MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

大車林の「シャシー」のキーワード1030件


ダイハツ車のフロント・マクファーソンストラット・サスペンションに採用されているコイルスプリングの呼称。コイルスプリングの中心線を、ショックアブソーバーの中心に対してクルマの外側にオフセットして取り付けられるため、タイヤからの横力によって発生するショックアブソーバーのピストンやロッドの摺動抵抗を減少させ、乗り心地や操縦安定性を向上させることができる。
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型バスに用いられていたが、現在、大型バスは低床式のリヤエンジン方式が主流となっている。トヨタの初代エスティマもアンダーフロアエンジン方式で、ミッドシップに搭載していた。
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高めるために、やや角度をつけて取り付けられている。前に角度をつけるキャスター角、内側に角度をつけるキャンバー角やキングピン傾斜角、フロント方向にハの字にするトーイン(トーアウト)の4つの要素から構成される。クルマを水平状態にあるときのそれぞれの角度で示される。
レーシングカーで空気抵抗を低減するために気流を乱すスプリングショックアブソーバーユニットを、ボディの内側に収めたサスペンションのこと。ボディの内側に収めるために、この作用をするロッキングアームを設け、それにスプリングショックアブソーバーユニットを取り付ける。アーム類の配置により、ロッキングアームタイプ、プッシュロッドタイプ、プルロッドタイプがある。空気抵抗が低く、ばね下重量が軽し、ためフォーミ...
パニックブレーキの際、通常よりも高いブレーキ液圧を発生する装置で、大きなペダル踏力が出せない、強い踏力を維持できない一般ドライバーの制動力確保(制動距離短縮)を狙ったもの。機械式ブレーキアシストと電気式ブレーキアシストがある。機械式は、バキュームブースターの倍力勾配を2段階にし、高い減速度に対する踏力を大幅に低減する2レシオブレーキタイプが主流で、ほかに、ブースターの操作速度が設定値以上であれば、...
トレッドの中心線に対して、直角(ラジアル方向)に配置したカーカスプライコード構造をもち、ベルトにより円周方向を拘束する空気入りタイヤ。カーカスのコードはラジアル方向の力を柔軟に支え、ベルトがタイヤの外周面を強固に補強する構造である。バイアスタイヤに比してサイドウオール部の剛性が低いので、ビードフィラーと呼ばれる硬質ゴムがビード部に配置される。ベルト層が強固であるので、トレッドゴムの変形が小さく抑...
空車状態での地面とボディの間の距離。空車状態とは、ガソリンは満タンでオイルと冷却水が規定量のとき、人と荷物が載っていない状態のこと。悪路を走るオフロード4WDなどは大きくとっているが、スポーツカーなど舗装路での走行を重視したクルマは、クルマの重心を低くして、コーナリングでの安定性を確保するため、地上高を低くしている。保安基準第3条ではホイールベース3m未満のクルマの場合、最低地上高はすべての部位で、9...
クルマが狙いの旋回ライン上を安定して走行する性能、および狙いのラインから外れたときに復帰するための運転操作の容易さをいう。影響要因は旋回性能に準じるが、サスペンションとステアリングの剛性、タイヤのコーナリングパワー、アクスルステアの影響が大きい。アクスルステアは少ないほうが、路面不整に対するトー変化もラインからの乱れも少ない。
タイヤのカーカスは、ゴムに覆われた平行な炭層、もしくは複数層の繊維線、または金属線のコード層を左右一対のビードコアに巻き返して、タイヤの骨格を形成する強度部材。ブレーカーやベルトを加えてホイールのリムに組み込んだ状態で空気を保持し、空気量の増加に対応して圧力を上昇させる機能、いわゆる圧力容器を形成する。その意味で、タイヤのケーシングとも呼ぶ。コードは構造上の役割に応じてプライ、カーカス(集合体)...
部材に加えられる熱による膨張と収縮の繰り返しが原因で、部材に亀甲状の剥離が発生することをいう。とくにエンジン部材、ディスクブレーキローター、ブレーキドラム、熱間圧延ロール、ダイキャスト用金型、切削工具などは常温から高温まで、加熱・冷却を交互に受けて熱疲労による亀裂の発生となり、その寿命を終える。ヒートクラックの発生を防止するためには十分な冷却性能をもたせた構造とし、急加熱、急冷却を少なくするこ...
