MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

エンジンデータブックの「日本メーカー」のキーワード66


【フィットに搭載か? ホンダの1.0l直3直噴ターボ】 ホンダのパワートレーン戦略「EARTH DREAMS TECHNOLOGY」 では、既存のガソリン NA エンジンの多くをターボエンジンに置 き換える方向性が示唆されている。すでにシビック Type-R 用の K 2 0 C 、ス テ ッ プ ワ ゴ ン 等 に 搭 載 さ れ る L 1 5 B / T C で 、実 現 が 図 られているが、1.5~1.8lNA エンジンの代替として、1.0l直列...
【SKYACTIV思想を最初に具現化した革新的エンジン】 スカイアクティブ G の第一弾として先代デミオ後期型に 搭載されたP3-VPS。クールドEGRを用いて筒内酸素濃 度を抑え、燃焼温度を下げることでノッキングを回避し、 圧 縮 比 1 4 . 0 を 実 現 す る と い う 、ト ピ ッ ク に 溢 れ る エ ン ジ ンだった。しかしデミオのモデルチェンジに伴って大幅 にリファイン。先代P3-VPSは吸気側に「...
【第3世代に進化した超軽量エンジン】 2 0 年 近 く 使 わ れ て き た 3 気 筒 E F 型 と 4 気 筒 の J B 型 を 整 理 統 合 し 、6 6 0 c c エ ン ジ ン を ワ ン メ イ ク に す る 意 図 で 2 0 0 5 年 に デ ビ ュ ー 。N A / タ ー ボ と も ま と め て “ K F ” と い う 形 式 名 に な っ た 。ボ ア × ス ト ロ ー ク 比 が 1 . 1 を 超 え る ロ ン グ ス ト ロ ー ク 。1 K R - F E と ボ ...
【グローバル市場に向けたタフな作りの最新ディーゼル】 トヨタとしては久々に国内市場に登場し たディーゼルエンジン。世界各地で販売 されるため、過酷な使用状況や粗悪な燃 料も視野に入れたタフな作りとなってい るが、最新技術は惜しみなく投入されて いる。インジェクターは噴射圧 220MPa の ソ レ ノ イド 式 で 、先 代 に 当 た る 1 K D と 比較するとスワール係数は 2.0 から1.8 に 減...
【エ コ ノミ ー か ら パ ワ ー 型 ま で 幅 広 い ラ イ ン ア ッ プ】 過去において提携関係にあった三菱/ダイムラー・クライスラー/ヒュンダイに よって設立されたGEMA(Global Engine Manufacturing Alliance)が開発を担 当 し た「 ワ ー ル ド エ ン ジ ン 」が 基 礎 と す る 4 気 筒 。 2 . 4 l の 4 B 1 2 か ら 順 次 2 . 0 l の 4B11、1.8lの4B10がリリースされた。ポート形状の最適化や...
【強 い 個 性 を 与 えら れ た 2 種 の 新 世 代 エ ン ジ ン】 トヨタと共同開発した FR スポーツカー・86/BRZ の専用エ ンジンとも言えるパワーユニットが FA20 だ。高出力と良 好 な 高 回 転 域 の フ ィ ー リ ン グ を 実 現 す る た め に ボ ア × スト ロークをあえて 86.0×86.0mm のスクエアとした。薄型オ イルパンの採用や、吸気系の寸法をミリ単位で詰めるなど の工夫により、FB20 よ...
【ミニバン&SUV用 量産4気筒】 2 0 0 0 年 に 直 噴 シ ス テ ム D - 4 を 伴 っ て 登 場 。初 期 の D - 4 はト ラ ブ ル や リ ー ン 領 域 の 狭 さで早々に放棄され、ポート噴射仕様に置き換わり、2.0l以上の SUV、ミニバンに 一気に採用された。以前は 2.0l版も存在したが、現在は 2.4l(2AZ-FE)とその HEV 用アトキンソンサイクル仕様に収斂している。AR 系と排気量ゾーンがバッティ ングしている...
【 採 用 車 種 が 拡 張 す る 小 排 気 量 ディー ゼ ル の 旗 手】 容積比 14、ツインターボを用いた高過給 EGR に よるNOx 触媒レスという仕様で世界の度肝を抜いたSKYACTIV-D2.2 に続いて登場する、マツダの 新世代ディーゼルエンジン。D2.2 に対して縮小し たボア径によって S/V 比が悪化し、冷却損失が 大きくなってしまうのを防ぐため、容積比を14.8と し筒内温度の確保に努めている。冷...
【ス バ ルエンジン 最 大 排 気 量を誇る6 気 筒】 基 本 形 E Z 3 0 は 前 作 E G 3 3 と 同 様 E J シリー ズ に 2 気 筒 を 追 加し た 構成だが、スバル初のチェーン式カムシャフト駆動を採用するな ど、全面的に内容が刷新されている。途中ダイレクトバルブ駆動 ながら可変バルブリフトを実現する機構が追加されるなどの変更 を 経 て 2 0 0 7 年 に E Z 3 6 と な っ た 。 吸 排 気...
【ル ノ ーC i を ツ イ ン タ ー ボ 化】 タイなどで生産される1トンクラスのピッ クアップトラック・NP300 ナバラのフル モ デ ル チ ェ ン ジ に あ た り 、搭 載 が 始 ま っ たユニット。ルノーとの2010年に登場 したルノーの商用車用ディーゼル M9T 型をベースとしているようで、今回の再 登場に当たっては高出力化が図られた。 120kW/403Nmと140kW/450Nmの 2 種が用意され、後者のツ...
