MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

大車林の「シャシー」のキーワード1030件


エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型バスに用いられていたが、現在、大型バスは低床式のリヤエンジン方式が主流となっている。トヨタの初代エスティマもアンダーフロアエンジン方式で、ミッドシップに搭載していた。
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および前後(テレスコピック)に移動させ、運転者がベストポジションがとれるようにしたステアリングコラム。一般に高級乗用車に装備されている。また手動でチルトまたはテレスコピックさせることができるものもある。
エアブレーキの構成部品で、ブレーキシューを動かすため各ホイールに設置されるアクチュエーターのこと。エアの圧力を機械的往復運動に変換し、一般に構造は前後輪とも同じであるが、大きさは異なる。スプリングブレーキ安全装置付きの、後輪2軸車の前側1軸はスプリングを内蔵するので、若干構造が異なる。ブレーキチャンバーにエアが流入すると、ダイヤフラムによりプッシュロッドが押される。プッシュロッドはスラックアジャ...
路面状態や走行条件に対応して、自動的に、またはドライバーの選択によりばね定数を変更できるばねシステム。空気ばねの受圧面積A、内圧p、大気圧p0、容積V、たわみδとすると、ばね定数kは、k=(A2γ(p+p0)÷V)+p・dA÷(dδ)となる(γ=ポリとロープ係数)。トラック、バス用空気ばねはAを一定に保つ構造なので、右辺の第2項を無視して、Vまたはpを制御すればよい。補助タンクを設けてVを可変にする構造をハイドラクティブサスペンシ...
鋼板プレス製のシャシー骨格部品で、これにエンジン、駆動系、足まわりほか走行必要部品が組み付けられ、最後にキャブあるいは車体が架装される。荷重応力の大きいトラックやオフロード車では強度、剛性上、必須の骨格である。車体仕様が多様化したバスでは、フレーム相当部分はあるものの車体構造に組み込まれ、一体化されるものが多くなった。乗用車は、歴史的にはフレームを使用したが、今では特別の例を除き、鋼板プレス製...
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高めるために、やや角度をつけて取り付けられている。前に角度をつけるキャスター角、内側に角度をつけるキャンバー角やキングピン傾斜角、フロント方向にハの字にするトーイン(トーアウト)の4つの要素から構成される。クルマを水平状態にあるときのそれぞれの角度で示される。
ばね鋼またはばね用銅線をコイル状に巻いたばねのこと。サスペンション用はすべて圧縮ばねである。コイルスプリングのばね定数や応力は、丸棒の太さ(コイル線径)、巻き径(コイル平均径)、巻き数(有効巻数)だけで決まるので設計が容易である。軽量、コンパクトであり、多くのサスペンション形式やさまざまなレイアウトに対応できることから、乗用車用には圧倒的に多く用いられている。通常の線形コイルばね以外に、荷重たわみ特...
部材に加えられる熱による膨張と収縮の繰り返しが原因で、部材に亀甲状の剥離が発生することをいう。とくにエンジン部材、ディスクブレーキローター、ブレーキドラム、熱間圧延ロール、ダイキャスト用金型、切削工具などは常温から高温まで、加熱・冷却を交互に受けて熱疲労による亀裂の発生となり、その寿命を終える。ヒートクラックの発生を防止するためには十分な冷却性能をもたせた構造とし、急加熱、急冷却を少なくするこ...
リムとディスクの2つの構成部品を別々につくり、ボルトで組み合わせた、または溶接したホイールのこと。リムとディスクの間で、材料や成形法(プレス加工、鋳造、鍛造)を変えることができる。1ピースホイールより軽く、ディスク部のデザインの自由度が高く、価格が高い。高級タイプのホイールに多い。
製品の部位にはそれぞれの仕様が定められているが、仕向け地などによって仕様を変える場合がある。その使用を変える部位のことをいう。ことに自動車の場合はハンドル位置の左右差、暑熱地・寒冷地の仕様差、変速機の自動・手動の差をはじめ、車体色、装備品など膨大な種類の仕様を抱えている。これらの仕様に対応するためにも極力、部品や部位を共通化、共用化して原価低減に努めている。この場合、共通・共用部位には若干の仕...
