MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

エンジンデータブックの「日本メーカー」のキーワード66


【強 い 個 性 を 与 えら れ た 2 種 の 新 世 代 エ ン ジ ン】 トヨタと共同開発した FR スポーツカー・86/BRZ の専用エ ンジンとも言えるパワーユニットが FA20 だ。高出力と良 好 な 高 回 転 域 の フ ィ ー リ ン グ を 実 現 す る た め に ボ ア × スト ロークをあえて 86.0×86.0mm のスクエアとした。薄型オ イルパンの採用や、吸気系の寸法をミリ単位で詰めるなど の工夫により、FB20 よ...
【一時 代を築いたパワー型ボクサーエンジンApplication:WRX】 1989 年の登場以来、永くスバル・ボクサーエンジンの代名 詞 と し て 、1 . 6 ~ 2 . 5 l の 排 気 量 、S O H C と D O H C 、N A に タ ー ボ、ローンバーンや LPG 仕様等、多種多彩なラインアップを 誇 っ た シ リ ー ズ だ が 、燃 費 & 環 境 指 向 に 反 す る シ ョ ー ト ス ト ロ ー ク 設 計 が 徒 と な っ て 、一 気 ...
【三菱/日産の軽自動車のメインエンジン】 2004 年に床下ミッドシップレイアウトを持つ「i」用に登場。特殊な搭載方法を実 現するために 45 度傾斜搭載を前提に設計された。そのためか今日の小型エンジン としては珍しくスクエアなボア×ストロークを持つ。登場から10 年近くは「i」専用 エンジンであり、他の車種用には鋳鉄ブロックの3G8型が継続生産されていたが、 2013 年に ek シリーズのモデル...
【トヨタ初のダウンサイジング過給エンジン】  エンジンにおける燃費&環境対策の方法論は、大別して主に欧州で普及が進むダウンサイジングターボと、日本が中心となって推進するハイブリッドのふたつ。日本では速度レンジや使用環境の面で電動モーターを使う方がメリットが大きいからだが、欧州市場に車種展開するためには、やはりターボエンジンが必須となる。トヨタ初のダウンサイジングターボエンジンは、欧米市場が主...
【V 6・3 . 7 l → 3 . 0 l に ダ ウ ン サ イ ジ ン グ し た 新 型 V 6 直 噴 タ ー ボ】  長らく日産マルチシリンダーエンジンの代名詞であった VQ シリーズに代わっ て、20 数年ぶりに登場したブランニューV6。VQを生産しているいわき工場で 製作されることから、ボアピッチ(108 mm)は踏襲されるが、ターボ化をはじめ として内容は完全に刷新された。北米用 5.0lV8 の代替となるダウ...
【ア メリ カ ン S U V の 大 排 気 量 ガ ソ リ ン V 8 エ ン ジ ン】  昨今のエンジンの多くがポート噴射仕様を ベ ー ス に 直 噴( + 過 給 )へ 進 化 し て い る の と対照的に、VK シリーズは直噴タイプが 最初に登場し、それがポート噴射に置き換 わるという経緯を持っている。デビューモ デル・VK45DD 登場の頃の直噴技術は希 薄燃焼をベースにしていたため過渡域特 性に難があり...
【ス バ ルエンジン 最 大 排 気 量を誇る6 気 筒】 基 本 形 E Z 3 0 は 前 作 E G 3 3 と 同 様 E J シリー ズ に 2 気 筒 を 追 加し た 構成だが、スバル初のチェーン式カムシャフト駆動を採用するな ど、全面的に内容が刷新されている。途中ダイレクトバルブ駆動 ながら可変バルブリフトを実現する機構が追加されるなどの変更 を 経 て 2 0 0 7 年 に E Z 3 6 と な っ た 。 吸 排 気...
【インド市場に向けたコンパクトディーゼル】 インド市場にフォーカスして開発されたコンパクトディーゼル。スズキにはすでに鋳鉄ブ ロックの 1300cc 直 4 ディーゼルがあるが、2 気筒化とアルミブロック & アルミケース化に よって大幅な軽量化と省スペース性を実現した。エンジン単体重量は89kgで、前出の1.3l 直 4 と 比 べ て 3 0 % も 軽 く な っ て い る 。圧 縮 比 は 前 ...
Application:M3, M4
【多彩なバリエーションのモジュラーユニット】 K12B型は先代スイフトが2007年にマイナーチェンジした際に投入された、Kシリー ズの派生ユニットだ。そのアップデート版が、気筒あたり2 本のインジェクターを備 える「デュアルジェットエンジン」。燃費向上のために開発陣は、K12B ベース版の圧 縮 比 1 1 . 0 を 1 2 . 0 に 高 め る べ く 狙 い を 定 め た 。高 圧 縮 比 を 実 現 す る ...
【ターボチャージャー2基をVバンク内に抱え込むV8ターボ】 B38 の項で記したように、直近までの BMW のエンジンはボアピッチを 91mm に揃えたモジュラー設計だっ た。しかし、始点を1990年に遡るこ のV8は、主な設計要項はそちらに準 じ つ つ も 、ボ ア ピ ッ チ を 9 8 m m と 長めに採ったもの。恐らくは、5l級 までV8でカバーするメルセデスの エンジンラインアップを睨んで...
