MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

エンジンデータブックの「ドイツメーカー」のキーワード49


【9 0 度 バ ン ク か ら 改 変 され た メル セ デ ス の 主 力 V 6】  
【世 界 で 最 も 奇 抜 な 構 造 の 量 産 多 気 筒 エン ジン】 奇作VR6をVWはさらに発展させた。まずパサート用に ジグザグ配列の 4 気筒を 90°のバンク角で対向させて W8を作り、さらにVR6を72°バンクで向い合わせるこ と で W 1 2 を も の に し た の だ 。B M W や ベ ン ツ が L セ グ メ ントの最上級モデルに12気筒を積む以上、対抗措置と し て A 8 も 同 じ 数 の シ リ...
【バルブトロニック+直噴+ツインスクロールターボ】 直 列 6 気 筒 の 搭 載 が 売 り だ っ た 1 9 9 0 年 代 以 降 の 3 シ リ ー ズ も 、今 や 主 流 は 2 . 0 l 直 4 タ ー ボ と な っ た 。こ の N 5 5 は 先 代 E 9 0 系 3 シ リ ー ズ の と き に 登 場 し た タ ー ボ 過 給 版 。ツ イ ン ス ク ロ ー ル 1 基 で 過 給 す る 仕 様 と 、ツ イ ン タ ー ボ 仕 様 が あ る 。そ う し ...
【i3搭載のエンジンはBMW C600スクーター用】 コ ン セ プ チ ュ ア ル な E V ・ i 3 用 の レ ン ジ エ ク ス テ ン ダ ー ・ ユ ニ ット エ ン ジ ン 。同 社 の ビ ッ グ スクーター・C600 に搭載されているパラレルツインを転用している。BMW の中排気量 パラツインはROTAX 社製のものが原初で、このエンジンもおそらくその流用だと思われ るが、詳細は公表されていない。  
【VAG最大級の高出力ディーゼルユニット】 VWは10年前にフェートンやトゥアレグ用として、前期型ガヤルド用ユニットとボアピッチを同じ88mmに取った90 度 V 1 0 の タ ー ボ 直 噴 デ ィ ー ゼ ル を 作 り 、さ ら に は 6 0 度 V 1 2 の 6 . 0 l・ デ ィ ー ゼ ル ま で 作 り 、こ れ は 2 0 1 0 年 ま で は Q 7 に載せていた。しかし、エミッションの問題があるのか現在は廃番となって...
【V8エンジンをベースとするユニークなV10エンジン 】 アウディは先代C6系S6に搭載すべく5.2l直噴のV10を開発して2006年に送 り出した。これはバンク角 90 度やボアピッチ 90mm まで基本要件を V8 の EA824 型と共用するモジュラー企画だ。ただし、クランクピンは、サイド・バ イ ・ サ イ ド の V 8 と 違 っ て 、等 間 隔 点 火 を 実 現 す る 1 8 度 の オ フ セ ッ ト ピ ン 形 式 ...
【R Sシリーズ用のハイパフォーマンス過 給エンジン】 アウディが有するV8の最新仕様が こ の E A 8 2 4 型 の 4 . 0 l直 噴 タ ー ボ 仕 様。現行 S6 や S8 に載せられるエン ジンである。傍目には次項の 4.2l V8 自然吸気を 4.0V8 ターボに置き 換えたようでナンセンスに見える が、アウディの認識では、先代の S6 は5.2lV10自然吸気だったのだか ら 、こ れ は ダ ウ ン サ イ ズ 過...
【アウディとSUVのための大排気量ディーゼル】 6 気筒ディーゼルは、アウディ陣営の 90度V6を下敷きにしたものを使う。 といっても、ブロック素材は EA824 型のようなアルミでなく、鋳鉄。しか も、EA855 型の項で触れたバーミ キュラ鋳鉄。エンジン重量は 300kg を超える重さになるが、最新のターボ 直噴ディーゼルの高い燃焼圧に耐え て、発生する振動をダンピングする には、この素...
【一世代前の主力4気筒ディーゼル】 90年代からひとつ前のモデル世代まで、BMWの直4ディーゼルはM41型M47型に至る鋳鉄ブロックで通してきたが、2007年にアルミブロックに 転じたこのN47型に移行した。ただし、ボアピッチは鋳鉄時代と(そしてガソリン直4とも)同じ91mm。これに対してボア径は78mmとかなり小さく している。ガソリンと違ってディーゼルはノッキングの恐れがないか...
【復 活 し た 直 6 。4 8 V 、タ ー ボ + 電 動 コ ン プ レ ッ サ ー で 過 給】 ダイムラーの新エンジン戦略の中核をなす直列6気筒エンジン。絶滅 寸前と思われた直6復活の背景には、直4とのモジュラー化による生 産合理化メリットだけでななく、ターボや電動化によって年々過密化 する一方のエンジンルームにおけるスペースが、最早 V 型では確保で きない、という事情もあるとされる。そ...
