10月26~29日に「2023 フィナーリ・モンディアーリ・フェラーリ」がムジェロで開催

レーシング・フェラーリの祭典「2023 フィナーリ・モンディアーリ・フェラーリ」がイタリア・ムジェロで開催「499Pと296 GT3も登場」

レーシング・フェラーリの祭典「2023 フェラーリ・モンディアリ・ファイナル」が、イタリアのムジェロ・サーキットで開催される。
レーシング・フェラーリの祭典「2023 フェラーリ・モンディアリ・ファイナル」が、イタリアのムジェロ・サーキットで開催される。
フェラーリは、XX プログラム/F1 クリエンティや、ワンメイクシリーズ「フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ」の最終戦が開催される「2023 フィナーリ・モンディアーリ・フェラーリ(2023 Finali Mondiali Ferrari)」を、10月26〜29日にかけて、イタリアのムジェロ・サーキットで開催する。

2023 Finali Mondiali Ferrari

フェラーリ・チャレンジ最終戦に100台が集結

ヨーロッパと北米の最終戦に加えて、ワールドファイナルが開催される「フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ」には、世界中から100台の488 チャレンジ Evoが参戦する。
ヨーロッパと北米の最終戦に加えて、ワールドファイナルが開催される「フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ」には、世界中から100台の488 チャレンジ Evoが参戦する。

昨年イモラで開催されたレーシング・フェラーリの祭典から1年、2023年のフィナーリ・モンディアーリ・フェラーリは、イタリア・トスカーナ州のアウトドローモ・インテルナツィオナーレ・デル・ムジェロで開催される。今年のイベントには、耐久レースの最高峰に復帰し、ル・マン24時間レースを制したフェラーリ 499Pが母国サーキットに凱旋する。

ワンメイクシリーズ「フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ」最終戦には、世界中から100台ものフェラーリ 488 チャレンジ Evoが集結。さらに、フェラーリでレースやサーキット走行を楽しむオーナーのためのプログラム「XX プログラム」と「F1 クリエンティ」も開催され、フェラーリ FXXやフェラーリ 599 XXといったサーキット専用モデルが57台、個人所有のF1マシンは19台も登場する。

過去30年間に登場したGTレーシングカーが参加できる「クラブ・コンペティツィオーニGT(Club Competizioni GT)」には、39台の市販派生モデルに加え、このプログラムのために特別に製作された488 GT モディフィカータの参加も決まっている。

ル・マンを制した499Pをパドックに展示

今年のル・マン24時間レースを制したフェラーリの最新ハイパーカー「499P」と、最新GT3「296 GT3」がパドックに展示される。
今年のル・マン24時間レースを制したフェラーリの最新ハイパーカー「499P(写真)」と、最新GT3「296 GT3」がパドックに展示される。

例年通り、フィナーリ・モンディアーリ・フェラーリでは、フェラーリの現行ラインナップ全てを展示。また、2023年はニュルブルク24時間レースと、ル・マン24時間レースというクラシックレースで二冠を獲得したことを受けて、昨年のフィナーリ・モンディアーリ・フェラーリで公開された「499P」と、最新カスタマー向けGTレーシングカー「296 GT3」がパドックに展示される。

フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ・ヨーロッパ、フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ・ノースアメリカの最終戦を、26日(木)と27日(金)に実施。世界中のフェラーリ・チャレンジ参戦ドライバーが集結するフィナーリ・モンディアーリの予選は28日(土)、最終的なスターティングリッドを決定するスーパーポールが29日(日)午前に行われ、決勝は29日午後にスタートする予定だ。

イベントは10月27~29日にかけて、芝生席への一般入場が可能。グランドスタンドに関しては28~29日はフェラーリの従業員、27~29日はスクーデリア・フェラーリ・クラブの会員に開放される。

7月1〜2日、フェラーリの祭典「FERRARI RACING DAYS 2023」が富士スピードウェイで開催され、650台以上のフェラーリ、1300名のフェラーリ・オーナーが集結した。

「フェラーリ・レーシング・デイズ 2023」が富士スピードウェイで開催「650台以上のフェラーリと1300名のオーナーが参加」

2023年7月1〜2日、フェラーリ・ジャパンは富士スピードウェイにおいて、フェラーリの祭典「…

キーワードで検索する

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部