MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > ドライブトレイン

大車林の「ドライブトレイン」のキーワード709件


車両後方の視界は直接確認することができない。とくに1ボックス車やRV、ミニバンのように車体後部が客室や荷台で構成されている車両は、後端のリヤバンパーまわりはリヤビューミラーでも視認することが不可能である。後退するときの安全を確保するために、バックウインドウの上方にやや大型の凸面鏡を備え、室内後写鏡を通してリヤバンパーまわりを視認できるようにしたものである。最近ではより安全性を向上させるため、これら...
発進時や走行時などに、駆動力がタイヤと地面の摩擦力より大きくなってスリップするような場合に、スリップさせないよう制御する装置をいう。雪道では、タイヤがスリップすると路面間摩擦係数が急激に低下する特性(μ=0.3のものがスリップすると0.1程度になる)があり、スリップするとハンドル操作が効かなくなる。そこで車輪速センサーでスリップを検出し、駆動トルクを減じてスリップを減らす制御を行う。スリップした車輪には...
ドリルの一部には、ドリル外周部が必要以上に穴内壁をこすらぬよう、先端部より柄に近いほうの外径を細くしたものがある。この外径差をバックテーパーという。また、同じように平バイトや突っ切りバイトなどのように、送りに対しバイトの逃げをとるために設けられたテーパーもバックテーパーという。
アルファロメオのツインスパーク16バルブエンジンに採用されているトランスミッション。ステアリングホイール上部の押しボタンでシフト操作を行う5速のオートマチックモード付きシーケンシャルトランスミッション。電子制御式油圧作動クラッチを装備し、両手の親指で2つのボタンでシフトチェンジを行うが、右側ボタンがシフトアップ用、左側ボタンがシフトダウン用。また、センターコンソールに設置されたジョイスティックでも...
歯車同士が噛み合ってトルク伝達するときに、歯面に生じる荷重のこと。この荷重によって歯元に曲げ応力が加わり、疲労や大荷重でクラックが入ったり破損したりする。また歯面の面圧や疲労で歯面にピッチング(穴ぼこ)が発生する。これらの対策は歯元応力の値を許容限度以下とし、面圧についても同様である。ハイポイドギヤでは、歯車荷重と歯筋方向の滑りで歯面にスコーリング(歯菌の焼き付き)が発生するので、極圧剤入りのギヤ...
ATのマニュアルモードの感知や、ドライバーの変速意志などを感知して、その信号とコントロールバルブ内の各ソレノイド状態によってオーバーランクラッチソレノイドを制御し、条件に応じてATコントロールユニットへ信号を送る役目を果たす。運転席ダッシュサイドに設けられている。
クラッチの切れ不良対策として、クラッチディスクのフェーシング部分を円錐形に取り付けたもの。クラッチディスクにはクッショニングスプリングがあり、クラッチを押し付けると圧縮され、放すと伸びる構造になっている。このため、クラッチペダルを放すときクッショニングスプリングの厚き分だけスプライン部分が逃げないと、クラッチの押付け荷重が残る。スプラインに錆び付きが起きてもコニカル形状にしておけば、ディスクを...
実際の移動量からみたタイヤの有効半径で、車輪1回転当たりの移動距離を2πで割って得られる。タイヤはクルマの重量によってたわみ、見かけの半径(静的負荷半径)は無負荷時の半径に比べ相当小さくなっているが、実際の移動量からみた有効半径は静的負荷半径より大きい。スチールベルトタイヤでは高いベルトの剛性により、周長そのものがほぼ移動量になり、無負荷時の半径にかなり近くなる。また、高速回転時の遠心力によってバイ...
タイヤが地面を蹴る駆動力のこと。その最大値はタイヤが滑りはじめるときで、その値はタイヤと路面の摩擦係数やタイヤに加わる垂直荷重によって決まる。タイヤと路面間の摩擦係数はタイヤの種類と路面の状況によって変わり、アイスバーンでは、0.1以下になり、ハイドロプレーニングを起こせばゼロに近づく。雪道では外気温、圧雪状態によって大きく変化し、サマータイヤ、オールシーズンタイヤ、スタッドレスタイヤなどタイヤの...
駆動系がもつ振動騒音に関する特性のことで、駆動系がかかわる振動や、駆動系から発する騒音の特性を含めた総合的な呼び方である。振動としては、クラッチオン・オフに起因するショックやジャダー、駆動軸系カップルフォースによる振動、懸架系をも含んだワインドアップ振動、エンジンも含めた曲げ振動(パワープラントペンディング)、ギヤの噛み合いによる振動などがあり、ベンチテストや実車テストにより、時系列や周波数に対...
