ブラックで統一された限定バイク「アリエル エース ブラックエディション」

英国アリエルが5台限定の異形のバイク「エース ブラックエディション」をワールドプレミア

他にはない独自のアピアランスを持つ「アリエル エース」をベースに、エクステリアをブラックで統一した「アリエル エース ブラックエディション」。
他にはない独自のアピアランスを持つ「アリエル エース」をベースに、エクステリアをブラックで統一した「アリエル エース ブラックエディション」。
英国サマセット州クルーカーンを拠点とするアリエル・モーターカンパニー(Ariel Motor Company)は、わずか5台が限定生産される「エース ブラックエディション」を発表した。このスペシャルエディションは、2022年11月19日から英国バーミンガムで開催される「モーターサイクル・ライブショー(Motorcycle Live Show)」でワールドプレミアされる。

Ariel Ace Black Edition

ブラックサテンカラーのセラコートを採用

「アリエル エース ブラックエディション」のエクステリア。
アリエル独自のアルミニウム製フレームは、航空宇宙産業などで使用されている超微粒子セラミックコーティング「セラコート」仕上げが採用された。

1960年代に破綻した英国のバイクメーカー「アリエル」の名称を引き継ぎ、個性的な2輪・4輪モデルを展開するアリエル・モーターカンパニー。同社が2014年に発表した「エース」は独創定期なフォルムを持ち、ホンダ製1237ccV型4気筒エンジンを搭載するスポーツバイクだ。

今回発表されたエース ブラックエディションは、ブラックサテンカラーのセラコート(Cerakote)仕上げが施されたアルミニウムフレームを採用。超微粒子セラミックコーティングとして開発されたセラコートは、耐摩耗性、耐腐食性、耐薬品性を備えている。主に航空宇宙産業で使用されており、厚さわずか7ミクロン。ハンドメイドで製造されたアリエル独自のアルミフレームと組み合わたことで、美しいエクステリアを実現した。

コンポジット製タンク、ベリーパン、ラジエター・シュラウド、マッドガード、シートパネルはブラック仕上げとなるが、オプションでブラックカーボン製も用意された。シングルシートには、ラゲッジキャリア、アリエル独自のフォールドダウン・フットレストを備えたデュアルシートを追加することもできる。

ホンダ製V型4気筒エンジンを搭載

アリエルが展開する「アトム4(Ariel Atom 4)」や、「ノマド(Ariel Nomad)」と同様、最高出力175PSを発揮するホンダ製1237cc V型4気筒エンジンに、6速ギヤボックスとシャフトドライブが組み合わされた。スイッチャブル・トラクション・コントロールを装備し、0-60mph加速は2.9秒、最高速度265km/hを達成する。

フロントサスペンションは、SHOWA製43mmアジャスタブル・フォークと削り出しクリップオン・ハンドルバー、リヤはプロリンク製片側スイングアームにSHOWA製アジャスタブル・ダンパーを採用。ブレーキは、フロントが320mmフローティングディスクと6ピストン・ラジアルキャリパー、リヤは276mmフローティングディスクと2ピストンスライディングキャリパーが装着されている。

エース ブラックエディションは、アリエルの全製品と同様、1名のテクニシャンが最初から最後までひとりで製造。最終的にフレームにサイン入りのビルダープレートがカウルに配置されるオーダーメイドバイクだ。今回の限定仕様も、ブラック・ガーダフォークやブラック・カーボンホイールなど、リクエストに応じてカスタマイズも可能となっている。

ブラフ・シューペリア AMB 001 プロとアストンマーティン ヴァルキリーAMR プロ。

アストンマーティンによるサーキット専用バイク「AMB 001 プロ」は88台限定生産で即完売

アストンマーティンとブラフ・シューペリア(Brough Superior)は、ハイパースポー…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部