特別仕様車は100台限定! 日産GT-Rの色味を動画で確認!

日産GT-R(R35)MY22、ぐるっと一周!

日産GT-Rの特別仕様車であるPremium edition T-specのリヤから、チーフ・プロダクトスペシャリストの田村宏志さん
日産GT-Rの特別仕様車であるPremium edition T-specのリヤショット。チーフ・プロダクトスペシャリストの田村宏志さんと
14日に発表となったNISSAN GT-R2022年モデルの特別仕様車「NISSAN GT-R Premium edition T-spec」、「NISSAN GT-R Track edition engineered by NISMO T-spec」。特別仕様車のキモである「専用色」は、歴代GT-Rへのオマージュ色だ。特別仕様車の2モデルの抽選申し込みは、本日(15日)より開始。申し込む前に、そのカラーリングを確認だ! ※申込期間は9月29日までの2週間
横浜の日産グローバル本社ギャラリーにて14日に発表された日産GT-R 2022年モデル 特別仕様車T-specの2モデル。左からGT-R(とフェアレディZ)のチーフ・プロダクトスペシャリストである田村宏志さん、そしてアドバンスドデザイン部担当部長・山口勉さん、車両開発主管である川口隆志さん。開発に携わった主要メンバーである3名が登壇

「色の表現」に一番着目してほしい

特別仕様車T-specで一番に着目してもらいたいのは、その「色」の表現です、と開発主査であるチーフ・プロダクトスペシャリストの田村宏志さんは言う。
その色の表現への熱い想いは、別記事でご確認いただくとして、こちらでは、色味の確認をしましょう! 申し込みをするにも、色味は見ておきたいですからね!

というわけで、ぐるっと一周!

まずはNISSAN GT-R Track edition engineered by NISMO T-spec

R34と同じくマルチフレックス顔料を使って再現した今回のミッドナイトパープル。材料の制限がなくなったため、「いかにデザイナーのイメージを具現化できるか」に注力したという。イメージソースはオーロラ。白夜に輝くオーロラは、太陽風の影響を受けて空気自体が発光し光り輝くという現象だが、一方で塗料は光を受けたモノを見ている反射光。開発時には光り輝くモノを反射光で再現するのに苦労したという。とくに、塗料(塗膜)の厚みは10ミクロン~20ミクロン(髪の毛の1/4とか1/5くらい)なため、そのうっすーーーーーーーーーい塗膜で色、しかも発光力を再現することには大変な苦労があったのだとか。「角度を変えながら見るとドラマティックな色の変化を楽しめると思います」ということで、室内灯の下ではありますがぐるっと一周

お次はNISSAN GT-R Premium edition T-spec

状況がまったく違うなかで作り上げた「ミレニアムジェイド」カラーをぐるり一周。グリーンの色調を採用し、静かな中にも存在感のある「洗練された佇まい」を表現している。さらに強い金属管を持ったグレイッシュメタリック仕上げで「GT-Rの存在感」を引きだしている。「当時の色を再現する、と言うととても簡単に聞こえますが、その当時とはクルマを作る状況がまったく異なるなかではある意味新色の開発よりも難しいんです。環境に配慮しつつも、あの色をしっかりと再現できたことは、とても誇らしく思っています」という川口さんの言葉がとても印象的だった。こちらも、角度によってさまざまな表情を魅せてくれました

さぁ! 申し込みに行きましょう!

申込期間は本日9月15日(水)~9月29日(水)の2週間です! 申し込み忘れなきよう!
詳しくは、日産自動車販売店、NHPC(日産ハイパフォーマンスセンター)までお問い合わせください。

きっと、申し込むのはタダだろうから、ワタクシもいまから行ってまいります!

著者プロフィール

生江 凪子 近影

生江 凪子

クルマ酔い防止で車外のクルマを見て育ち、気づいたときには取得した幼稚園免許/保育士資格を使うことな…