【SOHC可変動弁を備える最新中型エンジン 】 三菱 4 気筒エンジンの主力である 4B シリーズ の 後 継 と し て 2 0 1 1 年 に 登 場 。ト ピ ッ ク は 何 と 言っても世界初の SOHC による連続可変バ ルブタイミング&リフト機構を採用したことだ ろう。DOHC でなくともロッカーアーム側の 工 夫 で 可 変 リ フ ト は 可 能 だ が 、可 変 タ イ ミ ン グと併用するにはカムの吸気側と排気側を...
【国産唯一の大排気量V8ディーゼル】 軽 量 か つ 高 強 度 を 図 り 、 ブ ロ ッ ク 材 に バ ー ミ キ ュ ラ 黒 鉛 鋳 鉄( F C V )を 用 い た 。 製 造 も加工も非常に難しい素材だが、高い燃焼圧に耐える構造ながらアルミに匹敵する 軽 量 薄 肉 形 状 に 仕 上 げ て い る 。ラ イ ナ ー レ ス 構 造 に で き る の も メ リ ッ ト 。A D 型 の オ ー プン型に対し、本機はクローズドデッ...
様々な技術的変遷を経た長寿エンジン 初登場が 1988 年という長寿エンジン。3 連サイアミーズ型のオール アルミブロック、当時としては珍しい SOHC4 バルブという基本仕様 である。キャブレター仕様から始まって、途中軽NAエンジンとしては 最高の出力を誇った3連スロットル装備版(ビート)や、1.0lにスケー ルアップの上リーンバーン化してモーターと組み合わせたハイブリッ ド用(インサイト)...
【V 6・3 . 7 l → 3 . 0 l に ダ ウ ン サ イ ジ ン グ し た 新 型 V 6 直 噴 タ ー ボ】  長らく日産マルチシリンダーエンジンの代名詞であった VQ シリーズに代わっ て、20 数年ぶりに登場したブランニューV6。VQを生産しているいわき工場で 製作されることから、ボアピッチ(108 mm)は踏襲されるが、ターボ化をはじめ として内容は完全に刷新された。北米用 5.0lV8 の代替となるダウ...
【横 置 き・縦 置 き が 用 意 さ れ た S K Y A C T I V の 中 核 エ ン ジ ン】 スカイアクティブGの小排気量版として登 場したのが G1.5 である。従来の MZR1.5 がスクエアプロファイルだったのに対し、 ボア/ストローク比を1.15とした。G1.5固 有の特徴が排気脈動を活用した専用の排 気システム。触媒とメインマフラーの間に プリサイレンサーを設けていて、これは消 音機能よりもむしろ、排気の...
【弛みなく改良の手が加えられるGT- R専用エンジン】 量産6気筒としては最大級のパワーを絞り出すGT-R 専用エンジン。登場時には 357kW だった出力は度 重なる年次改良により419kWにまでアップ、国産 に は 珍 し くシ ャ シ ー 共 々 毎 年 の よ う に 進 化 す る エ ン ジンである。VQ シリーズがベースだがシリンダー 冷却経路がオープンデッキからクローズドデッキ に、シ...
【圧 縮 比 1 4 と 排 ガ ス 後 処 理 装 置 な し と い う 叡 智 が 込 め ら れ た 入 魂 作】 ガソリン版 SKYACTIV-G のキーワー ドが高圧縮比ならば、ディーゼル版 SKYACTIVE-Dのそれは低圧縮比。それ までの 20 以上という圧縮比設定では適 切な混合気が生成される前に着火燃焼 が 起 こり N O x と P M の 同 時 発 生 が 避 けら れ な い 。そ れ を 防 ぐ た め に 燃 焼 を リ タ ー...
【独 自 の 過 給 圧 制 御 で ポ ン ピ ン グ ロ ス を な くし た ダ ウ ン サ イ ジ ン グ タ ー ボ】 2015 年登場の L15B ターボ版は、国内向 けに 2.0lのコンベンショナルエンジンを 持たなくなったホンダが、代替として開 発したダウンサイジングターボである。通 常は過給圧の上昇に伴って開くウェイス トゲートを無負荷では全開にしておき、負 荷がかかると閉じる過給...
【ダウンサイジングユニットとして着目】 1990 年代の主力4気筒、2.0l以下の SR 系と 2.0l以上の KA 系の置き換え用として 2000 年に登場。当初直噴仕様 からスタートしたところなどを含め、トヨタの AZ 系と同じ ようなプロファイルを持った形式である。2014 年に登場し た QR25EDR は、北米市場の SUV 向けに機械式スーパー チャージャーとモーターを付加したモデルで、NA 版より低 い回転域でよ...
【パジェロが搭載する自然吸気V6エンジン】 古くは1986年デボネア搭載の2.0lバージョンに端を 発する四半世紀の歴史を誇る V6 シリーズ。過去には GTO 搭載用 DOHC ツインターボの過激な仕様も存在 し、3.0lターボ随一のトルクをトヨタ2JZ-GTEと競っ ていたことがある。DOHC、MIVEC 搭載タイプ、GDI (直噴)仕様など、数多くのバリエーションが存在した が 、現 存 す る の は パ シ...
66件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る