MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > ドライブトレイン

大車林の「ドライブトレイン」のキーワード709件


ダイムラークライスラーのジープの前後ディファレンシャルに装着されている。速度感知式で、対向する車輸がそれぞれ異なる摩擦条件下にあるとき、従来のLSDよりトラクションの大きい車輪に、より大きなトルクを瞬時に伝達する。このアクスルに組み合わされているジェローターポンプは、オン・オフロードを問わず低トラクション時の直進走行性と操舵性を確保する。
CVTにおいて、動力を伝達するために用いられているベルト。約400個のスチールのコマと、10枚前後重ねたスチールリング2本で構成され、ゴムベルトなどが引張り作用で動力を伝達するのに対して、プーリーにはさみ付けられたスチール製のコマが次々と送り出されていく圧縮作用で動力を伝達する。スチールのコマが動力を伝達するには、プーリーの斜面との間に摩擦力が必要となる。この摩擦力を維持するのがスチールリングで、そのた...
MTの同期機構において、シンクロナイザーリングにドラムブレーキの機構を使い、ブレーキバンドによるサーボ効果により、軽い力で同期操作ができるタイプ。ポルシェタイプシンクロとも呼ばれる。非同期歯車のギヤスプライン内側に、外周摩擦面のC状のシンクロナイザーリングと、その内側にあるスラストブロック、ブレーキバンド、アンカーブロックで構成される。作動はカップリングスリーブが移動すると、内径摩擦面がリングの摩...
実際の移動量からみたタイヤの有効半径で、車輪1回転当たりの移動距離を2πで割って得られる。タイヤはクルマの重量によってたわみ、見かけの半径(静的負荷半径)は無負荷時の半径に比べ相当小さくなっているが、実際の移動量からみた有効半径は静的負荷半径より大きい。スチールベルトタイヤでは高いベルトの剛性により、周長そのものがほぼ移動量になり、無負荷時の半径にかなり近くなる。また、高速回転時の遠心力によってバイ...
終減速機のドライブピニオンはハイポイドギヤであるが、デフキャリアに正規に取り付けたときにピニオンの端面とリングギヤ回転中心間距離のことをいう。具体的測定法は、サイドベアリングが取り付く部分に回転可能に嵌合する治具を作成し、それにダイヤルゲージを取り付けてピニオン端面距離を基準値と比較測定する。ドライブピニオンとリングギヤはそれぞれ基準位置をもとに加工されているので、組付け時には、その基準位置に...
等速ジョイントのなかで、軸方向に伸縮しないタイプをいう。ダブルカルダン型ジョイント、ツェッパ型ジョイント、固定式トリポード型ジョイントなどがそれらに属する。前輪駆動車のドライブシャフトにおいて車輪側に使用される。前輪舵角は40度以上になるので、それに対応できる屈曲角とその角度での等速性が必要である。等速性は入出力軸のジョイント内接点(ボールやローラー)が屈曲角の2等分線上にあることで得られる。屈曲角...
フライホイールとプレッシャープレートの間に、クラッチディスク1枚が配置されているものをいう。プレッシャープレートとクラッチディスクが1組使用されていることから、単板式という。構造が簡単で軽量で、プレッシャープレートの動きが少なくてすみ、クラッチの切れがよく、変速操作が素早くできる。また、摩擦係数が湿式に比べ比較的大きく(乾式約0.3、湿式約0.13)、伝達トルク容量が大きく設定できる。しかし、オイルが付着...
円筒面の軸に平行な歯筋をもつすぐ歯平歯車に対し、軸に傾き(ねじれ角)のある歯筋をもった歯車。噛み合いが軸直角断面と歯幅方向の双方で行われるため、動力伝達は円滑に行われる。多くの場合、この歯車の動力伝達は平行な軸間で行われるが、直交軸またはほかの軸角の間でも行われる。噛み合いにより発生する力は軸直角方向と軸方向(スラスト)の双方である。応用例は、変速機、エンジンタイミングギヤ、4WDトランスファー、オイ...
リモートコントロールでドアロックを解除してから、一定の時間(約2分程度)以内にドアやテールゲートを開かなかったときに、自動的に再びロックされる機能。誤ってロックが解除されたままの状態でクルマが放置されることがないため、盗難防止に役立つ。
ユニット式のベアリングの場合、アウターレースの外径を指す。また、ベアリングを保持するハウジングの内径は軸受けの外径とほぼ一致する。これはベアリングを保持する締め代(0~数十マイクロメーター)が必要であるため。レーシングエンジンにおいて、シリンダーブロック前端とフロントカバーでカムシャフト駆動用中間ギヤをボールベアリングで支持する場合、整備上、ギヤハウジングにアウターレースをまったく締め代なしに滑り...