大腿部をシート座面の前端部分で支持すること。支持圧が強すぎるとペダルの操作がしにくいとともに、下肢の血行を疎外して着座疲労を高め、弱すぎても下半身が安定しないため運転がしにくいうえ、着座疲労や衝突時の危険性が増す。サイは大腿部を意味する英語。
アクスルハウジングのタイプのひとつにバンジョー型があり、それに取り付けられるような形をしたデフのこと。そのアクスルハウジングは、中央部にデフを取り付ける穴を設け、取付け面をフラットにし、デフキャリアフランジ面に合わせてボルト締めできるよう、ボルト穴やスタッドボルトがある。デフオイルが中央部下にたまるよう下を膨らませドレーンプラグを付け、旋回時にオイルがハウジング内を左右に移動しないよう、バッフ...
車室内のフロアの中央部にある、大きなトンネル状の突起のこと。モノコック構造の、ボディシェルの下部構造の縦通材としての重要な補強部材。とくにオープンボディのクルマは、さらにトンネル部の板を厚くして2重構造に補強したりしている。各部品のレイアウトは、トンネル形状を利用して下側に排気系、チェンジ機構、駐車ブレーキを通し、FR車ではプロペラシャフトを通している。車室内側は、コンソールボックスや後席用オーデ...
トルクコンバーターのロックアップクラッチを作動させるためのピストン。ピストンはディスク状の鋼板製で、エンジン側の面の外周付近にクラッチフェーシングが貼付されており、ポンプカバーの精密加工面に接して油圧のシール面にもなり、内径側はタービンシャフトとOリングなどでシールする。ピストンの背面(クラッチフェーシング貼付面の裏面)にトルクコンバーター内圧を加え、フェーシング面側の圧力をドレーンすれば、ピスト...
エンジンの放射音対策(車外騒音対策)で、エンジンの周囲を直接または間接にカバーすること。エンジンの放熱を妨げないで、音を放射しないようにカバーすることは二律背反的な要素があり、実用化は容易ではない。騒音対策は遮音に工夫するよりも、音の発生源のエネルギーを下げたり、源から断ったりすることが大切。
FR車の終減速歯車として使われているギヤ。ハイポイドギヤは曲がり歯傘歯車の直交する回転軸において、ドライブピニオン側を下にオフセットさせたギヤである。曲がり歯傘歯車と比較し、ハイポイドギヤはドライブピニオンを大きくでき、強度上有利で、噛み合い率(同時に噛み合っている歯数)も大きく、滑らかな噛み合いで振動騒音面でも有利。しかし、噛み合い歯面の滑りが大きく、高面圧のために歯面のスコアリング(焼き付き)が...
通常、立体形状を表現するときに使われる座標で、次元をx軸、y軸、z軸の3つを使って表す(図参照)。また、3次元のx、y、Zの値(位置)を示す場合はx、y、zの順で記す。
十字軸式ジョイントで構成されるプロペラシャフトにおいて、デフのコンパニオンフランジや、トランスミッション出力フランジと締結するヨークを指す。片方は十字軸2本にニードルベアリングを組んだベアリングキャップが飯合し、もう片方はインローでコンパニオンフランジに骸合してボルト4本で締め付けられる。プロペラシャフトチューブの心ズレが小さくなるように、ベアリングキャップを組むときにはスナップリングの厚さを調...
変速機において、1速→2速のように低い段位から高い段位へ変速することをいう。この言葉は、MTでもATでも使い、アップシフトともいう。MTでは、シフトアップするとギヤ比は小さくなりエンジン回転が下がるので、変速時の操作力はシフトダウンよりも軽くてすむ。理由は、段位の高いギヤのコーンにシンクロナイザーリングを押し付けて同期させるので、クラッチディスク回転を下げることになるが、もともとオイルの攪拌抵抗が自然に...
ラビリンスとは迷路の意味。図に見るように先端を鋭くした黄銅、リン青銅、あるいはそのほかの金属をヒレ状に並べた複雑な溝を有する構造で、気体の漏れを防止するパキング機能をもつ。漏れを少なくするためにはヒレの数を増やすか隙間を小さくすればよいが、完全には漏れを止めることはできない。ヒレの先端は鋭い刃先状になっていて、万一接触しても、直ちに摩耗するようになっていて焼け付くことはない。構造上、注意するこ...
709件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る