MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > ドライブトレイン

大車林の「ドライブトレイン」のキーワード709件


トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示しており、トラクション係数は駆動力を無次元化するために押付け荷重で割算したもので、摩擦係数と同じ値である。このように係数にしておけば車両重量、タイヤ、路面の違いなどがあっても、この数値で比較できる。駆動係数はクルマの最大加速度、最大登坂能力など、路面状態から制限されるクルマの性能比較に使うと便利な値である。
終減速機に使われているハイポイドギヤの入力側小歯車を指す。プロペラシャフトからコンパニオンフランジ経由でトルクを受け取り、噛み合う相手歯車のリングギヤへ受け渡す。減速比は乗用車で3~5の値で、ピニオンの歯数は10~20である。変速機で増大した出力トルクを受け、急発進時のショックトルクに耐える強度が必要であり、材料はクロム鋼やクロムモリブデン鋼で浸炭焼入れし、円筒コロ軸受け2個で支持している。強度上や歯...
デフの終減速機の後段に2対の変速ギヤをもつデフのこと。大型車や走行負荷変動の大きいトレーラーなどには減速比を大きくとるために、前段と後段の2段減速型アクスルが使われ、後段ではハイとローギヤの2つの選択ができるようになっている。空車と積車で車両総重量が大きく変化する車両においては、走行抵抗も大きく変化するので、積車時に走りよいギヤと空車時に走りよいギヤの2つを設定している。一般乗用車では、空車と積車...
MTにおいて、2つの段位のギヤが同時にシフトできないよう、1つの段位のみシフトを可能にする機構で、2重噛み合い防止装置とも呼ばれている。おおむね2つのタイプがあり、ひとつは3本のロッド(1-2、3-4、5-R用)の1本だけを選択摺動させるタイプで、ロッド間にインターロックピンかボール2~3個を入れ、ロッドにはそれがはまる切欠き溝を入れている。例えば、1速にシフトするとピンが動いて中央ロッドの溝にはまり中央を固定す...
差動運動を制限する装置。差動装置において、左右の出力軸2軸のうち片方の1軸が空転すれば、もう1軸の伝達トルクもゼロになる欠点があるので、空転軸に差動制限トルクを発生させ、それを空転しないほうの軸に与えてトルク伝達を可能にする装置で、LSD(リミテッドスリップデフ)ともいう。センターデフと終減速機デフに装着される。後者はオフロード車やスポーツカーなどに使用され、入力トルクに比例した差動制限力を出すトルク...
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦面保護をしているクラッチ。ATや2輪車用として用いられる。とくに常用回転数の高い2輪車では、クラッチフェーシングの耐久性を向上させるには湿式がよいとされる。
クラッチペダルからクラッチまでを油圧回路でつなぎ、クラッチ操作する装置に使うオイルをいう。通常ブレーキと同じオイルを使う。ブレーキオイルは、ブレーキの発熱でベーパーロックを起こさない耐熱性、温度による粘性変化の少ない流動性、ピストン、シリンダー、カップなどの摺動抵抗の変化が少ない潤滑性、金属などを腐食させない耐食性、水分を吸収しない耐吸湿性、化学反応でガスを発生しない、など化学的に安定している...
軸間距離が離れた2つのシャフトを、チェーンで動力を伝達する方式の4輪駆動車用トランスファー。前輪駆動と後輪駆動用のシャフトをギヤではなく、チェーンで連結するタイプの駆動伝達機構。おもにFR車で用いられ、トランスミッションわきに設けたトランスファーから前輪駆動用のプロペラシャフトを取り出す。
差動歯車装置。自動車用では減速歯車装置と差動装置で構成される終減速機(ファイナルドライブギヤ)の代名詞にもなっている。減速歯車装置は大小の曲がり歯傘歯車(スパイラルベベルギヤ)からなり、相対的に強度が不利な小歯車の強度向上を狙って、噛み合い交差軸をずらしたハイポイドギヤが多く使用される。ただし、ハイポイドギヤは噛み合い時の歯面の滑り率が大きく、歯面が損傷しやすいため、歯面の耐摩耗性を向上する表面処...
歯車が噛み合い時に発生する騒音。1つの歯が噛み合うごとに発生するので、ギヤノイズの噛み合い1次周波数(Hz)=歯車の回転数(1/秒)×歯数となる。自動車では、アクセル開度が微少、小開度、微少エンブレなどで発生し、変速機からはヒューン音、デフからはホーン音などが発生し、その周波数は300Hz~2kHz程度である。原因は歯形方向や歯筋方向精度や歯先形状などが考えられ、駆動系のねじり共振と関係している。駆動側かエンブレ...
