MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > モータースポーツ

大車林の「モータースポーツ」のキーワード1232件


ボディシェルの内板、外板を指す。入手は簡単で安価、かつ品質もよく、材料特性のバラツキも少ない1mm前後の薄板軟鋼板が主流。複雑な成形加工も可能で、100%リサイクル可能。スポット溶接に適し、ロボットでの自動化がしやすい。デザイン部品は成形時、傷やひずみがなく、塗装のつきがよくて塗装後は鏡面仕上げになる。軽量化ニーズからハイテン材、アルミニウム、マグネシウム、樹脂などを採用する。
フラッシャーランプを点滅させるための断続電流を発生するユニット。従来の熱線式やコンデンサー式のものから、最近では半導体を用いた電子式が主流になってきている。またフラッシャーユニットはハザードユニットと兼用したものが多く、4輪車ではほとんどこの方式である。電子式フラッシャーユニットの構成は、発振回路と断線検出回路から成り立っており、発振回路はハイブリッドIC化され、時計を内蔵して間欠ワイパーなどにも...
F3以上の国際フォーミュラレーシングカー。当初はF1、F2、F3の3つだったが、のちにF2はF3000に移行した。安全性向上を目的とした細かい変更はあるが、安定したレギュレーションが続いている。
コーナリングフォースがゼロのときに生じているセルフアライニングトルクをいう。RSATと略称する。タイヤのノンユニフォミティーにより、タイヤの横滑り角、キャンバー角ともにO°のときでも、わずかなコーナリンクやフォースやセルフアライニングトルクが生じており、またセルフアライニングトルクとコーナリングフォースも同時にゼロとはならない。この量は大きくなく、旋回時には無視できるが、直進時には、残留コーナリング...
コートジボアール(象牙海岸)で開催されたラリー。かつてはWRCの1戦だった。アフリカ大陸の東側で行われるサファリ・ラリーに対して、西側で行われるのがアイボリーコースト・ラリー。極悪路で有名。完走率が極端に悪かった。1991年、篠塚建次郎が日本人として初めてWRCイベント総合優勝の快挙を成し遂げた。
高熱、高温下で金属や塩類を溶解や保温を行う耐熱性のつぼ状の容器をいう。黒鉛、耐火粘土などでつくられることが多いが、白金、石英、アルミナが利用されることもある。各種金属材料の研究開発用とする小型のものから工業用の大型のものまで、ざまざまな種類がある。中の材料が直接火炎に接触しないので化学変化が起きにくく、成分比率が重要な合金の溶融に適する。
もともとの意味は、船倉を前後方向に区切って荷室の仕切りとすると同時に、船体の強度、剛性を高める隔壁のことであった。それを流用して自動車のエンジンルームと乗員室を区切る隔壁の意味に使うようになったが、ダッシュパネルの呼び方が一般的である。これに対してトランクルームと車室内の隔壁をパッケージトレイという。右前衝突時の乗員保護、衝突後の2次火災のときの防火壁(ファイヤーウォール)の役割を果たす。
エンジン出力(馬力)当たりの車両重量を表す(空車重量[kg]/最大馬力[ps])。国産高性能車クラスでは4.5~5.0kg/psのものもみられる。この数値は車両の動力性能、とくに高回転領域の加速性能の予測に使われる。
ルーフの開口機構のサンルーフに適用される構造基準で、乗用の場合は乗車定員11人以下のクルマに適用される。これは、自動車工業会が自主基準をつくって当局と話し合って合意され、適用している基準である。具体的には4つの項目があり、取り付けの強度試験、鋼球を上から落下させる衝撃試験、スライド構造の荷重試験、頭部模型を使った突起テストである。また、ガラスサンルーフに使用するガラスの透過率が50%以上の場合はサン...
セアトのモータースポーツ活動を行うために1993年に設立された。所在地はスペイン・バルセロナの郊外で、セアト本社工場のすぐわきというロケーション。F2、キットカーと年ごとにプログラムを拡大し、96、97年にはF2世界チャンピオンを獲得。98年に念願のWRカーに進出し、フィンランドでコルドバWRCをデビューさせた。コルドバは99年にE2、2000年にE3と進化するが、戦闘力は2線級にとどまり、3位が最上位という成績で、00年いっ...