タイヤをディスクホイールに組み付けた状態での釣合い状態をいう。回転させたとき、遠心力もモーメントも発生しない状態を、ホイールバランスがとれているという。遠心力やモーメントが発生する場合はアンバランスがある。アンバランスには、遠心力のみを発生する静的アンバランス、モーメントを発生する動的アンバランスがある。
板ばねを用いた車軸式懸架で、コントロールリンクの機能を果たす板ばねが、駆動・制動時に車軸にかかるトルクを十分には制御できない場合、車軸の位置と姿勢を整えるために、車軸の上または下の位置から前方または後方に配置するロッド。空気ばね式懸架装置でも、同様の機能をもつ部材をトルクロッドと呼ぶ。乗用車が板ばねを使っていた時代はオフセットリーフスプリングを採用してワインドアップ対策としていたが、さらなる高...
石油や天然ガスなど、炭素を含む物質を不完全燃焼させて製造する、すすのような黒い炭素の微粒子をいう。カーボンブラックはゴムの補強材として最適で、もっとも多く使われている。ゴムにカーボンブラックを混ぜると、補強効果が生じてゴムの硬度が増し、強度、耐久性、耐摩耗性が飛躍的に向上する。粒の小さいカーボンブラックを使うと、強くて耐摩耗性の高いタイヤができ、大きい粒子を使うと柔軟性のあるタイヤができる。タ...
衝突時の衝撃で、2点式シートベルトを着用した乗員の上体と下肢が、くの字に折れ曲がる姿勢になることをいう。また、連結車両の制動時において、牽引車(トラクター)の後輪がロックしたときに、連結部でくの字に折れ曲がることをいう。トレーラーの後輪がロックしたときに、トレーラー後部が外に飛び出す現象をフィッシュテーリングといい、ジャックナイフ現象と区別される。
走行中のキャンバー角の変化のこと。キャンバー変化の要因を大別すると、車輪の上下動、転舵、車体のロールなど、車輪や車体の動きに応じて機構学的に変化するジオメトリー特性と、タイヤからサスペンションに伝わる力でブッシュなどが変形してキャンバー角を生じるコンプライアンスキャンバーがある。ジオメトリー成分は、前から見たサスペンションのアーム、リンクの幾何学的配置から決まる。ただし、これらは車体がロールし...
クルーズコントロール機能を発展させ、最高速度を任意に設定できるようにした装置。A、M、Vの各シリーズを除くメルセデス全車に装備され、エンジンの始動直後にステアリング左側のクルーズコントロール兼用可変スピードリミッターのレバーを押せばセットできる。
ホイールシリンダーを双方向に作用するようにし、前・後進の回転に対してともに2リーディングシューブレーキとして働くドラムブレーキ。通常の2リーデイングシューブレーキでは、後進時の効きが極端に悪くなる欠点があるが、それを改善するために双方向に作用するホイールシリンダーにした内拡式ドラムブレーキ。安定性に難があるデュオサーボ式を除くと、内部効力係数はもっとも大きいドラムブレーキだが、ブレーキ作動媒体の...
バルブとアクチュエーターをギヤボックスに内蔵するパワーステアリング。ステアリング系に吊り下げられたリンケージが、振動にさらされる弱点も補う。日本では、1960年代から大型トラック、バスに採用された。ボールスクリュー式ステアリングのギヤボックスをシリンダー、ボールナットをピストンに使用する。スプールバルブなどのオープンセンターバルブさを用い、ステアリングシャフトのねじり変位で圧力を制御し、油圧反力機...
スタッドタイヤのこと。厳密にはスパイクは英語で釘であり、タイヤへの装着方法は問わない。スタッドは鋲がタイヤトレッドに植え込んであることを意味している。
ステアリングに装着するセンサー。4WSではステアリングホイールの操舵角を検出する角度センサーが装着される場合があり、電動パワーステアリングでは操舵トルクを検出するセンサーが必要になる。角度センサーとしては、ステアリングホイールと同期して回転する部分に設けたスリットをカウントするエンコーダが一般的に用いられる。トルクセンサーはコラムシャフトのねじれを直接計測するポテンショメーター式や、ねじれ部の物理...
1030件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る