気弁や点火プラグ...
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バルブおよび点火プラグの先端が燃焼室に向くようにした形状。かつては燃焼室の表面積が小さくできるとされ、冷却損失が小さくなるとして盛んに採用された。イギリスのコベントリークライマックスエンジンで有名になった。しかし、4バルブ化が進展した現在ではぺントルーフ型が主流になっている。
1645件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る