MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

大車林の「エンジン」のキーワード1645件


冷却ファンの先端からの気流の巻き返しを防ぐため、ファンの先端と間にわずかな隙間を空けたリング状の部分。ラジエーターから、このリング部分へ連続的に気流を導くダクトで構成される場合もある。これをラジエーターシュラウドという。
圧縮点火機関では高温・高圧の空気の中に燃料を噴射して、自己着火により燃焼させるが、燃料噴射開始から着火までの時間を着火遅れという。着火遅れは噴射された燃料粒子が加熱されて燃料蒸気となり、空気と混合して混合気を形成しながら着火温度に達するまでの時間と、可燃範囲に入ってから着火するまでの時間遅れに分けられる。前者はを物理的遅れ、後者は化学的遅れと呼ばれている。燃料の着火性が化学的遅れに影響し、セタ...
シリンダーヘッドと上死点時のピストンとで形成される空間。バルブ配置や数、点火プラグの位置、ピストン上面のかたちなど多くの要素により、その形状は異なる。これらの要素はエンジンの諸性能や特性に大きな影響を与える。ガソリンエンジンの燃焼室には、ウエッジ型(楔形)、バスタブ形(湯舟形)、半球形、多球形、ぺントルーフ形(屋根形)などがある。ロータリーエンジンでは、ロータリーピストンとハウジングで区画される空間...
アイドリング時や低速時にはフライホイールの慣性質量を増大きせてエンジンの回転速度の変動を小さくし、一方、加速時や高速運転時にはフライホイールの慣性質量を小さくするフライホイールをいう。複数のフライホイールを用い、その断続によってフライホイールの質量を変化させている。かつて比重が大きい水銀を使って、フライホイールの慣性質量変化を大きくする試みもあったが失敗している。低燃費化がいっそう求められる場...
回転力のこと。単位としてはNmで表し、回転中心からの距離と、その線分と直角方向の力との積である。例えばエンジンのトルクが10Nmの場合は、1mのてこの先に、10Nの力を回転の接線方向に加えたときに中心軸に発生する回転力。これは、0.5mのてこの先に20Nの力を回転する方向に加えたことに等しい。出力はトルクと回転数の積に比例する。
エンジンは圧力の低い吸気系から新気を吸い込み、圧力の高い排気系に押し出すポンプ作用をしている。このためにエネルギーを消費するが、これをポンプ損失もしくはポンピングロスと呼ぶ。吸入負圧が低いときほどポンプ損失は大きくなる。同じ出力を発生させる場合、大排気量のエンジンはスロットル開度が小さく、したがって吸入負圧も大きいので小排気量エンジンよりポンプ損失は大きくなる。EGRを導入する場合は吸入ガス量に比...
1層めっきした上にさらにもう1層のめっきを重ねることで、第1層に硫黄のない半光沢ニッケルを、また第2層には通常の光沢ニッケルを施す。
交流発電機のこと。オルタネーターとも呼ばれ、三相交流発電機が発生する交流を内蔵するシリコンダイオードによって全波整流して直流に変換し出力する。直流出力は、灯火やエンジンの点火装置、また、各種のコンピューターやアクチュエーターの電源として供給される。かつては直流発電機(ダイナモ)が用いられていたが、ACジェネレーターは回転部分に整流子がないため、許容回転速度の限界を高くすることが可能。プーリー比を大...
排気タービン効率と、コンプレッサー効率、機械効率との積のこと。タービン効率はタービンで失った排気のもつエネルギーでタービンがした仕事を除したもの。コンプレッサー効率は、タービンがした仕事で空気の圧縮仕事を除したもの。機械効率とはベアリング、シールの摩擦抵抗によって生じる損失のこと。排気ターボ性能を評価するときの重要なファクターであり、大きなターボを低速時に使うとこの効率は低下する。
加熱して軟化させた熱可塑性樹脂(プラスチック)のシート、フィルムなどを型を用いて成形する方法。加熱したシートを型にかぶせて固定し、型とシートの間を真空にする真空成形と、圧縮空気でシートを加圧する圧縮空気圧成形がある。自動車の部品ではインスツルメントパネル、ドアトリム、シートの表皮などの加工に真空成形が用いられている。
非金属無機材料を高温処理、合成して製造された生成物をいう。これら生成物のうち粘土や岩石など、ケイ駿塩鉱物を原料としてつくられた陶磁器、ガラス、耐火レンガなどをオールドセラミックスと呼ぶ。一方、ケイ酸塩鉱物以外のアルミナ、ジルコニア、窒化ケイ素などでできたセラミックスをニューセラミックスあるいはファインセラミックスと呼んでいる。ファインセラミックスでは、電気特性、機械的、物理的特性、さらには生物...
