【動画モトチャンプTV】ホンダ・モンキーのボアアップキットの組み方をやさしく解説|腰上分解編

Youtubeで無料配信しているモトチャンプTVには、懐かしくも役に立つ動画がラインナップされている。特にエンジンのメンテナンスやチューニングのノウハウが紹介されている動画は必見の内容だ。今回はホンダ・モンキーに乗る人なら一度は考えるだろうボアアップキットの組み込み方が解説された動画を紹介しよう。
紹介するのはキタコの技術開発部に所属する矢追さん。

モンキーなどの4MINIユーザーなら考えない人はいないといってもいいくらい、王道のチューニングが排気量アップだ。特にボアアップはピストンとシリンダーを交換するだけなので、手間も費用も少なくて済む。だったら自分でチャレンジしてみようと考える人も多い。そこで役に立つのがこの動画「ホンダ・モンキー ボアアップキット組付〜腰上分解編」なのだ。Youtube内のモトチャンプTVには「まるちビデオ傑作選」というアーカイブ集がある。ここにはモトチャンプが過去に発売したDVDなどから抜粋した動画が揃っているのだ。

エンジンの分解

分解スタート!

それでは早速、動画を見てみよう。まず車載状態ではないものの専用ジグに載せた状態でホンダ・モンキーのエンジンを分解するところから始まる。簡単だからとスパークプラグや各カバー類の取り外し工程を省くことなく、丁寧に解説されている。

シリンダーを外す。

ヘッドを外したら次に待っているのがシリンダーの取り外し。ここではカムチェーンの扱い方やノックピンの場所なども解説されているので、動画と同じ手順で作業すれば誰でもできる。

ピストンを外す。

難しいように思えるピストンの取り外し方法だが、動画を見れば一目瞭然だし特別難しいわけではないと理解してもらえるだろう。養生用のウエスを併用することもしっかり教えてくれる。

ボアアップキットのピストンとピストンリングにピストンピン。

キタコの矢追さんが登場しているように、今回の作業で使用するのはキタコ製の88ccキット。キットに含まれているピストンと周囲のパーツたちも画像とともに紹介している。

ボアアップキットの組み付け

キットのピストンを組む。
シリンダーを組み付ける。

ボアアップキットのピストンを装着したら、こちらもキットに含まれているシリンダーを装着する。ピストンのサイズが違うことや放熱性を向上させるため、キットのシリンダーは純正より大きいものになっている。どれくらい違うのかは動画で確認できる。

各種組み付けには規定トルクがある。

たとえ腰上だけだとしても、エンジンを組み付けるためにはボルトやナットの規定トルクがわからなければ正確な作業が行えない。この動画には各種規定トルクが明記されているので、整備書がなくても作業できる親切な内容になっている。

キットと純正のポート形状。

組み付けるボアアップキットのシリンダーヘッドは、素材や製法だけでなく吸排気ポートなどの形状も変更されている。これによりパワーアップが実現するのだが、どうしてなのかは動画で解説されている。

ハイカムシャフトを組み付ける。

ボアアップキットには吸気効率を変更するハイカムシャフトも含まれている。専用のカムプロフィールを採用することでパワー特性を純正から変更しているのだ。動画内ではハイカムやカムプロフィールといった用語についても解説されている。

難関のバルブタイミング調整。

エンジンを組み付ける時に一番肝心な作業ともいえるのが、バルブタイミングの調整だ。ここがズレていると、せっかくボアアップしてもパワーアップにつながらないどころかトラブルの原因にもなる。難しそうだが動画を見れば誰でも作業できるように解説されている。

バルブクリアランス調整。

最後にバルブクリアランスを調整すればエンジン腰上の組み付けは完了だ。バルブクリアランスとは吸排気バルブを作動させるロッカーアームとの当たり面にある隙間のこと。この隙間を正規の数値に合わせることもエンジンを組むうえで非常に重要なポイント。動画ではクリアランス調整の方法や規定隙間も紹介されている。

いかがだろう、記事内では駆け足でのダイジェスト解説となっているが、動画ではおよそ22分にわたって作業が行われているので、初めての組み付けにも役立ってくれるはずだ。

著者プロフィール

増田満 近影

増田満

小学生時代にスーパーカーブームが巻き起こり後楽園球場へ足を運んだ世代。大学卒業後は自動車雑誌編集部…