【モントレー・カーウィーク】2代目「メルセデスAMG GT クーペ」デビュー

フラッグシップスポーツ「メルセデスAMG GT クーペ」ワールドプレミア「2+2シートもあり」【動画】

新型「メルセデスAMG GT クーペ」の走行シーン。
2代目へと進化を果たした、フラッグシップスポーツ「メルセデスAMG GT クーペ」。
メルセデスAMGは、モントレー・カーウィークにおいて、2世代目に進化を果たした「メルセデスAMG GT クーペ」を公開した。最高出力585PSを発揮する4.0リッターV型8気筒ツインターボを搭載し、 AMGパフォーマンス4MATIC+を介して4輪を駆動する 。また、オプションで「2+2」シートを導入、日常域での使い勝手が大幅に向上している。

Mercedes-AMG GT 63 4MATIC+ Coupe

最高出力585PSを発揮する4.0リッターV8ビターボを搭載

パワーユニットはAMG製4.0リッターV型8気筒ビターボエンジンを搭載。ハイパフォーマンス仕様のGT 63 4MATIC+ クーペは、最高出力585PS・最大トルク800Nmを発揮する。
パワーユニットはAMG製4.0リッターV型8気筒ビターボエンジンを搭載。ハイパフォーマンス仕様のGT 63 4MATIC+ クーペは、最高出力585PS・最大トルク800Nmを発揮する。

新型メルセデスAMG GT クーペは、ダイナミックなドライビング特性と日常的な使い勝手を兼ね備えた、フラッグシップスポーツとして開発。ハイパフォーマンス仕様の「GT 63 4MATIC+ クーペ」に搭載されるAMG製4.0リッターV型8気筒ビターボエンジンは、最高出力585PS、最大トルク800Nmを発揮。0-100km/h加速が3.2秒、最高速は315km/hというスペックが与えられた。

ベースモデルの「GT 55 4MATIC+ クーペ」は、最高出力476PS、最大トルク700Nmを発揮するAMG製4.0リッターV型8気筒ビターボエンジンを搭載。どちらのモデルも、9速AMGスピードシフトMCTが組み合わせられる。

「AMGアクティブ・ライドコントロール」サスペンション、リヤアクスル・ステアリング、速度域に合わせて機能を発揮するアクティブ・エアロダイナミクスなどを標準装備し、シャープなドライビングフィールを実現。今回、4輪駆動システム「AMGパフォーマンス4MATIC+」を初採用し、その強大なパワーを余すことなく路面へと伝えることが可能になった。

優れた居住空間とラゲッジスペースを確保

新型「メルセデスAMG GT クーペ」のエクステリア。
専用開発したアルミ複合ボディ構造を持つスポーツカー・アーキテクチャーをベースとしたことで、2+2レイアウトや十分な容量のラゲッジスペースを確保することが可能になった。

さらに、AMGが専用開発したアルミ複合ボディ構造を持つスポーツカー・アーキテクチャーをベースに開発され、「2+2」レイアウトが初導入された。このクラスのスポーツカーとしては、非常に優れた居住区間が確保されており、十分な容量のラゲッジスペースも用意されている。

メルセデスAMGのマイケル・シーベCEOは、モントレー・カーウィークにおいてお披露目された新型メルセデスAMG GT クーペについて、次のようにコメントした。

「新型メルセデスAMG GTクーペは、非常にダイナミックなドライビング特性と独特のスポーティさに加え、高いレベルの日常的な快適性を兼ね備えています。新たなディメンション・コンセプトと、オプションで用意された2+2シートにより、私たちはお客様からのご要望にお応えすることになりました」

コンパクトかつ力強いスタンスのエクステリア

新型「メルセデスAMG GT クーペ」のエクステリア。
新たなディメンションを採用したことで、デザイナーはより自由なフォルムを描けることになった。ひと目でメルセデスAMG クーペと分かる、コンパクトかつ力強いスタンスを持つエクステリアを実現した。

新ディメンション・コンセプトは、メルセデスAMGのデザイナーに柔軟性に富んだデザイン空間を与えることになった。ロングホイールベース、ショートオーバーハング、切り立ったウインドスクリーンにより、コンパクトかつ、力強いスタンスを実現。アグレッシブなグリーンハウス、ボリュームのあるホイールアーチ、表情豊かなフロントビューなど、バランスの取れたプロポーションは、日常使いにも適したパワフルなスポーツカーの姿が表現されている。