トレッド面の中心線に対して左右の模様やサイプが非対称となるパターンを用いたタイヤ。コーナリング時にタイヤ外側トレッドには大きな負荷がかかり、パターンの良否が性能に大きく影響する。また、タイヤパターンノイズを避けるために連続するパターンのピッチを変えたり、タイヤ内側トレッドに静粛性に優れたものを配置し、左右のトレッドパターンを非対称にすることがある。
ばね定数のことで、単体のばね定数として使われるが、ホイール位置でのばね定数として使われることもある。
車体のねじり剛性とは、車体に対して、弾性限界内の回転角を発生させるモーメントと回転角の比のこと。走行中、前後左右の4つのタイヤから入る入力は、大きさとタイミングが異なる場合が多い。これが車体にねじれが発生する状態である。このねじれに耐える強さがねじり剛性である。ねじり剛性は振動、騒音、乗り心地やボディのしっかり感に影響する重要な値であり、一般にねじり剛性は高いほうがよいとされる。
前後方向に配置して、ホイールの前後方向の動きをコントロールするサスペンションのロッドで、車体への取付け部がアクスルより前方にあるものをいう。ホイールの横方向をコントロールするIアームと併用することが多い。ストラット式サスペンションに用いたときには、ストラットバーあるいはストラットロッドと呼ぶこともある。
ペダルを操作したときの操作剛性感のことをいう。具体的には、ペダルを踏んだときのペダルやブラケットなどの剛性、取付け部のトーボード部の剛性、さらに各システム全体の剛性が関係してくる。例えは、ブレーキペダルの場合、ブレーキシューの当たりの状態から、途中の油圧系のエア抜きやブレーキホースの膨張などまでが影響し関係している。
トーションビーム式サスペンションにおいて、左右のトレーリングアームを連結する部材をいう。車体がロールしたときに、左右のトレーリングアームのストローク量が異なり、車軸の回転角が左右で違ってくるので、それを吸収するのがトーションビームの役目である。またトーションビームのねじり剛性はスタビライザー効果をもつので、トーションビームはねじり剛性を適度に下げて用いられる。一方、引っ張り、圧縮および曲げ方向...
  • 遊び
  • -play; free play; lash
歯車列や機械装置における、個々の構成要素間の自由に動ける隙間を遊びという。プレイ、ガタ、ラッシュ、遊隙などともいう。動きの方向や部位によってエンドプレイ(end play、端末の遊び、軸方向の隙間)、ラジアルプレイ(radial play、径隙、半径方向の遊び)、バルブラッシュ(valve lash、バルブクリアランス)などの呼称がある。
タイヤが自由転動しているとき、路面からタイヤに働くモーメントのうち、タイヤ回転軸まわりの成分をいう。回転の逆方向に働き、転がり抵抗に静的負荷半径を掛けたものに等しい。
補助ブレーキの一種で、クルマを止める運動エネルギーを、発電による電気エネルギーに変換して制動力を得るブレーキ。摩擦式ブレーキでは、運動エネルギーを熱エネルギーに変換して放出するが、回生制動では発生した電気をバッテリーに充電できるため、エネルギーの回収がはかれる。ハイブリットカーや電気自動車など、モーターを駆動源とするクルマに利用され、制動時に駆動用モーターが発電機として働くよう回路を切り替えて...
自動車が走行中に、タイヤ接地点の前後方向入力(転がり抵抗力、駆動力、ブレーキ力)によりタイヤの姿勢(トー角)が変化して向きを変えようとすること。リンクをしっかり支えれば起きないことだが、スチールラジアルタイヤの音、ショックをやわらげるために、やむを得ずサスペンションジオメトリーで対策が必要になる。前輪ダブルウイッシュボーン式では、上下合わせて4箇所のたわみと、ステアリングアームの作用をバランスさせる...
1030件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る