歯車の噛み合い状態で、接している相手歯面との間に隙間(ガタ)ができるが、そのガタのことをいう。歯車を噛み合わせるときに少しのガタは必要であるが、大きくなると問題になる。MT車で走行中にアクセルを軽くオン・オフすると(この操作をチップインチップアウトという)ガタを打つカタンという音が発生する。これは駆動系全体のガタが大きいときに出る。ディーゼルエンジン車では、ニュートラルでアイドリング時に、トランスミ...
ATのマニュアルモードの感知や、ドライバーの変速意志などを感知して、その信号とコントロールバルブ内の各ソレノイド状態によってオーバーランクラッチソレノイドを制御し、条件に応じてATコントロールユニットへ信号を送る役目を果たす。運転席ダッシュサイドに設けられている。
MTの同期機構に使用されるシンクロナイザーリングの、内径部円錐面のことをいう。その相手はギヤのコーン面で浸炭焼入れし研麿仕上げされる。シンクロナイザーリングは黄銅製で、コーン面は円周方向にねじ状旋削溝を入れ、軸方向溝を何箇所か間に入れてオイル切れをよくし、摩擦係数が圧着初めから安定した値を得る。コーン角度は約7度で、真円度公差は厳しい。エンジンの高回転化で同期トルク容量を上げる必要があり、摩擦係数...
ワイパーのブレードが、降雪や氷結でガラス面に固着した状態で、ワイパーのスイッチをオンすると、モーターが強制固定されたままで電圧が印加された状態となり、モーターアーマチュアの焼損事故に至る場合がある。ブレード停止位置近傍のガラスに熱線式ヒーターなどを配置し、凍結を防止したり、解氷する装置。比較的消費電力が大きいので、デアイサースイッチ回路には、タイマー付きが多い。
差動装置に組み込まれ差動運動を行う歯車のこと。一般には、すぐ歯傘歯車セットとプラネタリーギヤセットがある。前者は、ピニオンが2ないし4個とサイドギヤ2個の組み合わせで、ピニオン歯数は9枚以上、サイドギヤは14~25枚で、左右サイドギヤ歯数の和がピニオン個数で割れないと組み立てられない。高負荷低回転のため低歯で、モジュールは大きくする。プラネタリーに比べ構造が簡単で安価である。一方、プラネタリーギヤセッ...
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路面摩擦力により決まる。駆動力が摩擦力より大きい場合(急発進、雨天、積雪路など)、または駆動輪の軸重が減少したとき(前輪駆動車の坂発進、コーナリング時の内輪)にタイヤが空転する。このようなとき、トラクションが出ない、あるいは抜ける、などという。これを防ぐためにタイヤのグリップ改善、4輪駆動方式、リミットスリップデフ(LSD)などが...
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦面保護をしているクラッチ。ATや2輪車用として用いられる。とくに常用回転数の高い2輪車では、クラッチフェーシングの耐久性を向上させるには湿式がよいとされる。
構成部品が、破壊しないで継続的に機能を発揮できるのに許される応力の限界。自動車の部品は繰返し応力がかかるので疲労破壊を起こしやすい。このため力が加わる回数が多くなると許容応力は小さくなる。エンジンや足まわり部品などの設計においては大きな安全率をとり許容応力を設定する。なお単位はMPaであるが、以前はkgf/mm2で表された。
サイドサポートの張り出しを大型化してサイドサポートを強化し、ホールド性を高めたセパレートシート。背もたれの角度を調整式としたリクライニングパケットシートと固定式のフルパケットタイプがある。形態的にはヘッドレスト一体式のハイバックとヘッドレスト別体のローバックの2種類に大別され、現在ではハイバックが主流である。構造的には軽量化と安全、強度に配慮し、FRPやカーボン、ケブラーを素材とした一体成形のシー...
ダイヤモンドのコーン、または鋼球を圧子として用い、試験荷重を加えて生じる永久くぼみの深さを基準荷重の状態においてはかった値から算出される硬さであって、試験条件によって同一試料の硬さが異なった数値で示される。自動車の製造現場でもっともよく使われるのがCスケールで、ベアリング鋼や焼き入れされた鋼の硬度測定に用いられる。ロックウエル硬さは試験力、圧子の組み合わせによりスケールを選択することが必要ではあ...
709件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る