MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

大車林の「欧文略語」のキーワード387件


  • HSB
  • -halogen sealed beam
密封式(シールドビーム)ヘッドランプを指す。フィラメントが露出しているため、蒸着アルミ反射層のあるガラス反射鏡を、レンズに気密密閉が必要。密閉後、ランプ全体が不活性ガスで満たされる。万一フィラメントが燃えた場合は、ランプ全体を交換しなければいけない。このタイプでハロゲン光源を使ったランプをハロゲンシールドビームという。
  • JISC
  • -Japanese Industrial Standards Committee
日本工業標準調査会。経済産業省産業技術環境局基準認証政策課の所轄のもと、JISについて調査審議を行う。また、工業標準化の促進に関し、関係各大臣の諮問に応じて答申し、関係各大臣に対し建議する役割をもつ組織。
  • ECE
  • -Economic Commission for Europe
欧州経済委員会。国連の経済社会理事会を構成する5つの地域経済委員会のひとつ。ECE規則は、欧州経済委員会のTRANS(内陸運輸委員会)を構成する3つの作業部会(SC1~3)のうち、SC1のもとにあるWP29部会が、6つのGR分科会から上程されてくる草案を審議して制定される。
  • ACC
  • -active cruise control
レーダーで先行車との距離を検知し、自動的に速度および車間距離の設定値を保持するように、アクセルとブレーキを制御する運転補助システム。このシステム名称は各社で独自に設定している(この名称はBMWの呼称例)。
  • PI
  • -polyimide
主鎖にイミド基結合をもつ耐熱性高分子の総称。
  • SBR
  • -styrene-butadiene-rubber
スチレン-ブタジエンゴムは耐熱性、耐摩耗性に優れ、タイヤ用ゴムの主流を占めて緩衝用ゴムにも使われている。
  • GCWR
  • -gross combination weight rating
自動車連結車両総重量。アメリカで使われている、メーカーが保証する重量値で、牽引するクルマの重量と被牽引車の重量を合計した重量をいう。クルマに貼付されるFMVSS適合ラベルには表示されていない。
  • PTPS
  • -public transportation priority systems
公共車両優先システム。警察庁が推進する新交通管理システム(UTMS)の一環で、バスなどの優先通行システムをいう。優先信号制御や優先レーンの設定により、バスなどの公共車両を優先的に運行させることにより、利用者の利便性の向上をはかって、マイカーの利用からバス利用への転換を促進し、交通の総量抑制と排出ガス削減を狙いとするシステムである。
  • COP
  • -conformity of production
生産車などの法規適合性。認可を受けたあとに量産されたクルマや部品の、法規適合性や品質管理体制などを監査する仕組みを総称していう。認証制度を適用しているほとんどの国が実施しており、欧州規則に対するCOPテスト、アメリ力の排出ガス規制に対するSEA監査、オーストラリアのTFI監査などがある。また、日本では型式指定監査が相当する。
  • PM
  • -particulate matters
微粒子。とくに浮遊粒子状物質のことをSPMと呼ぴ、大気汚染の原因のひとつとなっている。
  • IR
  • -isoprene rubber
イソプレンゴム。天然ゴムとよく似た性質をもち、タイヤゴムブレンド用として用いられている。
  • RE
  • -rotary engine
ロータリーエンジンの略称。繭形をしたローターハウジングと呼ばれるものの中を、3角形のローターが回転しつつ、出力軸のエキセントリックシャフトを回転させる方式のエンジンで、1967年にマツダが量産化した。形状がコンパクトで、往復運動がないためにスムーズで振動が少ない。2ローター式、3ローター式がある。
  • SS4
  • -super select 4WD
三菱パジェロなどに採用されている4WDシステム。2H-4H-4HLc -4LLcのポジションをもつ。2H⇔4Hの切り替えは走行中も可能で、2WD走行ではフロントプロペラシャフトの回転を停止し、4HLcはセンターデフを50:50でロック、4LLcは副変速機がローギヤのポジションである。
  • ASR
  • -automobile shredder residue
使用ずみ自動車のシュレッダーダストの略語。使用ずみ自動車処理で裁断、粉砕し、金属などの有価物を回収したあとのプラスチック成分などの残留物。
ハイドロフルオロカーボンの一種。フロン代替物質として開発された自動車冷房装置用冷媒。フロンに比較して、オゾン層破壊の危険性はなく、地球温暖化への影響は10分の1に減少している。将来は、さらなる地球温暖化に対応する必要があり、既にHFCに代わる物質が開発されつつある。
  • FOB
  • -free on board
本船積込み渡し(価格)。取り引きの契約条件のこと。売り手の費用、責任で船積みすると商品引渡しは完了。その後は買い手に所有権が移り、買い手が輸送費や保険費用すべて負担。クルマの輸出ではよく使われる取り引きである。
  • IMEP
  • -indicated mean effective pressure
図示平均有効圧力。これと排気量の積が図示トルクに比例する。さらに、これとエンジン回転数の積が図示出力に比例する。膨張行程においてピストンが上死点から下死点まで一定のガス圧がかかったと想定し、刻々と変化するガス圧を平均化して算出する。
  • IEC
  • -International Electro-technical Commission
国際電気標準会議。電気分野における技術的仕様などの標準化を国際的に統一、制定している国際機関をいう。日本からは、JISC(日本工業標準調査会)が参加しており、制定された標準はIEC規格と呼ばれる。なお、非電気分野の国際規格はISO(国際標準化機構)が制定している。
  • AAV
  • -anti-afterburn valve
エンジンの急全閉減速時に発生するアフターバーンを防止するために、スロットルバルブを閉じたときに、エンジンにー定時間空気を供給するバルブ。キャブレーター式エンジンで多く使われた。
  • ATTESA
  • -advanced total traction engineering system for all
日産のFF車ベースの4WDシステムの名称。センターテーフにはベベルギヤを使い、それにビスカスカップリングLSDを取り付けたフルタイム4WDシステムである。センターデフなしで、ビスカスカップリングだけを後輪駆動軸に装着した4WDもこのように呼んでいる。
387件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る