【新型ランクル250を新旧比較】プラドが14年ぶりのモデルチェンジ!サイズやエンジンはどう変わった?

8月2日、トヨタのランドクルーザーシリーズに新モデルとなる、新型ランドクルーザー250が発表された。従来のランドクルーザープラドの後続車種となる。プラドから250にネーミングが変更され、新型モデルはどうのように変化したのだろうか?新旧モデルを比較してみよう。

ランドクルーザープラドからネーミングを変えて「250」が誕生!

トヨタの本格SUVである「ランドクルーザープラド」は、ネーミングを「ランドクルーザー250」に変えて、2023年8月2日にフルモデルチェンジを発表した。14年ぶりのフルモデルチェンジとなる。

先代のランドクルーザープラドは、2009年にデビューした4代目だ(150系)となる。2度のマイナーチェンジを行いながら、現在まで高い人気を維持してきたトヨタの最重要モデルの一つだ。そして今回「250」へと進化を遂げた新型ランドクルーザープラドは、「The Land Cruiser : 質実剛健を追求し、お客様の生活と実用を支え、お客様に信頼されるクルマ」を開発コンセプトにフルモデルチェンジを行った。先代モデルからどのように変化したのだろうか?新型ランドクルーザー250の新旧比較をみていこう。

【エクステリア比較】新型レクサスGXと同様に直線基調のスクエアなデザイン

ランクル250は、オフロード走行での機能性を向上させるため、ボンネットは中央を低くして路面を見やすく、両サイドは高くして角の認識を容易にしている。ベルトラインは先代より約30mm下げて路面を見下ろしやすくしている。

エクステリアは兄弟車となる新型レクサスGXと同様に直線基調のスクエアなデザインとなっている。安全なオフ/オンロード走行に貢献するため、低く設計されたカウルとインストルメントパネル上面によって、見通しのいい良好な前方視界を実現。悪路でも路面を見下ろしやすいように、ベルトラインも低く設計されている。また、ランクル伝統のホイールベース数値とし、悪路走破性を圧倒的に向上させる一方、ミラー全幅は従来型以下とし、取り回し性を確保している。

また、高い位置に設定されたヘッドライトや、分割構造のバンパーなど、壊れにくく、仮に壊れても修理しやすい設計を各所に取り入れつつ、より個性的にランクルを楽しめるカスタマイズへの対応しているのが新型モデルの特徴だ。

兄弟車のレクサスGXと共通する直線基調のスクエアなデザインは、カチッとした硬質さと艶やかな曲面の対比シンプルながらもモダンな上質さを追求している。

ボディサイズを比較してみると、

【新型ランドクルーザー250】
全長×全幅×全高:4925mm×1980mm×1870mm
ホイールベース:2850mm

【先代ランドクルーザープラド】
全長×全幅×全高:4825mm×1885mm×1835mm
ホイールベース:2790mm

新型ランドクルーザー250のボディサイズは、先代プラドに比べて大幅に大きくなっており、
全長+100mm、全幅+95mm、全高+20mm、ホイールベース+60mmとなっている。

ランクル300シリーズと同様のラダーフレームであるGA-Fプラットフォームを採用。構造を刷新し、非線形テーラードウェルドブランク、超ハイテンションスチール材を採用することで、軽量化をしつつも強度・高剛性が向上している。

ランドクルーザー300シリーズと同じ、GA-Fプラットフォームを採用することで、
フラッグシップモデルにも負けない程の立派なボディを手に入れることとなった。
また、フレーム剛性+50%向上、車両全体の剛性としては+30%向上している。

ランドクルーザーらしい精悍な顔つきのフロントマスク。ライト類など機能部品を一括りにまとめ、引き締まった印象を強調。フロントバンパーは、破損しやすい角のみを交換することができる。
無駄なコーナーの角を面削ぎ狭い場所での取り回し性の向上。キッチリした面取りで、プロフェッショナルツールを思わせる高精度感を強調している。

【インテリア比較】モダンな内装と、悪路でも安心安全な開けた視界

インテリアは高級・豪華な雰囲気からリアルオフローダーらしい機能性を感じさせるデザインへとシフト。強さと安定感のある空間、水平基調のインストルメントパネルや、様々な環境で運転する時でも迷わず操作がしやすいスイッチ形状を採用するなど、悪路走行時も含めた機能性向上に貢献しています。

直立したAピラーや、低いカウルとインパネ上部、低いベルトラインなど、前方視界と路面確認視野にこだわった側方視界を実現。フィジカルスイッチ類は、あえて機能ごとに異なる形状と操作方法とし、ブラインド操作を容易にしている。

ラゲッジは、大人4人が満足でき必要な物を運べる荷室容量を確保し、従来型の398Lから408Lへと拡大している。

本格オフローダーとしての安全性や、疲れにくさへ繋がる機能性を追求した、シンプルながら上質な車内空間。

【パワートレーン比較】日本仕様のエンジンは先代モデル同様のラインナップ

日本仕様のパワートレインは先代モデルから引き継がれている。写真は先代の2.8L直4ディーゼルターボ。

新型ランドクルーザー250のパワートレーンは全部で5種類が用意されているが、日本仕様は2種類となる。2.7L直列4気筒ガソリンと、2.8L直4ディーゼルターボが設定され、先代モデルと同様のラインナップとなる。トランスミッションは新開発の8速ATを組み合わせ、2.8L直4ディーゼルターボは中高速域の加速性能が向上した。

また、電動パワーステアリング(EPS)を採用し、キックバックによるハンドル取られを低減や、街なかでの低速時の取り回し性向上など、オフロードでもオンロードでも操縦のしやすさと疲れないステアリングフィールを実現している。

新型ランドクルーザープラド
【2.7L直列4気筒ガソリン】
最高出力:163ps(120kW)/5200rpm
最大トルク:246Nm(25.1kgm)/3900rpm

【2.8L直列4気筒ディーゼルターボ】
最高出力:204ps(150kW)/5200rpm
最大トルク:500Nm(51kgm)/3900rpm

【5分でわかる!! 今さら聞けない ランドクルーザープラド概説】 えっ!? ランクルだけどランクルじゃないってどいういうこと???

新型登場が噂されているトヨタのSUV、ランドクルーザープラド。 ランドクルーザープラドとは…

【 5分でわかる!! 今さら聞けない ランドクルーザー70系・概説】 “〇〇系”ってナニ? どうしてそんなに長く作られているの?

再再販が噂されるトヨタのランドクルーザー70系。 しかし数あるランドクルーザーのシリーズの…

キーワードで検索する

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部