【R D E を 見 越 した 開 発 思 想 を 持 つ 直 6 ディー ゼ ル】 ガソリンエンジンとモジュール展開される直6ディーゼル。モジュールなのだがなぜかボア径はガソリン版より1mm少ない。 同 排 気 量 の V 6 ・ O M 6 4 2 よ り ボ ア ピ ッ チ は 1 6 mm 削 減 さ れ 、圧 縮 比 は 同 じ 1 5 . 5 な が ら 出 力 は 5 0 p s 以 上 ア ッ プ す る 模 様 。シ リ ンダーは鋳鉄からア...
【1.0TSIが登場したEA211 3気筒シリーズ】 フォードや PSA ではすでに採用して い る 3 気 筒 タ ー ボ に 、い よ い よ フ ォ ル クスワーゲンも本腰を入れてきた。4 気筒版の EA211と設計を共通にした モジュラーユニット。サーマルマネー ジメントに力点が置かれ、高温の水 路は機械式で、低温の水路は電動 式のウォーターポンプを用いる。こ れらによってエンジン冷却水に加え、 水冷式の...
【直 噴 と ポ ート 噴 射 を 併 用 す る 最 新 鋭 ユ ニット】 5 代目ゴルフの主力ユニットは、2.0lの EA113 型だった。これは、先 述のクラウス技師が初代アウディ80 のために設計したボアピッチ 88mm のユニットの末裔。鋳鉄ブロックのままだったが、動弁系が DOHC4 バルブとなって直噴化、オイルパン部に平行配置 2 軸バラ ンサーが仕込まれるという贅沢な仕立てで、ターボ過給仕...
【プ レ ミ ア ム メ ー カ ー 、メ ル セ デ ス の 伝 統 芸 能 的 V 1 2】 近 代 メ ル セ デ ス の V 1 2 は 、1 9 9 1 年 の W 1 4 0 系 S ク ラ ス に 積 ま れ た M 1 2 0 型 に 始 ま り 、 次のW220系でこれを大幅に軽量化したM137型に転換、そしてこれをツインターボ 過給した M285 型を開発してマイバッハに載せ、W220 系後期型にもそのデチュー ン 版 の M 2 7 5 型 を 載 せ た 。し か し 、現 ...
【9 1 1 の 基 幹 エ ン ジ ン が ダ ウ ン サ イ ジ ン グ 過 給 化!】 これまで 911の頂上モデルの代名詞であった「ターボ」が、ついにベースモデルであ る 9 1 1 カ レ ラ に も 採 用 さ れ た 。排 気 量 は そ れ ま で カ レ ラ が 3 . 4 l 、カ レ ラ S が 3 . 8 l だ っ たのに対し、新型は双方ともに 3.0lとなった。吸気側にはバルブタイミングとバル ブリフトの可変...
【A M G 開 発 の ハ イパ ワ ー 高 効 率 V 8 タ ー ボ】 直列にエンジン生産を集約するのに8気筒だけは V 型が残る?といっても、 V 8 は 直 4 の 構 成 要 素 の 多 く を 共 用 で き る 。だ か ら ボ ア は 直 4 の M 2 6 4 と 同 じ 83 mm(ボアピッチ 90 mm)。オフセットピンの存在でウェブを挟まざるを得 な い V 6 と 違 っ て 、V 8 で は ボ ア ピ ッ チ を 狭 め れ ば そ...
【新開発の水平対向4気筒はポルシェ版ライトサイジング・エンジン】 2015 年にモデルチェンジされたタイプ 917 ボクス ター&ケイマンには、ダウンサイジングとレスシリン ダーを両立したブランニュー・フラット4が搭載され た。直4では1990年代のFR・968、水平対向では 70 年代の MR・914 以来の4気筒エンジン復活であ る。ドイツの高出力エンジンの趨勢にならって、ター ボ 過 給 が ...
【V W グ ル ー プ ガ ソ リ ン ユ ニ ット の 中 核 機】 こちらが 4 気筒版で、現行 7 代目ゴルフをはじめとする多くの車種に載せられる。 アルミブロックにねずみ鋳鉄ライナー鋳込みという構成は一緒だが、C セグメント の世界王者ゴルフに載せるからか、動弁系は DOHC4 弁と同じながら、燃料供給 は3気筒NAがマニフォールド噴射なのに対して、こちらは筒内直噴となり、そこに ターホ...
【E 2 2 0 d で デ ビューした 新 世 代 ディー ゼ ル・ユ ニット 】 新モジュラーエンジンの第一弾として 2016 年に登場。2.2lOM651と比較すると、 ボアピッチが4mm短縮、単体重量が 30 kg軽減された上に、排気量が 200 cc少なく なったにもかかわらず、最高出力は1割以上アップ。シリンダーブロックはガソリン 版と共通化を図るためにアルミ合金製に刷新。ピストン内燃焼室は従来の「...
【小 型セダンから大 型 S U Vまで 幅 広く搭 載】 ダイムラー・クライスラー時代の 2004 年にお 目見えした 3.0lV6 ディーゼル。最大の特徴 は 、V 6 の バ ン ク 角 の 定 番 で あ る 6 0 度 で は な く 、 72 度を採用していること。クランクピンもま た 、6 0 度 V 6 の よ う な オ フ セ ット 6 ピ ン で な く 3 ピンで、ゆえにバンクを挟んで対向するする気 筒のコンロッドをサイ...
49件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る