サイドビューは凹型のドアハンドルを含めて、ビードやエッジを排した滑らかな造形が特徴。リヤショルダー部の表情豊かなフォルムが、スポーツカーとしての魅力をさらに高めている。アクティブ・リヤスポイラーは、大型のテールゲートへとシームレスに組み込まれ、軽量アロイホイールはパワーとダイナミクスを強調する。

ワイドかつ彫りの深いAMG専用ラジエーターグリルは、フロントセクションで圧倒的な存在感を放つ。特徴的な3種類の「ライト・ドット」シグネチャーを備えたデイタイム・ランニングライトが、メルセデスAMG製モデルとしての個性を主張。ブラッシュ仕上げのヘッドライト内部には精密なグラフィックが施されている。

ファストバックのシルエットと大型テールゲートを備えた、コンパクトなグリーンハウスは、アクティブ・リヤスポイラーを採用。水平基調のLEDテールライトは、クリアで精緻なグラフィックを採用。ダークカラーのLEDリヤライトにも立体的な「ライト・ドット」サインにより、ヘッドライトと完璧なマッチングを実現した。テールライトには、ランニング・ライトインジケータ機能と「Coming Home/Leaving Home」アニメーションが標準装備されている。

センターに配置された縦型11.9インチタッチスクリーン

新型「メルセデスAMG GT クーペ」のインテリア。
コクピットの中心に据えられたのは、縦型の11.9インチ・マルチメディアタッチスクリーン。ディスプレイに加えて、静電容量式ディスプレイ・ボタンでも操作が可能となっている。

コクピットの中心に据えられたのは、11.9インチ・マルチメディアタッチスクリーン。縦型ディスプレイは、ナビゲーションシステム使用時に大きなメリットをもたらし、人間工学的な自由度も向上した。LCDスクリーンの鮮やかな視界により、様々なコントロール機能がより操作しやすくなったという。

「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」インフォテインメント・システムは、直感的な操作と高度な学習機能を備えており、5つの異なる表示スタイルを用意。専用の「AMGパフォーマンス」メニューは、様々なアイコンを指でタップするだけで、出力、トルク、全輪駆動の出力配分、タイヤ空気圧や水温などの車両状態まで、幅広いデータを呼び出すことができる。

ドライバーやパッセンジャーは、センターディスプレイ下部に配置されたコントロールバーの静電容量式ディスプレイ・ボタンを介して、オーディオの音量、アシスタンスシステム、車両機能、「コンフォート」から「レース」までのドライビングモードを、操作することも可能だ。

機能性を大幅に向上させる「2+2」シート

新型「メルセデスAMG GT クーペ」のインテリア。
オプションで用意された「2+2」シートは、身長150cmのパッセンジャーに対応。ちょっとした荷物置きなど、日常域における機能性アップにも貢献する。

インテリアデザインは、AMG製スポーツモデルの歴史を巧みにデジタルの世界に変換。高機能マテリアル、職人による匠の技、ディテールへのこだわりが、ライバルとは一線を画すラグジュアリーな室内環境を実現した。

今回、新ディメンジョン・コンセプトの導入により、先代を大きく上回る広く快適な室内空間を確保。オプションとして新たに「2+2」シートも導入された。

身長150cmまでのパッセンジャーに対応するリヤシートは、日常域における機能性が大幅に向上。ハンズフリー・アクセス機能を含む「イージーパック」テールゲートを備えたラゲッジスペースは、スポーツカーの常識を超えた容量を持つ。必要に応じて、分割可倒式リヤシートを倒すことで、ラゲッジルームをさらに拡張することも可能となっている。

メルセデスAMG GT クーペを動画でチェック!

メルセデスAMGは、8月17日に開幕するペブルビーチ・コンクール・デレガンスにおいて、新型「メルセデスAMG GT」をワールドプレミアする。

新型「メルセデスAMG GT」がペブルビーチでワールドプレミア「サイズはどう変わる?」

メルセデス・ベンツは、2023年8月17~20日に開催されるペブルビーチ・コンクール・デレガ…

キーワードで検索する

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部