HVシステムやバッテリーを含めた延長保証サービスを開始

ラ フェラーリのオーナーに朗報! スペチアーレに前例のない延長保証プログラムが誕生

ラ フェラーリ専用の延長保証プログラムが登場
ラ フェラーリ専用の延長保証プログラムが登場。
フェラーリが2013年に投入した高性能ハイブリッドマシン、ラ フェラーリ及びラ フェラーリ アペルタに、2年更新の延長保証プログラムが登場した。ハイブリッドシステム、高電圧バッテリーまで含めて保証するサービスとなっており、1年間の定期メンテナンスも付帯。限定生産のスペチアーレモデルにこのような延長保証が適用されるのはフェラーリ初となる。

「ザ フェラーリ」がいまも特別である証

288GTO、F40、F50、エンツォ フェラーリに続くスペチアーレ(限定生産車)として2013年に鳴り物入りで登場した「ラ フェラーリ」。V型12気筒エンジンに独自のハイブリッドシステム、HY-KERSを組み合わせ、システムトータルで963psの出力を発生する凄まじいハイパースポーツとして登場した。

生産された台数はベルリネッタが499台+1台、オープン版のアペルタが209台+1台(それぞれの「+1台」は、チャリティオークション向けの個体として特別に誂えられた)。英語で「ザ フェラーリ」を意味する、マラネッロ渾身のスペチアーレはいまも特別な1台であり、今回フェラーリが特例ともいえる延長保証プログラムを導入したこともその証といえる。

1年ごとの定期メンテナンスも実施

ラ フェラーリ、ラ フェラーリ アペルタ向けに新たに設定する延長保証サービス「ラ フェラーリ パワー(LaFerrari Power)」は、2年更新のプログラム。限定生産のスーパーカーに、このようなメニューを設けるのはフェラーリ初の試みだ。

「ラ フェラーリ パワー」は基準に適合した車両であれば、製造年に関係なくフェラーリ正規ディーラーでの申し込みが可能。ハイブリッドのHY-KERSシステムや高電圧バッテリーまで含めた延長保証を利用することができる。また、サービス内には1年ごとの定期メンテナンスも含まれる。

フェラーリは2011年より、すべての新車オーナーに7年間の無料定期メンテナンスを実施している。10年の節目となるタイミングで導入した新たなサービス「ラ フェラーリ パワー」も、「カスタマーサービスで業界全体に新たなスタンダードを打ち立て続けるフェラーリの姿勢」を示すものだという。同社は、“フェラーリ=安心して乗れる”というコミットメントをさらに強く打ち出していく。

著者プロフィール

三代やよい 近影

三代やよい

東京生まれ。青山学院女子短期大学英米文学科卒業後、自動車メーカー広報部勤務。編集プロダクション…