MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > ドライブトレイン

大車林の「ドライブトレイン」のキーワード709件


各ユーザーの趣向や使い勝手に対応するため、購入時、または購入後、ユーザーが自分の好みに合わせて追加、または交換できるように用意された内外装の装備品。室内ではフロアマット、シートカバー、冷温蔵庫、オーディオ、ナビゲーションなどがある。ユーザーが多様化した近年では需要が広範囲化し、装飾的な色彩が濃いものから機能面の向上をはかったものまで、その種類は多い。
入出力軸の中間にあって、回転方向を変更したり、入出力の軸間を埋める目的などで使用する中間歯車をいう。例えば後退のときに使用するリバースアイドラーギヤは、回転方向を変更するために使用する。FF車用のATやCVTでは、出力ギヤと終減速機リングギヤ間に、中間ギヤを置くことがある。それは軸間距離があるためにアイドラーギヤの役目をさせるためでもあり、一段の減速(リダクション)ギヤの役をそれにプラスするためでもある...
ホンダ独自の用語で、ステアリングホイールにATのセレクターを配置するものをいう。つまり、フィンガータッチでマニュアルシフトが可能なシステムである。実際はATのセレクターレバーを3/MT(サード/マニュアル)レンジに入れることで、ステアリングコラムの左横に設けたスイッチを操作し、シフトのアップダウンを行う。NSXに採用。これはフォーミュラ1のシフトレバー位置にならったためとされる。
CVTの油圧制御タイプにおいて、走行中に最小変速比~最大変速比間の目標変速比に合わせるため、プライマリープーリーシリンダーへオイルの流出入量を制御するバルブ。目標値信号はあらかじめ設定した3次元データ(変速比、車速、アクセル開度)に基づいて、アクセルに連動する変速カムがこのバルブに作用し、車速はプーリー遠心油圧がバルブに作用する。例えば全開加速では、全開条件で設定された車速に応じた変速比に合わせる制...
4速まで自動で変速するトランスミッションのこと。最初はアイシン・ワーナー(現・アイシンAW)が開発し、1977年にトヨタクラウンに搭載きれた。これは3速ATの前部にOD部を装着し、4速はOD部を直結からODギヤ比の約0.7にして、高速走行時の燃費低減や車内騒音低減をはかった。以後フォード、GM、ZF、日産が量産化した。FF車のATでは81年から4速ATが登場し、エンジンは横置き車載のためATの長さ寸法を短くする必要があり(約400mm目...
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示しており、トラクション係数は駆動力を無次元化するために押付け荷重で割算したもので、摩擦係数と同じ値である。このように係数にしておけば車両重量、タイヤ、路面の違いなどがあっても、この数値で比較できる。駆動係数はクルマの最大加速度、最大登坂能力など、路面状態から制限されるクルマの性能比較に使うと便利な値である。
工作用ゲージの一種であり、テーパ、球面、円筒などの形状が正しくできているか確認するためのゲージ。被測定物と相対する(凸形状のときは凹形状、凹形状のときは凸形状)形状につくられたゲージに、光明丹、ベアリングレッド、ブルーなどを薄く塗り、被測定物にゲージを押し当てて、その当たり具合で良否を判定する。一般に当たり面積のパーセントで図面規定し、判定している。熟練すれば大がかりな検査装置なしでかなり精度の...
物体に入力する力と、それによって発生する加速度の比をとったもの。振動分野で扱われる伝達関数のひとつで、このほかには、力と変位の比をとったコンプライアンス、力と速度の比をとったモビリティなどがある。
特殊用途自動車用などに、走行以外の目的で、エンジン動力を使用する場合に装備される装置。英文頭文字でPTOと略称される。エンジンやフライホイール動力を取り出す場合もあるが、トランスミッションの側面に動力取出し装置を取り付け、副軸歯車より動力を取り出す方法が一般に普及している。用途によっては変速および正逆回転の切り替えができるものもある。取り出した動力はオイルポンプをまわして油圧を発生させ、ダンプカー...
自動防眩式ルームミラーのこと。夜間、周囲が暗く、後続車のへッドランプがルームランプに反射してまぶしいとき、ルームランプに内蔵されたフロントセンサーおよびバックセンサー(周囲の明るさと後続車からの光を検出)を利用して、ルームミラーの鏡面反射率を自動的に制御する装置である。ルームミラーのガラスと鏡面の間にゲル状の電解質層を設け、制御スイッチがオートの場合、センサーの受光量により高反射率(75%)から低反...
