モーターファン

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > エンジン > アンダーステア

アンダーステア

【understeer】

このエントリーをはてなブックマークに追加
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。USと略称する。前輪のスリップ角が後輪のそれより大で、スタビリティファクターKが正の特性である。外乱によってヨー運動が起こったとき復元モーメントが発生し、ヨー運動を抑制する。系として安定で、クルマにとって好ましい特性であるが、強すぎると旋回半径の変化が激しくなり、また応答性が低下する。したがって、必要な応答性の確保や過渡応答での安定マージンを考慮し、一般に弱いアンダーステアに設定される。FF車は、前軸への荷重配分が大きいことと、駆動力によるコーナリング、フォースの減少から、基本的にUS傾向をもつ。アンダーには不十分の意味がある。 -大車林

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る