アプリリア・トゥオーノ660試乗|見た目とは裏腹に足代わりに使える懐の広さを感じました。

イタリア語で「雷鳴」を意味する“TUONO”のミドルサイズモデル。ホットなスーパースポーツとして定評のあるRS660と基本は共通のネイキッドスポーツである。

REPORT●近田 茂(CHIKATA Shigeru)
PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)
取材協力●ピアッジオグループジャパン株式会社

ディテール解説

一見レーサーレプリカを思わせるフロントマスクが印象的。RS660より高い位置にマウントされたパイプバーハンドルがTUONOの特徴。

倒立式フロントフォークはφ41mmのKYB製、ストロークは110mm。ダブルディスクブレーキはφ320mmのフローティングローターにブレンボ製対向4ピストンの油圧キャリパーをラジアルマウント。

APRC(アプリリア・パワー・ライド・コントロール)電子制御システムを搭載した水冷DOHC4バルブのツインエンジンは、逞しいハイパフォーマンスを発揮する。

三角断面形状に見えるショートマフラー。左右非対称のデザインで排気口は左側にも存在する。

アルミ製スイングアームにリンクを持たないモノショックをマッチしたリヤサスペンション。130mmのホイールトラベルを稼ぐ。

φ220mmのシングルディスクブレーキには、ブレンボ製対向2ピストンの油圧キャリパーを装備。タイヤはピレリ製DIABLO ROSSO CORSA II。

フラットバーに近いテーパードタイプのブラック・パイプバーハンドルを装備。

ハンドル左側スイッチ。中央部はメーター表示の切り替え等に使う。手前は下がホーンとウインカー。向こう側に人差し指で扱うディマー&パッシング。そして上面にはクルーズコントロールスイッチがある。
ハンドル右側のスイッチは縦一列に3つ。上はヘッドライトスイッチ。コントラストの強いライン状のデイタイム・ランニング・ライトは常時点灯する。

カラーのTFT(薄膜トランジスタ液晶)ディスプレイを採用した多機能メーター。ご覧の通り、デジタル速度計やギヤポジションインジケーターは文字が大きく見やすい。棒グラフ表示の回転計は200rpm刻みの12,000rpmスケール。レッドゾーンは11,500rpmからだ。

段差のあるダブルシートには、ツートーンカラーのセパレートクッションが採用されている。

後席クッションを取り外すとフラットなシートベースが現れ、オプションのシートバック搭載に対応できる。
前席クッションの下には少しの収納スペースがある。後方のヒューズボックスへのアクセスも簡単だ。

テールエンドはライセンスプレートステーもランプデザインもシャープなフィニッシュを魅せる。

主要諸元

TUONO 660
エンジン:4ストローク 水冷並列2気筒 DOHC 4バルブ
総排気量(cc):659
ボア × ストローク(mm):81 × 63.93
圧縮比:13.5:1
最高出力(HP/rpm):95(70kW) / 10,500
最大トルク(Nm/rpm):67.0(6.83kgm) / 8,500
燃料供給方式:電子制御燃料噴射システム、Φ48mm ツインスロットルボディ ライド・バイ・ワイヤ エンジンマネージメントシステム
点火方式:電子制御イグニッションシステム
潤滑方式:ウェットサンプ
始動方式:セルフ式
トランスミッション:6速(クイックシフトシステムをオプション設定)
クラッチ:湿式多板クラッチ、機械式スリッパ―システム付

フレーム:ダブルビームアルミ製
サスペンション(前/後):KYB製テレスコピック倒立フォーク Φ41mm リバウンド、スプリングプリロードアジャスタブル / アルミニウム製スウィングアーム モノショックアブソーバー リバウンド、スプリングプリロードアジャスタブル 
ホイールトラベル(前/後mm):110/130
ブレーキ(前/後):φ320mm デュアルディスク、ブレンボ製ラジアルマウント φ32mm対向4ピストンキャリパー ラジアルマスターシリンダー、メタルメッシュホース/φ220mm ディスク、 ブレンボ製φ34mm2ピストン、メタルメッシュホース
ABS:コーナリングABS機能をオプション設定
ホイール(前/後):3.5Jx17 / 5.5Jx17 軽量アルミホイール
タイヤ(前/後):120/70 ZR-17チューブレス ラジアル /180/55 ZR-17チューブレス ラジアル

全長/全幅(mm):1,995 / 745
ホイールベース(mm):1,370
シート高(mm):820
車両重量(kg):183
乾燥重量(kg):169
燃料タンク容量(L):15
環境基準:Euro 5
燃料消費率(L/100km):4.9(20.4km/L)

試乗後の一言!

時にダイナミックなパフォーマンスを堪能!心も元気よくスポーツ走行が楽しめる。

著者プロフィール

近田 茂 近影

近田 茂

1953年東京生まれ。1976年日本大学法学部卒業、株式会社三栄書房(現・三栄)に入社しモト・ライダー誌の…