MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

大車林の「エンジン」のキーワード1645件


  • 等容度
  • -constant volume degree of combustion
ピストン機関の熱効率は、燃焼が上死点で起こる等容燃焼サイクル(定容サイクル)の場合がもっとも高いが、実際のサイクルでは燃焼が上死点を離れて起こり、その離れ度合いが大きくなるに従って熱効率が低下する。等容燃焼の場合の熱効率を1とし、燃焼が上死点を離れるに従って起こる熱効率の低下の度合いを全燃焼経過に対して積分したものを、その燃焼経過の等容度と呼ぶ。等容度は実際の燃焼サイクルを評価する指標のひとつであ...
バックメタルの上に銅と鉛の合金(ケルメット)を焼結し、その表面にベアリングの初期なじみをよくするため、スズと鉛の合金めっきや、鉛とインジウムの合金めっきが施されていることからこの名称がある。トリメタルはメインメタルやコンロッドベアリングなどの高い荷重を受ける部分に使用され、一般に半割り型のプレーンベアリングとして用いられている。また、触媒コンバーターで、担持される金属が例えば白金、ロジウム、パナ...
複数のプーリーを用いる場合、それらの中心点を結ぶ距離のこと。ベルトによる動力伝達は駆動プーリー、従動プーリー(被駆動)、場合によってはアイドラープーリーが必要になる。この距離を変えてベルトの張力を調整する。駆動プーリーと従動プーリーの中心点を動かすことができない場合、アイドラープーリーの中心点を移動させてベルトの張力を調整する。この距離が大きくなると、ベルトの振動が発生しやすくなり、振動抑制用の...
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャンバーを共用化したキャブレーター。高性能エンジンやレーシングカー周に用いられたウエーバー型、ソレックス型はこれに相当する。しかし、電子制御式燃料噴射装置が普及した現在では使われていない。
歯車やスプロケットの基準円を測定するため、決められた径のピンを歯と歯の間に入れ、その対向するピンとピンの外周間の距離をいう。ピンの代わりにボールを使った場合はOBD(over ball diameter)と呼び、ピッチサークルの精度を間接的に表す指標となる。図面において歯車やスプロケットの精度を検査するときの基準値としてOPD(over pin diameter)やOBDを指定する。
時間的に変動する圧力を測定する計測器を指圧計(インジケーター)というが、ー般にはピストンエンジンのシリンダー内作動ガスの庄力変動、あるいは吸排気管内の圧力などを測定する計器を意味する。指圧計はエンジンの図示出力測定用として用いられるほか、シリンダー内の燃焼状況などの観測・診断用計器として用いられる。
シリンダーの直径がピストンストロークよりも小さいエンジンのこと。ピストン行程をシリンダー直径で割った値が1以下となる。このタイプのエンジンは全高が大きくなり、全長が短くなる傾向がある。かなり以前は、アンダースクエアエンジンが多かった。また、ストロークが長いためロングストロークエンジンとも呼ばれる。エンジン横置きFF車の普及とともに、エンジン全長を小さく収めるための要請や気筒ピッチや気筒間隔を維持し...
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気タービンで圧縮機を駆動するターボチャージャー、エンジンから直接駆動きれる機械式過給機、および排気の圧力で新気を直接加圧するプレッシャーウェーブスーパーチャージャー(PWS)の3つに大別される。ターボチャージャーと対比するかたちで、機械式過給機に限定してスーパーチャージャーと呼称する場合もある。また、スーパーターボシステムのように...
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、吸入空気量を制御するスロットルバルブを内蔵した吸気絞り装置。アイドリングの空気通路やファーストアイドル用の空気通路を内蔵し、電磁式のアクチュエーターによりその開口面積を変化させる。スロットルを内蔵する胴部があるためこの名称がある。電子制御式スロットルの場合、アクチュエーターはこの部品に装着、支持される。また、各シリンダ...
