MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

大車林の「エンジン」のキーワード1645件


電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、吸入空気量を制御するスロットルバルブを内蔵した吸気絞り装置。アイドリングの空気通路やファーストアイドル用の空気通路を内蔵し、電磁式のアクチュエーターによりその開口面積を変化させる。スロットルを内蔵する胴部があるためこの名称がある。電子制御式スロットルの場合、アクチュエーターはこの部品に装着、支持される。また、各シリンダ...
エンジン制御のために、フライホイール(手動変速機)、またはドライブプレート(自動変速機)に設けられたリングギヤの突起によって、クランクシャフトの回転信号を検出する磁気式センサーで、クラッチハウジング(手動変速機)、またはトルクコンバーターハウジング(自動変速機)部に取り付けられている。
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転数のこと。インターセプト回転数とも呼ぶ。この回転数になると排気ガス流量が十分になり、タービンに導く排気ガスと、バイパスさせる排気ガスに振り分けることを意味している。
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的にターボを作動させる方式。直列式は、低速時には小流量のタービンに排気の全量を流し、中高速時にはこれをバイパスして直接大型タービンに導く。一方、並列式では低速時に1つのターボを作動させ、中高速時には2つのターボに排気を導く。おもに切替え時の段付きが問題となるため、セカンダリーターボを助走させるなどの工夫がなされている。作動さ...
制御した結果を自動的に判断し、次の制御特性に反映させる方式。例えば、空燃比を理論空燃比に制御するとき、空燃比が理論空燃比より薄いと判断した場合は燃料を増大させて濃くする。濃くなりすぎたら薄く制御する。また、点火時期についても、ノックする寸前に点火タイミングを制御する場合にも用いられている。これに対し、制御結果を次の制御に反映しない方式をオープンループと呼ぶ。
表面処理鋼板のひとつで、鋼板の片面または両面に電気亜鉛めっきを施したもの。原板の種類によって1種(一般用)、2種(絞り用)、3種(深絞り用)が定められており、自動車では車体の部位ごとに使い分けられる。電気亜鉛めっきは、溶融亜鉛めっきに比べてめっき厚が均一につくため、スポット溶接性に優れている。また、めっき処理での温度が低く鋼板原板への影響がない。めっき層があるため、金型との滑りがめっきをしていない鋼板原...
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。USと略称する。前輪のスリップ角が後輪のそれより大で、スタビリティファクターKが正の特性である。外乱によってヨー運動が起こったとき復元モーメントが発生し、ヨー運動を抑制する。系として安定で、クルマにとって好ましい特性であるが、強すぎると旋回半径の変化が激しくなり、また応答性が低下する。したがって、必要な応答性の確保や過渡応答...
排気の圧力波のエネルギーを利用して新気を直接加圧する方式の過給機で、駆動ロスが少なく、応答性がよい。圧力波式過給機、コンプレックス過給機(BBC社登録商標)ともいう。クランクシャフトからベルト駆動されるハニカム状の円筒形ローターの一端から入った排気が、ローターのセル内に吸入されている新気を加圧して他端から押し出し、その後排気も出口から出て、そのとき生じる負圧により他端から新気を吸入し、新たに入ってく...
ロッカーアームの揺動の支点として用いるシャフト。ロッカーアームの支点としてはピボット式とシャフト式がある。シャフト式の場合は、シリンダー数に対応する数のロッカーアームを同軸に支持する場合がほとんどである。整備時の作業性はよいが、バルブ間隙調整機構をシャフト中に設けることが困難である。これに対して、独立して設けられるピボット式の支点の場合は、この部分に調整機構を内蔵できる。F1エンジンにもロッカー...
送風機、圧縮機やタービンの効率の表し方のひとつ。流体機械で気体をある圧力から一定の圧力まで圧縮したり膨張させたりする場合、可逆断熱的に行われることを理想と考えて、等エントロピー的に圧縮に必要な仕事、または等エントロピーな膨張によってなされる仕事と実際の圧縮仕事、または膨張仕事との比で効率を表したもの。理想的な断熱変化は、等エントロピー変化ということより、等エントロピー効率ということもある。実際...
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を制御する方式。インジェクターとしては電磁式の弁を用い、そのコイルに通電するパルスの幅をコンピューターが計算し、信号として電磁弁に送る。そのパルス幅は吸入空気量、スロットル開度、エンジン回転数、冷却水や吸入空気の温度などによってコンピューターが演算する。この技術の出現によって、従来のキャブレーターは乗用車においてはほとん...
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状ではなく、横断面では楕円状、縦断面では下方にいくほど広がっている。したがって、常温での組立て状態では最小の隙間をピストン間隙と称している。最小間隙はピストンの直角方向で、ピストン下部近辺となる。その値はシリンダー径85mmの場合、45μm程度である。
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑りが同じになるように駆動力を調節すると、カーブを速く走り抜けることができ、モータースポーツの運転技術として利用される(ドリフト走行)。前輪がドリフトすると同時に後輸の駆動力をコントロールして、後輪のコーナリングフォースを調節し、後輪に適切なドリフトを起こさせることで狙いの旋回を可能にする。
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バルブおよび点火プラグの先端が燃焼室に向くようにした形状。かつては燃焼室の表面積が小さくできるとされ、冷却損失が小さくなるとして盛んに採用された。イギリスのコベントリークライマックスエンジンで有名になった。しかし、4バルブ化が進展した現在ではぺントルーフ型が主流になっている。
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場合、層流を作り出してコントロールすることによって、効率よく安定した空力特性を作り出すことができる。
軽量化とコスト低減が狙いで、通常の鋼板の板厚を1~2%薄くしたもの。例えば、1mmの2%薄引き鋼板とは0.98mmのことである。鉄鋼メーカーの製造技術力が高いので、薄引きにしても、バラツキは1mmの場合の、JISの規格内に入っているので間題ない。車両質量1200kgクラスの乗用車で、鋼板を300kg以上使っているものでも、2%薄引き鋼板を使えば6kg近い軽量化が可能である。
シリンダーの燃焼室を2つに分け、燃料を小さい壺状の副燃焼室(副室)に噴射させるディーゼルエンジン。圧縮行程中に副室内に流入する空気に渦流を与えるようにしていることから、渦流室式と呼ばれ、その副室を渦流室とも呼んでいる。燃料は副室内で着火し、主室内の空気と混合しながら燃焼する。
シリンダーの中心線上にない位置にクランクシャフトの中心があること。このオフセットにより、クランクの上死点とピストン上死点が一致せず、圧縮行程と膨張行程の行程時間差をつけることができる。すなわち、早めに膨張させたり、点火後にピストンが上死点にいる時間を長くすることができる。また、ピストンのサイドフォースを小さくしてフリクションを低減することができる。これ以外に、ピストンのサイドフォースを小さくし...
アッパータンクとロワタンクの間に両端を開口したチューブを設け、そのなかを冷媒が上から下方に向けて流れる方式のラジエーター。通水抵抗が少なく、ラジエーターの一般的な構造ではあるが、ラジエーターの上下方向の寸法が大きく、設計上でボンネット前部を下げるときに障害になる。
通称セラミックエンジンといわれている。内燃機関の燃焼シリンダーをセラミックスのようなきわめて熱伝導率が小さく、かつ耐熱性にある素材で製作すると、燃焼ガスから燃焼シリンダー壁への熱の伝達が減少し、熱効率が大きく改善される。さらに、耐熱性が高いため冷却システムの装備が不要で、それによるエネルギーロスも減少し、熱効率の向上に寄与する。かつ高温の排気ガスでガスタービンを駆動して発電させることも可能で、...
1645件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る