MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

振動減衰

【vibration damping】

このエントリーをはてなブックマークに追加
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばねと質量のみによる振動系に、減哀を付加すると振幅は減少する。この振幅減少は、振動エネルギーが熱エネルギーに変わり消費されることによるものである。自動車で意図的に付加される減衰としては、路面の凹凸による車体のピッチング・バウンシング振動を抑えるために使われるショックアブソーバーや、フロアなど、広い鉄板の共振を抑えるために貼り付けられる制振材など多種類のものがある。減衰は付加されるものだけでなく、構造体そのものの内部にもあり、減衰が大きい樹脂材料の構造体への使用、制振合金の実用化などがなされている。 -大車林

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
ムーニー粘度
ムーニー粘度計(ムーニービスコメーター)を用いて測定した未加硫ゴムの粘性の値を...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る