カスタマー向けレーシングカー「アストンマーティン ヴァンテージ GT4」を正式発表

すでに40台以上のバックオーダーを抱える最新GT4カテゴリーマシン「アストンマーティン ヴァンテージ GT4」登場

「アストンマーティン ヴァンテージ GT4」のエクステリア。
1月のデイトナ24時間レースにテスト参戦した「アストンマーティン ヴァンテージ GT4」が正式デビューを飾った。
アストンマーティンは、先日ワールドプレミアされた新型ヴァンテージをベースに開発されたカスタマー向けレーシングカー「ヴァンテージ GT4」を正式発表した。先に発表されたヴァンテージ GT3と同時開発されており、先代からエアロダイナミクスとクーリング性能が大幅な進化を果たしている。

Aston Martin Vantage GT4

2024年から世界中のGTレースに投入

「アストンマーティン ヴァンテージ GT4」のコクピット。
新型ヴァンテージ GT4のコクピット。ヴァンテージ GT4は、世界中に40以上存在するアストンマーティンのパートナーチームに供給され、2024年シーズンから実戦に投入される。

アストンマーティンは、ヴァンテージのロードカー、ヴァンテージ GT3に続き、新型ヴァンテージ GT4を発表した。カスタマーレーシングチーム、ジェントルマンドライバー、トラックカーを求めるエンスージアストをターゲットとする、ヴァンテージ GT4の投入により、F1を頂点とするアストンマーティンのモータースポーツヒエラルキーが完成したかたちだ。

新型ヴァンテージ GT4は、成功を収めた先代ヴァンテージ GT4をベースに開発。世界中を舞台に開催されている様々なGTレースに2024年シーズンから参戦することができる。新型ヴァンテージに施された様々な改良点の恩恵をヴァンテージ GT4も受けており、シャシー、エアロダイナミクス、ドライブトレイン、クーリング、効率性など、その改良メニューは多岐に及ぶ。

アストンマーティンのチーフブランド・コマーシャル・オフィサーを務めるマルコ・マティアッチは、新たに加わったヴァンテージ GT4について次のようにコメントした。

 「新型ヴァンテージ GT4は、勝者となるために開発されました。センセーショナルな新型ヴァンテージ ロードカーに見られる大幅な性能向上の恩恵を受け、さらにヴァンテージ GT3と並行して開発されています。クラスをリードするパワーとテクノロジーは、サーキットで必ずアドバンテージとなるでしょう」

「また、新型ヴァンテージ GT4の導入により、アストンマーティンのパートナーチームとさらに深い関係を築くことができます。現在、世界中のGTレースにおいて40を超えるパートナーチームが積極的にシリーズ参戦を続けています。その多くは複数台・複数クラスのプログラムを展開しているのです」

80%以上をヴァンテージ市販仕様と共有

ヴァンテージ GT4は、先日発表されたヴァンテージの市販仕様とコンポーネントの80%を共用しており、その進化の恩恵を受けることになった。
ヴァンテージ GT4は、先日発表されたヴァンテージの市販仕様とコンポーネントの80%を共用しており、その進化の恩恵を受けることになった。

ヴァンテージ GT4も、ヴァンテージ GT3と同様にアストンマーティン・レーシング(AMR)によって設計・開発・製造される。2005年のDBR9以来、AMRは市販車ベースのアストンマーティン製GTレーシングカーを手がけており、この貴重な経験の蓄積とバックボーンが、ヴァンテージ GT4でも活かされている。

アストンマーティンの耐久レース責任者のアダム・カーターは、ヴァンテージ GT4について「新型ヴァンテージ GT4は、旧型ヴァンテージ GT4の進化版として開発されました。アストンマーティンのロードカーとレースカーの相乗効果をより緊密にすることで、新型ヴァンテージのロードカーに施された改良点をGT4でも活用し、スピードと効率性を大幅に向上させています」と説明する。

ヴァンテージ GT4はヴァンテージのロードカーと、構造/メカニカルアーキテクチャーの約80%を共有。その中心となっているのが新開発のアルミニウム製シャシーとなり、ボディワークが装着される前に厳しい安全要件をクリアしたフルカスタム仕様のロールケージが組み込まれた。足まわりにはKW社と共同開発した2ウェイ調整式ダンパーも導入されている。

搭載される4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジンは、ロードカー用コンポーネントをベースに開発。電子制御システムを中心にアップデートされ、BoP(性能調整)への対応に加え、パワーアップと信頼性が大幅に向上した。また、トランスミッションはZF製8速ATから、ZF製6速パドルシフト付ギヤボックスに変更されている。

改善されたエアロダイナミクスと冷却性能

「アストンマーティン ヴァンテージ GT4」のエクステリア。
市販モデルに合わせてエアロダイナミクスもアップデートされており、ドラッグを低減し、ダウンフォースが大幅に増加した。また、エンジンやブレーキの冷却性能も向上している。

GT4は、レギュレーションによりロードカーのデザインから大きな変更ができないため、ロードカーの印象を残したエクステリアが完成。空力パッケージの開発には数値流体力学(CFD)を活用しつつ、アストンマーティンのデザイン部門もサポートを行っている。

ボディパネルの大部分はロードカーからキャリーオーバーされているが、エアアウトレット付きボンネットは天然複合材製が奢られた。また、フロントスプリッターを大型化、新形状の大型リヤウイングを装着しており、先代ヴァンテージ GT4からドラッグが低下し、ダウンフォースも大幅に向上しているという。

エンジンとブレーキシステムへのクーリング対策も重視されており、市販仕様と同様にラジエター開口部を大型化。これにより、エンジンの冷却システム、ブレーキへと送り込まれるエアフローが大幅に増加している。

新型ヴァンテージ GT4は、徹底的な開発プログラムを経て、先月アメリカで開催されたロレックス・デイトナ24時間レースの併催イベント「IMSAミシュラン・パイロット・チャレンジ」でテスト参戦を実施。すでに数台のマシンがカスタマーチームへとデリバリーされており、2024年は40台以上のオーダーを獲得している。

新型「アストンマーティン ヴァンテージ」の走行シーン。

新型「アストンマーティン ヴァンテージ」がワールドプレミア「クラス最強665PSのFRスポーツ誕生」【動画】

アストンマーティンは新型「ヴァンテージ」を公開した。クラス最高の665PSを誇る、4.0リッ…

キーワードで検索する

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部