リヤドアの後方、幅広いDピラーに組み込まれた小窓のこと。リムジンなどの後席に着座したVIPが、背中を起こした窮屈な姿勢で小窓から見るのではなく、より自然な姿勢で外部を見るためにこの小窓を利用する。また、デザイン的にもボディサイドにワンポイントとしての効果も大きく、デザイナーの腕の見せ所となる。
フランスに移り住んだイタリア人のアメディ・ゴルディーニが1951年に設立したフランスのメーカー。その後、市販スポーツカーを生産する一方、自製のエンジンを搭載したフォーミュラや小型のスポーツカーを製作してレースに出場した。とくに、後者はルマンに出場して、52年のレースでは10時間以上にわたって首位を走るなど注目を集めたが、結局大きな成功は収められなかった。57年にはルノーの傘下に入り、その後はレース、ラリ...
地上最速記録とか、陸上スピード記録と呼ばれ、略してLSRともいう。助走ののち、一定距離の所要時間を計測してスピードに換算するのだが、安全性や気象条件などでの不公平をなくそうという配慮もあって、その規則は細かい。また、動力の種類やエンジンの大きさなどでさまざまなクラス分けがある。動力としてジェットエンジンによるものもあり、自動車の最高速記録とはかけ離れたものになってきている。
  • F1
  • -Formula One
FIA規定のフォーミュラ・ワン・カテゴリーのマシン。そのマシンによって選ばれたドライバーたちが戦うイベントが世界最高の自動車レース、F1世界選手権で、開催国の名前を冠したグランプリレースの名称で知られる。通常は、1か国1レースが原則である。グランプリの名称が使われた世界最初の自動車レースは1906年6月26日に開催された「(ACF)フランス・グランプリ」であるが、46年に国際自動車連盟FIAが設立され、グランプリレー...
日本最大の自動車メーカー。1936年から自動車の製造に乗り出すが、モータースポーツには60年代初めから本格的に参加。68年には初の純レーシングマシン、トヨタ7を開発して日本GPなどに出場し、69年の日本Can-Amでは優勝を飾った。70年代はおもに市販車ベースのマシンでレース活動を展開したが、80年代にはスポーツカーレースに復帰、92年と99年のルマンでは2位に入賞した。ラリーの分野では、70年代前半からセリカなどで海外の...
自動車の衝突時における乗員の運動エネルギーを、車体で吸収消費させることによる効果のこと。乗員がシートベルトで拘束されていれば、衝突時間内(一般に0.1~0.15秒)に車体へ作用した衝撃加速度と乗員の体重を掛け合わせた力は、シート面およびシートベルトを介して車体に伝わる。したがって乗員のもっている運動エネルギーの一部は車体が破損する際のエネルギーへと伝達して消費されることになる。その後の乗員の運動エネルギ...
FIAのモータースポーツレギュレーションは、レース運営を決めたスポーティングレギュレーションと、マシンの規格を決めたテクニカルレギュレーションからなる。スポーティングレギュレーションには主催者や出場者の規定、レース内容の規定、賞典の規定など、レース運営に必要な項目が細かく規定してある。正式にはインターナショナル・スポーティング・コードという。
レースなど実戦でのコーナリングラインは、そのときの他車の状況に即応したものにならざるを得ないが、イン・イン・アウトは、カーブの入口で内側から進入するような状況。また、早めにクリッピングポイントに着く走行ラインにも、この表現を使用することがある。
現・日野自動車工業の前身である日野ヂーゼルエ業が、1953年4月から発売したフランス・ルノー社の日本組立て車。現地モデル名はルノー4CVで、日本での型式名をR6012といった。エンジンは662-2型直列4気筒OHVの748cc。これをリヤに搭載し後輪を駆動した。サスペンションは前ダブルウイッシュボーン/コイル、後スイングアクスル/トーションバー。価格は83万円だった。車名は創設者のルイ・ルノーから。54年型モデルから、6本ヒゲ...
前面・側面衝突時にバッグが展開して、乗員の衝撃を吸収するエアバッグシステムのなかで、衝突時の減速度を感知してエアバッグ展開信号を発するセンサー。信号はECUが処理してインフレーターの起爆装置を点火するほか、シートベルト巻取り装置を作動させ、早期にベルトによる人体拘束を行う。センサーは車体に取り付けられるが、その取付け部分の伝達特性が、衝突時の減速度をどのように代表するかがポイント。前面用センサーは...
1232件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る