各国ごとに設定された、成人男子の体格の95%から成人女子の体格の1%をカバーする、各規格サイズをベースにした設計用の人体模型、または、人体模式図。通常、AM85、JM85、JF10などと呼ばれ、AM95はアメリカの成人男子(アメリカン・メイル)の95%、JF90は日本の成人男子(ジャパニーズ・メイル)の90%、JF90は日本の成人女子(ジャパニーズ・メイル)の10%の体格を小柄な人から数えてカバーしている。AM/AFはSAE規格、JM/JFは側...
電子制御式燃料噴射装置において、エンジン回転速度と吸入空気重量とから燃料噴射パルス幅を求める方式。例えばエアフローメーターで吸入空気体積を検出、温度補正などを行って吸入空気量を演算し、燃料噴射量を決定する。ほとんどの実用車エンジンでこの方式を採用している。エンジンが吸入する空気の重量を検出しているため、マスフロー方式ともいう。これに対して、回転速度(N)とスロットル開度(α)から燃料噴射量を求めるα-N...
電流を増幅する機能を有するトランジスター。コンピューターからの信号により、点火コイルの一般電極の断続や電磁式の噴射弁にかかる駆動電流を発生させる。トランジスターのエミッターからベース電流が流れると、コレクターに大きな電流が流れる。このコレクター電流を前述の点火や噴射弁駆動に用いる。パワートランジスターは高温になるため冷却が必要になる。
ロータリーエンジンのもっとも基本となる、内壁面がまゆ形のトロコイド曲線で形成されるアルミニウム合金鋳物製のハウジングであり、サイドハウジングとともにエンジンの外壁を構成する。内壁画には点火プラグの取付け穴や排気ポートなどを開口する。トロコイド形状の内壁面上をローターのアペックスシールが摺動するため、内壁面には硬質クロムめっきによる耐摩耗処理が施される。
運転者の操作力を機械式に制御部分に直接伝えるのではなく、コンピューターからの電気信号として、ハーネスを通じてアクチュエーターを動かす方式。電子制御式スロットルは電気信号により作動する一例。航空機のフライバイワイヤに対して生まれた自動車用語。
金属が大気中の酸素、水、炭酸ガス、腐食性液体などによって化学的に変化(酸化)し、金表面にできる有害な腐食生成物となる金酸化物を錆びという。
排気タービン効率と、コンプレッサー効率、機械効率との積のこと。タービン効率はタービンで失った排気のもつエネルギーでタービンがした仕事を除したもの。コンプレッサー効率は、タービンがした仕事で空気の圧縮仕事を除したもの。機械効率とはベアリング、シールの摩擦抵抗によって生じる損失のこと。排気ターボ性能を評価するときの重要なファクターであり、大きなターボを低速時に使うとこの効率は低下する。
短時間の停車時に意識的にアイドリング回転をさせないこと。アイドリング時の排気を止め、燃料消費もゼロにするために行われる。エンジン停止時の空調やバッテリー電力の消費、再始動時の振動などが問題となる。だが、走行用モーターをもつハイブリッドカーの場合はアイドルストップが容易であり、エンジン始動時の振動も小さく、始動の問題点は少ない。
燃料が可燃分を残さないで完全に燃焼し尽くすこと。内燃機関に用いられる炭化水素系の燃料では、完全燃焼時の生成物は二酸化炭素と水である。燃焼時の副産物として空気中の窒素から生成される窒素酸化物や、燃料中の添加物や不純物から生成される硫黄酸化物などが発生する。空気と燃料の混合が不適切であったり、混合気の充填密度が不十分な場合などには不完全燃焼となり、未燃焼の炭化水素化合物、部分的に燃焼した炭化水素化...
部品に与えられた最大許容寸法と最小許容寸法の公差幅のこと。部品が集積して、見栄えなど含めていろいろな機能を発揮するために、複数の部品の累積公差を検証して個々の部品の寸法公差が決まってくる場合が多い。一般に加工の難易度から、板金部品は0.1~1mm単位、機械加工部品は0.001~0.01mm単位の寸法交差が設定される。さらにはめ合い構造の部品では、寸法公差の設定をJIS規格に基づき厳密に行うことになる。
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場合、層流を作り出してコントロールすることによって、効率よく安定した空力特性を作り出すことができる。
1645件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る