【第3世代に進化した超軽量エンジン】 2 0 年 近 く 使 わ れ て き た 3 気 筒 E F 型 と 4 気 筒 の J B 型 を 整 理 統 合 し 、6 6 0 c c エ ン ジ ン を ワ ン メ イ ク に す る 意 図 で 2 0 0 5 年 に デ ビ ュ ー 。N A / タ ー ボ と も ま と め て “ K F ” と い う 形 式 名 に な っ た 。ボ ア × ス ト ロ ー ク 比 が 1 . 1 を 超 え る ロ ン グ ス ト ロ ー ク 。1 K R - F E と ボ ...
【V6から置き換えられたスズキ最大排気量エンジン】 エスクード用 2.0lがベース。V6 がなくなった現在、スズキの四輪エンジンでは最大排気量となる。ターボ化でノーマル比 3 倍もの出力を引き出すようなモータースポーツ用途にも 耐えるブロック剛性を持つユニットだが、排気量拡大をボアアップで行なう等いささか古めかしい手法で作られており、実際に旧世代設計のエンジンだ。...
【高剛性&ライトウェイト。トレンドに沿ったコンパクトエンジン】 16 年ぶりの新世代 660cc エンジンである。エンジンブロックを強化しディープス カ ー ト を 採 用 。 骨 格 を 鍛 え た 上 で ピ ス ト ン ・ コ ン ロ ッ ド を 大 幅 に 軽 量 化 、ク ラ ン ク ジャーナルも狭幅化。高剛性と軽量化の結果エンジンの不快な音を低減している。 K6A から一転ロングストロークとして NA・...
【パジェロが搭載する自然吸気V6エンジン】 古くは1986年デボネア搭載の2.0lバージョンに端を 発する四半世紀の歴史を誇る V6 シリーズ。過去には GTO 搭載用 DOHC ツインターボの過激な仕様も存在 し、3.0lターボ随一のトルクをトヨタ2JZ-GTEと競っ ていたことがある。DOHC、MIVEC 搭載タイプ、GDI (直噴)仕様など、数多くのバリエーションが存在した が 、現 存 す る の は パ シ...
【ポ ス ト 新 長 期 規 制 ク リ ア を 果 た し た ベ テ ラ ン ユ ニ ット】 「パジェロといえばディーゼル!」という声に応えて旧世代のエンジンを大幅に改良してポスト新長期規制 に適合させたのが現行パジェロに久しぶりに搭載され たディーゼルエンジン 4M41である。噴射圧 180MPa の コ モ ン レ ー ル シ ス テ ム を 採 用 。イ ン ジ ェ ク タ ー は デ ンソー製でソレノ...
【低 圧 縮 比 / 可 変 動 弁 の 最 新 ディー ゼ ル エ ン ジ ン】 グループ企業である三菱重工業との共同開発で欧 Euro5、米 Tier2Bin5、日本のポスト新長期規制に適合すべく生まれた新世代 ディーゼルの意欲作。トレンドとなりつつある低圧縮比化を先取りし た14.9という圧縮比と、乗用車用ディーゼルとしては世界初となる可 変バルブタイミング機構MIVECを搭載して注目を集めている(...
【SOHC可変動弁を備える最新中型エンジン 】 三菱 4 気筒エンジンの主力である 4B シリーズ の 後 継 と し て 2 0 1 1 年 に 登 場 。ト ピ ッ ク は 何 と 言っても世界初の SOHC による連続可変バ ルブタイミング&リフト機構を採用したことだ ろう。DOHC でなくともロッカーアーム側の 工 夫 で 可 変 リ フ ト は 可 能 だ が 、可 変 タ イ ミ ン グと併用するにはカムの吸気側と排気側を...
【ダ イ ハ ツ 開 発 の 1 . 0 l3 気 筒 タ ー ボ が 新 登 場】 トヨタの完全子会社となったダイハツは、以前から3気筒エンジンに関してはトヨ タ グ ル ー プ の 中 核 製 造 を 担 っ て い る が 、リ ッ タ ー ク ラ ス の 主 力 エ ン ジ ン で あ る 1 K R シリーズに改良が施されると同時に、ターボエンジンが登場。ダイハツの軽自動車 用以外では KJ-VET(直4・1.0l)以来の新型過...
【ロ ン グ スト ロ ー ク さ れ 数 々 の 新 機 軸 が 盛 り 込 ま れ る ス バ ル の 大 黒 柱】 エ ン ジ ン 左 右 長 の 大 き さ か ら 、必 然 的 に シ ョ ー ト スト ロ ー ク と な ら ざ る を 得 な い 水 平 対 向 エ ン ジ ン の宿命に挑戦し、良好な S/V 比をもたらすロング ストローク設計として 2010 年にデビュー。2014 年にはスバル初の直噴ダウンサイジングターボ として、F...
66件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る