「シビックタイプR」が2024年からスーパーGTに参戦!【東京オートサロン2023】

2023年の東京オートサロンにて、ホンダは2024年から国内最高峰モータースポーツカテゴリーであるスーパーGT 500クラスにシビックタイプRで参戦することを発表。同時にシビックタイプRのGTコンセプトを初公開した。はたして5ドア・ハッチバックのGT500マシンのシルエットは予想以上にスーパーGTのレーシングカーとして馴染んでいた。
PHOTO&REPORT:山本晋也(YAMAMOTO Shinya)

「シビックタイプR」が国内最高峰レースに参戦!

2023年1月13日に開幕した「東京オートサロン」において、ホンダが2024年からのスーパーGT500クラスに「シビックタイプR」で参戦することを発表したことが話題となっている。

国内最高峰のツーリングカーレースであるスーパーGTは、メーカーのスポーツイメージを培うカテゴリー。ホンダは、これまでNSXをモチーフとしたGT500マシンで参戦してきたが、2024年からはシビックタイプRに変更するというわけだ。

NSXが生産終了となったいま、ホンダのスポーツ・フラッグシップモデルがシビックタイプRであることに異論はないが、それでもシビックという5ドアハッチバックボディをGTマシンに変身させるというのは、いくらなんでも難しいのではないかということでスタイリングのまとまりを心配する声もあるようだ。

東京オートサロンでお披露目された、レーシングカーの方向性を示す「シビックタイプR GTコンセプト」は、そうした心配を吹き飛ばしてくれる出来栄えだった。

展示されたのは、ホンダのモータースポーツ活動全般をカバーするHRC(ホンダ・レーシング)で開発中のコンセプトモデル。

リヤドアも残っているが気にならない

ご存知のようにスーパーGTのGT500マシンは、トヨタ・日産そしてホンダの3メーカーで共通シャシーとなっている。構造としてはFRレイアウトで、基本的には2ドアクーペのボディを組み合わせるようなデザインとなっている。

そうした知識を持っている人ほど、5ドア・ハッチバックのシビックタイプRは合わないだろう、という先入観を持ってしまうのだろうが、それは完全に杞憂であることは、GTコンセプトのスタイルが示している。

5ドアのハッチバックボディを巧みにGTマシンとして成立させている。
GT500クラスの共通シャシーを使っていると思われるシビックタイプR GTコンセプト。

もっともリヤドアはウインドウ部分も閉じられ、完全にダミーとなっている。それでもGTマシンとして違和感ないのは、もともとシビックのボディがクーペ的ななめらかなルーフラインになっているからだろう。

GTコンセプトを見て、あらためて現行シビックがスタイリッシュなフォルムであることを再確認できた。

2022年のスーパー耐久最終戦でデビュー戦ながらクラス2位となったシビックタイプRも展示される。

タイプRを頂点としたリ・ブランディングが期待される

モータースポーツを純粋な競争の場と考えているファンも多いだろうが、ホンダにおいてはモータースポーツはエンジニアを鍛え、量産車にフィードバックする場ともいえる。

シビックタイプRのスーパー耐久マシンには、開発リーダーがステアリングを握るなど、開発とダイレクトにつながっていることは知られている話だ。

スーパーGTのGT500クラスは、レギュレーション的に2.0L 4気筒ターボで競われている。駆動方式がFRとなってしまうのはFF世界最速を重要コンセプトとして掲げるシビックタイプRと相容れない部分もあるが、2.0Lターボという点においては市販車と重なり合う。

レース専用エンジンからダイレクトに量産車へフィードバックがあるというのは正直考えづらいが、量産シビックタイプRの進化にスーパーGTが関連するようなことがあれば、ホンダのスポーツイメージやブランディングに大きく影響するモータースポーツ活動になり、タイプRでのスーパーGT参戦は長く続く活動になってくるかもしれない。

TYPE RのロゴがスーパーGTに登場するのは2024年からとなりそうだ。

著者プロフィール

山本 晋也 近影

山本 晋也

1969年生まれ。2010年代から自動車コラムニストとして執筆活動をしています。過去と未来をつなぐ視点から…