MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

大車林の「欧文略語」のキーワード387件


国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動車の国連であり、本部はフランスのパリにある。ユーザーサービスなどは各国の自動車協会が行うので、モータースポーツ関連の国際レベルの調整が主たる役割である。自動車競技規則の制定、車両、サーキットの公認、国際モータースポーツカレンダー制定、国際競技者ライセンスの発給など、モータースポーツにかかわる幅広い調整統括機能を有す。FI...
  • AAM
  • -Alliance of Automobile Manufacturers
アメリカ自動車製造者同盟。現在、アメリカで生産、販売している自動車メーカーで構成する業界団体で、1999年1月に新たに発足した、アメリカを代表する自動車工業会である。AAMには国外のメーカーのフォルクスワーゲン、トヨタなどが正会員に、また、BMW、マツダなどが準会員に入っている。
  • FF
  • -front engine, front wheel drive
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい路面で、前輪が外側にふくらむ傾向はあるが走行はできる。プロペラシャフトはなく、デフは変速機と一体化され軽量コンパクト化がはかられる。前輪荷重が大きくタイヤの摩耗は大きい。
  • RF
  • -reinforced fiber
強化繊維。プラスチック系複合材料(FRP)に用いられる強化材のこと。材料はガラス、カーボン、アラミド、ポリエチレン、ボロン、アルミナ、炭化けい素、金属などがある。高度な軽量化として自動車、宇宙、航空、スポーツ用品などに使われる。
  • ADR
  • -Australian design rule
オーストラリア設計規則。オーストラリアにおけるクルマの構造や性能などについて規定した連邦法規をいう。ADRは一連番号で表され、2003年3月で83番まで制定されている。例えば、ADR34チャイルドシートなどがある。なお、ADRは日本と同様にECE(欧州経済委員会)規則との調和が進められている。
国連・欧州統一法規であるECE規則や、EUにおけるEC指令のなかで定義づけられている車両カテゴリーのひとつで、貨物の輸送に用いられるクルマのなかでもGVWが3.5t以下のものをいう。また、GVWが3.5tを超え、12t以下のクルマはN2になり、GVWが12tを超えるクルマはN3に分類される。
  • UTMS21
  • -next generation universal traffic management systems
次世代交通管理システム。1993年に発足したUTMSに、97年、新たに2つのサブシステムを加えて充実、発展を目指したもの。その後、98年にさらに3つを追加して合計10のサブシステムとして活動を進めている。
アメリカのJDパワー社。CS(顧客満足度)に関する調査、コンサルティング・マーケティング情報サービスの国際的な専門機関。自動車、IT、金融、トラベル関連、サービス産業ほかさまざまな業界が対象。自動車のおもな調査内容は新車品質調査(IQS)、お客様満足度(CSI)、販売満足度(SSI)がある。
  • AF
  • -audio frequency
可聴周波数。正常な聴力の人が聞くことができる周波数範囲のことで、20Hz~20kHzとされている。自動車で扱われる騒音の周波数範囲は、通常20Hz~十数kHzが主である。
  • VFD
  • -vacuum fluorescent display
蛍光表示管。電子ディスプレイのひとつとして、デジタルメーター、デジタルクロックおよびオーディオ機器などに使用されている。構造は直熱形の3極真空管構造のものが一般的であり、フィラメントから放射された熱電子を表示すべきパターンに塗布された、蛍光体膜からなるアーノードに衝突発光させ、希望のパターンを表示することができる。アーノードに塗布された蛍光体により、発光色が選択可能である。
  • DESC
  • -direct electronic shift control
マツダ・ファミリアのATクラッチ圧制御を、従来のアキュムレーター式からデューティーソレノイドで独立、かつ直接に電子制御するものである。変速時にひとつのクラッチを解放し、もうひとつを締結するクラッチ・トゥ・クラッチ制御が可能となり、滑らかで歯切れのいい変速にした。
Multi Purpose Vehicleの頭文字で、これは固有名詞ではなく一般名詞だが、この場合はマツダのRV車の車名を指す。1990年1月に初代モデルを発売した。3列シートを備え、定員7名。フラットフロアでウォークスルーができた。アメリカのミニバン市場で実績を収めたモデルのため、ホイールベース2805mm、全長4465mm、全幅1825mm、全高1745mmとビッグだった。エンジンはV6・3L・SOHC・18バルブで155ps、後輪を駆動した。本革シート、デ...
  • GHG
  • -greenhouse gases
温室効果ガス。地球温暖化の原因となるCO2(二酸化炭素)、CH4(メタン)、N2O(亜酸化窒素)、フロンなどをいう。
  • CACS
  • -comprehensive automobile traffic control system
自動車総合管制システム
  • HELPNET
  • -emergency notification system
緊急通報システム。一般にヘルプネットと呼ぶ。事故や急病などの緊急時、自車位置などの情報を自動または手動のへルプボタンで即座に通報するITS利用の緊急通報システムをいう。
  • ECE
  • -Economic Commission for Europe
欧州経済委員会。国連の経済社会理事会を構成する5つの地域経済委員会のひとつ。ECE規則は、欧州経済委員会のTRANS(内陸運輸委員会)を構成する3つの作業部会(SC1~3)のうち、SC1のもとにあるWP29部会が、6つのGR分科会から上程されてくる草案を審議して制定される。
  • PVC
  • -polyvinyl chloride
塩化ビニール樹脂。比較的硬いが可塑剤を配合すると軟化し、弾性が出る。透明性や難燃性がよく、誘電率が大きく高周波溶着ができる。コストが安く、ハーネス被覆、レザー、シート、床タイルなどに便われている。最近は健康被害の観点でPVC廃止の傾向にある。
  • AAV
  • -anti-afterburn valve
エンジンの急全閉減速時に発生するアフターバーンを防止するために、スロットルバルブを閉じたときに、エンジンにー定時間空気を供給するバルブ。キャブレーター式エンジンで多く使われた。
  • IR
  • -isoprene rubber
イソプレンゴム。天然ゴムとよく似た性質をもち、タイヤゴムブレンド用として用いられている。
  • EMAS
  • -eco-management and audit scheme
欧州連合の環境管理監査スキーム。EU(欧州連合)の環境管理(環境マネジメント)・監査の制度のこと。環境マネジメントシステムのなかで、自主的な環境管理に関する計画などの実行状況の点検作業を環境監査と呼ぶ。日本ではISOの決定を受けて、環境マネジメントシステムおよび環境監査について1996年にJIS規格として制定されている。
387件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る