クラッチハウシングの外部からレリーズベアリングへ荷重を伝えるフォーク形状のレバー。クラッチを操作する部品で、レリーズシリンダーからのプッシュロッドで力を受け、レリーズベアリングを押し付けてクラッチレリーズレバーを押す。てこの原理で力を増幅させると同時に力の方向を変換する。支点部分および荷重点部分には大きな荷重がかかり、円運動と直線運動をするために摩擦が生じる。グリス切れや摩耗が生じると摩擦力が...
MTの同期機構部品であるシンクロナイザーリングにおいて、クラッチ機能をもつコーン面の平均径をいう。この径を大きくすればコーン面で発生するコーントルク(同期トルク)は増す。大きな同期トルクが必要な1速用シンクロナイザーリングコーン径は大きく、5速用は小さい。コーントルクは、操作力やコーン平均径とは比例関係にある。コーン平均径がスペース上大きくできないときには、摩擦係数を大きくするためコーン面にペーパー...
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドライブピニオンとリングギヤはともにデフキャリアに回転支持されるが、取付け剛性が重要で、とくに負荷がかかった状態で相対変位が少ないよう、デフキャリアの形状を検討する。ドライブピニオンベアリングにはテーパーローラーベアリングが使われ、プリロードが加えられている。プリロードには適正値があり、大きすぎるとベアリングが焼き付き、小...
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路面摩擦力により決まる。駆動力が摩擦力より大きい場合(急発進、雨天、積雪路など)、または駆動輪の軸重が減少したとき(前輪駆動車の坂発進、コーナリング時の内輪)にタイヤが空転する。このようなとき、トラクションが出ない、あるいは抜ける、などという。これを防ぐためにタイヤのグリップ改善、4輪駆動方式、リミットスリップデフ(LSD)などが...
本来は減速比の意味であるが、4WD車における副変速機の減速比の意味でよく使われる。オフロード用4WD車で4WDを選択すると、駆動輪が4本となるため、タイヤの総トラクションが2WDに比べ2倍になる。そのためエンジンの駆動力を4輪のトラクションに適合させるには、2WD車に比べ減速比を2倍にする必要があり、4WDの低速段リダクションレシオは一般的に2.0前後を設定している。こうすることによって、路面とタイヤの摩擦係数が1.0(乾...
乗員室(車室内)のこと。ボディシェルからフロントボディとリヤボディを除いた中央部のボディ構造のこと。フロントフロアより上で、A、B、Cピラー、ルーフ、クォーターパネル、シルなどで構成されている。キャビンはボディシェルのなかで唯一上部が閉構造であり、ボディシェルの強度、剛性に大きく貢献をしている重要な部材。乗員の居住空間の一部を形成しているため水、挨、外気、日光、音などの浸入を防ぎ、衝突に対して乗員の...
品物、部品を必要なタイミングで、必要な場所に納入、供給すること。自動車のシートは、1車種で布の種類、柄、形、色、機能の違いなど数十種類のものがあるが、当然ながらそれら全部を組立てラインの横においておくスペースは、自動車生産現場にはない。組立てラインの初工程に塗装ずみのボディが乗せられ、組み立てがスタートしてからすぐにシート工場にシート種類の連絡が入り、シートを組み込む工程までのリードタイム内に納...
AT車の誤操作を防ぐための機構。シフトロックは、エンジンキーがオンの場合、ブレーキペダルを踏んでいないと、シフトレバーがPまたはNから動かないシステム。これにより、子供のいたずらなどによる事故や坂道などで、キーを抜いてクルマが誤って動き出す事故などを防ぐ。
終減速装置とも呼ばれ、減速して駆動輪へトルクを出力する減速装置と、左右輸の回転差動を与える差動装置から構成されている。前者は、FR車や縦置きFF車ではドライブピニオンとリングギヤセットが使われ、ハイポイドやスパイラルギヤタイプが使われる。横置きFF車ではヘリカルギヤセットである。減速機能に加え、FR車では駆動軸方向を90度変える機能がある。減速比は車両の走行性能や燃費性能などを決める重要な値である。差動...
フライホイールの外周を高くしてクラッチカバーを取り付け、クラッチディスク摩擦面はフライホイールの中に位置する構造のクラッチをいう。コイルスプリングを使ったクラッチカバーは、ダイヤフラムスプリングに比ベて、コイルスプリングの自由長が長いために、クラッチカバーの支点とプレッシャープレートの距離が長くなり、フライホイールのクラッチディスク摩擦面が深い位置となる。そのため、フライホイールを深く削り込み...
709件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る