素材(鋼)をリン塩液中に浸し、金属表面に化学反応を起こさせ、リン酸塩被膜(結晶状の層)を生成させる。この層とリューベ(脂肪酸ソーダ石鹸)を反応させて金属石鹸を生成する処理をいう。この金属石鹸は摩擦係数がきわめて少なく被膜との結合が強く、冷間鍛造における潤滑材として優れた潤滑性能を示す。
  • 終減速機
  • -final drive gear; final reduction gear unit
トランスミッションの後方にあって、車軸上に配置される駆動系最終の減速機であり、左右輸の差動装置と一体化している。この減速機は、搭載エンジンの高出力域をクルマの走りやすい速度域に変換する。この減速比を大きくとれば(ローギヤード)、低い車速でエンジン高出力域が使用できるので加速性能重視のクルマとなる。逆に変速比を小さくとれば(ハイギヤード)、エンジンの低回転域を使用するので、加速は緩慢になるが燃費の向...
後輪の車軸を指す。アクスルハウジングが主要部分で、バンジョー型の場合は、車体にリーフスプリングあるいはリンクで取り付けられ、リヤデフ、アクスルシャフト、タイヤとホイールなどが組み付けられる。アクスルシャフトに曲げ荷重が加わる程度がアクスル上のホイールベアリング位置で異なり、半浮動、全浮動、4分の3浮動タイプがある。乗用車は半浮動タイプである。リヤアクスルハウジングの機能は、車両重量の後輪分担分を...
電子制御クラッチで駆動トルクを配分する4WD車に採用されているトルクスプリット機構。4WD車の前後輪どちらかをエンジンと直結にし、もう一方をクラッチでつないで駆動し、クラッチ伝達トルクを電子制御する4WDシステムである。4WDの必要な場面では、電子制御によりクラッチ伝達トルクを大きくし、4WDの不要な場面では、クラッチ伝達トルクを小さくするように制御を行う。AT車の場合は、そのクラッチ油圧はAT油圧を利用し、湿式...
回転中に断続する継ぎ手をクラッチというが、これは噛み合いクラッチの一種。噛み合う歯形が軸方向に凹凸で全円周にあり、対向した同じ形状の相手と噛み合う。両者の回転が合えば素早く噛み合わせることができる。変速機のなかには、同期機構の代わりにこのドッグクラッチを使ったものがある。おもにレース用変速機に使用され、回転が合えば変速が速く、構造簡単で耐久性がある。それ以外にも各部に使用され、フロントアクスル...
ポンプで液体を吸引するとき、負圧が生じて液体が瞬間的に気化し、吸引するべき液体の流れがとぎれる現象。例えばウオーターポンプでラジエーターから冷却水を吸入するとき、ポンプの入口抵抗が過大になるとサクション負圧が大きくなり発生する。また、船舶のスクリューにより、水をかく際にも回転数が速いと発生することがある。これが発生すると金属部分を侵食することがあるが、これをキャビテーションエロージョン(腐食)と...
4WD車のフロントデフ、センターデフ、リヤデフの3箇所にビスカスカップリングを装着したクルマをこのように呼び、日産の4WDシステムの商品名として使われた。国内初のビスカスを使った4WDシステムで、パルサーに採用された。ビスカスカップリングは速度感応式カップリングであるために、回転速度差が小さいときは差動機能があり、回転速度差が大きいときは差動制限機能として働く。このためトリプルビスカスは、フロントデフ、...
ATで、エンジン回転数、スロットル開度によってフォワードクラッチ(前進)、リバースブレーキ(後退)の締結、解放の特性を設定し、エンジンオートマチックコントロールユニットでデューティソレノイドバルブを電子制御して、クラッチおよびブレーキをコントロールすること。
カルダンジョイント2つを連結し、不等速回転を打ち消すようにしたもので、入力軸と出力軸間に等速性がある。中間部カップリングヨークの左右両端にある十字軸の取付け角度を回転方向で同じになるよう連結し、センタリング機構で左右を等角度にすると、例えば左のジョイントで生じた減速状態を、右のそれで増速して打ち消し合うことになり、等速性が得られる。等速ジョイントにはこのほかトリポード型ユニバーサルジョイント、ツ...
クルマの縦中心面に横力が作用するとき、クルマにヨー角速度を生じさせない作用点をいう。このとき、作用点に働く力の前後輪位置への分力と、前後輸に発生するコーナリングフォースは釣り合う。NSPと略称する。NSPと遠心力の着力点である重心の前後位置関係でステア特性が決まり、NSPが重心より後ろにあるとき、加速すると遠心力が増し、旋回外側へのモーメントが増加してアンダーステアに、逆に前にあるとオーバーステアになる...
709件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る