日産フェアレディZの素性を活かした、GT4仕様がデビュー

待望のカスタマーレーシングカー「Nissan Z GT4」が2023年シーズンから供給スタート【動画】

2023年シーズンから、世界中のGTレースに投入される最新カスタマーレーシングカー「Nissan Z GT4」。
2023年シーズンから、世界中のGTレースに投入される最新カスタマーレーシングカー「Nissan Z GT4」。
日産自動車と日産モータースポーツ&カスタマイズ(NMC)は、「Nissan Z」(日本名:フェアレディZ)をベースとしたカスタマー向けのレース車両「Nissan Z GT4」を発表した。

Nissan Z GT4

激戦のGT4カテゴリーに対する日産からの解答

日産と日産モータースポーツ&カスタマイズが共同開発した、最新カスタマーレーシングカー「Nissan Z GT4」。
マクラーレンやアストンマーティンなど、様々なスポーツカーメーカーがカスタマー向けにレーシングカーを供給する「GT4」規定。日産はフェアレディZをベースにGT4マシンを開発した。

FIA GT4規定は、市販車をベースに開発されたレース車両で行われるモータースポーツカテゴリー。現在、世界中の多くのスポーツカーメーカーが車両供給を行っている。今回、NMCのNISMO Racing事業部が開発した「Nissan Z GT4」は、ベースとなるNissan Zの素性の良さを活かし、走行性能、安全性、耐久性、操作性を高次元でバランスさせた。

2022年6月に開催された「富士24時間レース」などにテスト参戦したプロトタイプ車両をベースに改良を重ね、プロドライバーからジェントルマンドライバーまで、幅広いレベルのドライバーが、総合的に満足できるパフォーマンスを実現したという。

スペックなどの詳細は、2022年11月1~4日にアメリカで開催される「2022 SEMAショー」で発表。車両の供給は2023年シーズンから開始される予定となっている。

「VR30DDTT」の素性を活かしたチューニング

日産と日産モータースポーツ&カスタマイズが共同開発した、最新カスタマーレーシングカー「Nissan Z GT4」。
搭載されるパワーユニットは日産が誇る3.0リッターV型6気筒ターボ「VR30DDTT」。詳しいスペック等は、「2022 SEMAショー」で発表される予定だ。

Nissan Z GT4の開発に際しては、4つのポイントが重視された。第一に、ベースとなった3.0リッターV型6気筒ターボ「VR30DDTT」型エンジンの素性の良さを活かしたエンジンチューニング。第二に、レース用に最適化したシャシーとサスペンション。第三に、レギュレーションの範囲内で最大限の性能向上を図ったエアロダイナミクス。そして、最後に居住性、操作性を最適化したコクピットの実現となっている。

日産のアシュワニ・グプタ代表執行役最高執行責任者は、Nissan Z GT4について次のようにコメントした。

「日産にとってモータースポーツとは、私たちの飽くなき情熱と比類なき専門性を表現するものです。そして『Z』はダイナミックなドライビングとパワートレインにより、ドライバーを魅了するエキサイティングなスポーツカーとしての地位を確率しています。このGT4カテゴリーに対応した『Z』が、50年以上にわたる日産『Z』の速さの伝説に、新たな一章を刻むことになると確信しています」

Nissan Z GT4を動画でチェック!

先にデビューしたBMW M4 GT3と、BMW M社の公式カラーリングを纏って公開された新型「BMW M4 GT4」。

BMW M4 GT4、アメリカでワールドプレミア! 最高出力550psを発揮するカスタマー向けレーシングカーの大本命

BMW Mモータースポーツは、6月18〜19日にアメリカのバージニア・インターナショナル・レ…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部