触媒のこと。三元触媒、酸化触媒、還元触媒、リーン触媒などを総称し、キャタライザーと呼んでいるが、触媒を車両に搭載できるよう、ケース内に収めた状態をいうのが一般的。触媒物質をモノリス型やぺレット状の担体の表面にコーティングし、これをケースに収めている。
高い抗張力をもたせた、高張力鋼板のことをハイテンと呼ぶ。さらにウルトラハイテンション材とは、超高張力鋼板と呼ばれている。ドアのアウターパネルなどは、車両の側面からの衝撃に対する強度要件の強化や、軽量化、薄板化が進むにつれて、そのデント対策を含め高張力鋼板が使われる例が多くなってきた。普通の鋼板の引張り強さが270N/mm2級に対し、高張力鋼板は370~590N/mm2級であり、その成形性から適正な鋼板の種類を選択...
火花点火エンジンにおいて、作動ガスに放電して火花点火させる電極を有する部品。その取り付けは、プラグ先端のねじにより燃焼室にあいた穴に栓をするように挿入するため、栓という意味でプラグと呼ぶ。電極部分が燃焼室内に露出し、常に作動ガスにさらされている。スラッジが付着しないように自己清浄温度を保ちながら、デトネーションやノッキングの原因となる高温度にならないように、さまざまな熱価に分類されている。
エンジンの骨格となる部分で、ピストンが摺動するシリンダーと主運動系を支える部分で構成される。内部にメインベアリングキャップ、ラダービーム、ベアリングビームなどにより、クランクシャフトを支える主軸受けを形成する。シリンダーブロックの下端がメインベアリングの中心とほぼ一致しているハーフスカート方式と、それより下方に伸びているディープスカート方式がある。また、液冷式の場合には冷却液を通すウオータージ...
シリンダーブロックとは別体に製作され、内側をピストンが摺動する円筒。アルミニウム合金製のシリンダーブロックに用いられる場合が多い。また、鋳鉄製の大型ディーゼルエンジンのシリンダーブロックにも使われることがある。実用エンジンの多くは鋳鉄製であるが、レーシングエンジンでは内面にニカジルめっきなどを施したアルミニウム鋳物を用いることがある。外周が直接冷却水に触れるウエット(湿式)ライナーと、シリンダー...
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニホールドに導入させるようにした、冷却システムを備えたターボエンジン。ターボによる圧力比が大きくなると吸気の温度が上昇する。充填効率を改善すると同時にノッキングを低減するために、ターボ出口と吸気マニホールド間にインタークーラーを装着する。
プレスによる熱間の型鍛造で製造されたクランクシャフト。熱間鍛造された粗材は、鍛流線(ファイバーフロー)が連続していて機械的性質がよく、さらに材料欠陥も少ないことから信頼性も高い。また炭素鋼であるから熱処理(調質、高周波焼入れ軟窒化など)により強度を高めることができるため、上記の特性とあいまって、高出力エンジンなど広く使われている。また小排気量のエンジンにおいてもコンパクトにできるので、必要に応じて...
エンジンに吸入される空気量を絞ることにより調整する部位、およびそのシステムをいう。ガソリンエンジンや液化石油ガス(LPG)エンジンなどの火花エンジンでは、吸入空気量を調整して出力をコントロールする。スロットルチャンバー内に設けたバタフライ状のスロットルバルブの開口面積により、吸入空気量が調整される。このスロットルバルブの開閉を行うリングやアーム類、電子制御式スロットルの場合はアクチュエーター部分を総...
燃料を吸気ポートやシリンダー内に噴射するバルブ。以前は機械式もあったが現在では電磁式が使用される。ガソリンエンジンの場合は、まず吸気マニホールド内に燃料を噴射する電子制御式燃料噴射装置に用いられ、一般技術化した。さらに成層型リーンバーンエンジンにおいては圧縮行程中に噴射するため、より高圧の燃料噴射弁が使用される。コモンレール式のディーゼルエンジンでは、電気信号により燃料の圧力を利用して開弁し、...
1645件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る