HW ELECTROより中型電気商用車 ELEMO-Lを発表!【東京オートサロン2023】

東京オートサロン2023に登場した、HW ELECTROというメーカー。これは、日本の新しい電気商用車メーカーだ。先に小型のELEMO、軽規格のELEMO-Kをラインアップしていたが、中型モデルとしてELEMO-Lを登場させた。果たして、どんなモデルなのだろうか。

ハイエースクラスの電気商用車現る

今回のELEMO-Lは左ハンドル仕様。リヤサイドには、上下分割式の跳ね上げドアを採用。

日本の電気商用車メーカーであるHW ELECTROから、1ナンバーサイズの商用車「ELEMO-L」(エレモ-エル)が東京オートサロン2023の会場で発表された。

HW ELECTROは「環境問題」と「社会貢献」の視点から「The Essential Piece of Mobility(人に、社会に、不可欠なピースであるために)」をコンセプトとして、小型商用EV車の「ELEMOシリーズ」の製造、販売を行うファブレスメーカー。ファブレスとは製品の製造工場を持たずに、アウトソーシングで生産を行なうメーカーのこと。

ツインヒンジの両開きリヤドアは、270度開けたときもリヤコンビランプがしっかり見える。(車両はプロトタイプ)
2つの液晶パネルを持つ、先進的インテリアも魅力。

これまでHW ELECTROは、2021年4月に輸入小型の電気商用車として国内で初めてナンバーを取得。21年7月24日より「ELEMO」、11月20日より「ELEMO-K」の販売を開始している。

そして今回発表された中型電気商用車「ELEMO-L」は、バン本来の貨物用途にはもちろん、ユーザーの想像力次第で自由に荷室をアレンジ・カスタマイズすることができる。スリーサイズはL5450×W1850×H2050mmと長い。そのため荷室容量は7㎥を誇る。バッテリー容量は43,5kWhで、一充電走行距離は270km。充電時間は急速充電で、残量30%から80%は30分。普通充電で0%から100%は8時間。普通に充電しても夜のうちにはフル充電となる。

カスタマイズで自分の部屋を

グレーのモデルはELEMO-Lのカスタマイズモデル。

同時に会場では、荷室を趣味の部屋として利用するカスタマイズモデルも提案され、その可能性の高さを提案した。それは、まさに走る隠れ家。通常こうしたモデルを開発すると、キャンピングカーをイメージするがここにあるのは自分の部屋だ。当然EVなので、エンジンをかけずに冷暖房も普通に使えるし、本当に快適に部屋として使える。HWEの開発者によると、キャンピングカーを狙うと色々なものを載せたくなってしまう。それこそ部屋ではなく、家を背負ってしまうのた。それをやめたところに、ゆったりとゆとりの空間が生まれた・・ということだ。

会期中はMotor-Fan.jpの幕張分室としても稼働。
エンジンがないので駐車場でも、静かな状態でエアコン完備のオフィスとなる。

ファブレスメーカーとして海外で生産しているために、初期モデルは左ハンドルとなるが、その後は右ハンドルとなる予定。販売時期は初夏を予定し価格は未定だという。

著者プロフィール

松永 大演 近影

松永 大演

他出版社の不採用票を手に、泣きながら三栄書房に駆け込む。重鎮だらけの「モーターファン」編集部で、ロ…