MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

大車林の「欧文略語」のキーワード387件


  • RW
  • -reference weight
排出ガス試験車重量。排出ガステスト時に、シャシーダイナモメーターに設定する等価慣性重量を決める際に基準となる試験車重量をいう。RWは国によって異なり、日本では空車重量+110kg、欧州は空車重量+100kg、アメリカやカナダでは空車重量+300ポンド(136kg)である。なおアメリカ、カナダではLVWがE式用語である。
  • TPS
  • -throttle position sensor
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。スロットルチャンバーのバタフライ弁の外側端部に、ポテンショ式(抵抗体上を接点が摺動する方式)角度センサーを装着して使う。エンジン燃料噴射、トラクション制御、電子制御ATなどがこの出力信号を使用する。
  • ULSAC
  • -ultra-light steel auto closure
ステール製超軽量自動車用ふた物。ウルサブ(ULSAB)のふた物版。世界18か国の鉄鋼メーカー35社と、欧州のカーメーカーで共同開発のプロジェクト。鉄鋼メーカーの活動のため、材料は鋼板が主体。すぐ使える技術で性能、安全性、コストは保ちながら25%軽量化を目指している。
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動車の国連であり、本部はフランスのパリにある。ユーザーサービスなどは各国の自動車協会が行うので、モータースポーツ関連の国際レベルの調整が主たる役割である。自動車競技規則の制定、車両、サーキットの公認、国際モータースポーツカレンダー制定、国際競技者ライセンスの発給など、モータースポーツにかかわる幅広い調整統括機能を有す。FI...
  • VFD
  • -vacuum fluorescent display
蛍光表示管。電子ディスプレイのひとつとして、デジタルメーター、デジタルクロックおよびオーディオ機器などに使用されている。構造は直熱形の3極真空管構造のものが一般的であり、フィラメントから放射された熱電子を表示すべきパターンに塗布された、蛍光体膜からなるアーノードに衝突発光させ、希望のパターンを表示することができる。アーノードに塗布された蛍光体により、発光色が選択可能である。
  • SS4Ⅱ
  • -super select 4WD-Ⅱ
三菱のSS4(スーパーセレクト4WD)の改良型で、1999年パジェロに採用された4WDシステム。切替えモードはSS4と同じであるが、切替え操作が手動から電動モーターになった。4Hモードではセンターデフのトルク配分が33:67になり、差動制限にはビスカスを採用した。
  • CVS
  • -constant volume sampler
定容積採取装置。ルーツブロワーによる一定流量気体吸引装置で、排ガス測定に用いる。排気の流量が少ないときには空気を多く吸い込み、逆に排気が多い場合は空気の吸引が少なくなる。この吸引された空気と排気の混合ガスの一部をバッグに採取し、その濃度と吸引した混合ガスの重量から有害廃棄成分の質量を求める。
  • ECE
  • -Economic Commission for Europe
欧州経済委員会。国連の経済社会理事会を構成する5つの地域経済委員会のひとつ。ECE規則は、欧州経済委員会のTRANS(内陸運輸委員会)を構成する3つの作業部会(SC1~3)のうち、SC1のもとにあるWP29部会が、6つのGR分科会から上程されてくる草案を審議して制定される。
  • ATTS
  • -active torque transfer system
左右駆動配分システム。1996年ホンダ・プレリュードに搭載され、前輪駆動車ベースで左右輪に駆動力を配分するヨーモーメントコントロールユニット(MCU)をもち、車両の旋回性能を向上するものである。MCUは3連プラネタリーと2組の湿式クラッチをもち、駆動力配分比は、最大80:20まで可能である。
  • PF
  • -phenol formaldehyde resin
フェノール樹脂。フェノールとホルムアルデヒドとを、酸またはアルカリを触媒として付加縮合して得られる熱硬化性樹脂。ベークライトの商品名で知られる。
  • AECD
  • -auxiliary emission control device
排出ガス制御補助装置。アメリカの認証用語で、クルマの速度やエンジン回転数、変速機段数、吸気温度および吸気管負圧など、排出ガス対策システムの作動に必要なパラメーターを検知する設計要素をいう。具体的なAECD部品には、バキュームコントロールバルブ、サーモスタットやバイメタルを使ったバキュームスイッチバルブなどが該当する。
  • JASO
  • -Japanese Automobile Standard Organization
JSAE(日本自動車技術会)が団体規格として制定している自動車や、その関連部品の技術仕様などを定めた規格をいう。JSAEは、自動車に関する学術、技術の進歩発展をはかるなどを目的にISO規格やJISの制定審議にも参画しており、JASO規格は、ISOやJISなどの規格と整合化がはかられている。
ブレーキおよび走行装置分科会。ECE(国連・欧州経済委員会)のもと、WP29部会の下部組織のひとつで、ブレーキなどに関する法規の改定案などを討議する会議体をいう。各国政府機関に加え、OCIA(国際自動車会議所)など民間の専門家がオブザーバーで参加している。旧称のGRFおよびGRPN(空気入りタイヤ分科会)が統合されたもの。
  • HC
  • -hydrocarbon
炭化水素。炭素と水素の化合物の総称。エンジンの排気中に含まれているHC(炭化水素)は、未燃焼燃料がほとんどで、高空でこれとNOx(窒素酸化物)とが太陽の紫外線で光学反応を起こし、過酸化物をつくる。HCは光化学スモッグの原因である。
欧州共同体自動車製造者連盟。EC内の民族系メーカーで構成する業界団体だったが、1991年にプジョー以外のメーカーが脱退し、アメリカ系フォード、GMを加えてACEA(欧州自動車製造者協会)が設立された。残ったプジョーも94年にACEAに加わり、CCMCは欧州自動車工業会の旧称となった。
  • ACCUS
  • -Automobile Competition Committee for the United States
アメリカ自動車競技委員会。アメリカのASNとして、FIA(国際自動車連盟)に加盟し、同国のモータースポーツ活動を統括する組織。その下部にUSAC(IRLシリーズ戦開催)、NASCAR(ストックカーレース開催)、SCCA(スポーツカーロードレース開催)、IMSA(GTなどを開催)、NHRA(ドラッグレース開催)、CART(チャンプカーによるシリーズ戦開催)などの独立組織がある。
  • IGES
  • -initial graphics exchange specification
異なるCAD、CAMシステム間で、形状データの交換を行うための標準規格の名称で、一般的にはアイジェスと呼ぶ。CADデータの交換用としてもっとも広く使用されている。一方、CADの普及につれて1GESファイルが大きくなり、データ交換に時間がかかる点や、CAD、CAMシステムの高度化に対応できていないなど問題点も顕在化している。
  • ACT-4
  • -electronic controlled active torque split type 4WD
もとはスバルの商品名であったが、今では前後輪トルクを電子制御してトルク配分する4WD車を意味している。4WD車の前後輪どちらかをエンジンと直結にし(スバルは前輪)、もう一方は油圧クラッチで駆動し、伝達トルクを電子制御する4WDシステムである。
  • TEA-21
  • -transportation equity act of the 21 st century
アメリカISTEAの後継法として1998年に成立、2003年までのITS予算を確定した法律。通常の道路基盤整備事業のなかにITSインフラの配備ができるようになった。
  • SS4-i
  • -super select 4WD-i
三菱の1998年パジェロジュニアに採用された4WDシステムの呼び名。SS4と同じトランスファーレバーのポジションをもつが、4Hのポジションがセンターデフの代わりにビスカスカップリング式4WDになっており、構造を簡素化したものである。
387件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る