日本レースクイーン大賞の最終ステージ20人を紹介!【Part3】仲美由紀、花乃衣美優、原あゆみ、日南まみ

2023年にサーキットに登場した300名を超えるレースクイーンの中からファン投票で人気No.1レースクイーンを決定する「メディバンネップリ日本レースクイーン大賞2023」が現在開催中だ。ファイナルステージに勝ち残った20名のRQの中から、レースクイーン大賞グランプリの栄冠に輝くのはいったい誰なのだろうか!?

TEXT:田渕 悟(TABUCHI Satoru) PHOTO:ギャルズ・パラダイス公式サイト

人気No.1 RQを決定する「日本レースクイーン大賞」の栄冠に輝くのは?

2023年にサーキットに登場した300名を超えるレースクイーンの中からファン投票で人気No.1レースクイーンを決定する「メディバンネップリ日本レースクイーン大賞2023」。12月18日から大賞受賞者とグランプリを決めるファイナルステージの投票がスタートした。

2010年から開催されている日本レースクイーン大賞。14回目の開催となる2023年も50名のレースクイーンがノミネートされ、11月4、5日のスーパーGT最終戦もてぎでの特別先行投票を皮切りに、11月16日からファーストステージの投票がスタート。12月5日まで投票が行われ、12月12日にファイナルステージに進む20名が発表された。そして、18日より大賞受賞者とグランプリを決める最後の決戦がスタートしている。

投票はギャルズ・パラダイス公式サイトで有料会員投票(通常会員10pts/プレミアム会員20pts)が行われるほか、日本レースクイーン大賞公式サイトでは無料登録のエール投票(毎日0.5pts)が実施。1月5日まで投票が行われ、1月13日には「東京オートサロン2024」のメインステージでグランプリが発表される。

メディバンネップリ日本レースクイーン大賞2023ファイナルステージに挑戦している20名のレースクイーンを紹介しよう!

日本レースクイーン大賞の最終ステージ20人を紹介!【Part2】荏崎ろあ、亀澤杏菜、黒木麗奈、小湊美月

2023年にサーキットに登場した300名を超えるレースクイーンの中からファン投票で人気No….

日本レースクイーン大賞2023ファイナリスト紹介 【Part3】

仲 美由紀(なか みゆき)

仲 美由紀(なか みゆき)

2年連続でSTANLEYレースクイーンとしてSUPER GTで活動した仲美由紀さん。股下85cmの美脚はサーキットでも注目の的だ。昨年も日本レースクイーン大賞でファイナルステージに進出し実行委員会特別賞を受賞した。今年は念願のグランプリを目指して奮闘中だ。

仲 美由紀(なか みゆき)

「ファイナリストになることは当たりまえではありません。ですが、毎年必ず皆さんがここに連れてきてくれます。NSXのラストイヤー、思い出のある年のレースクイーン大賞にSTANLEYの名を刻みたいです。応援してくれている皆さんのおかげで昨年は実行委員会特別賞を獲得することができました。そのステージで誓ったのが、TEAM KUNIMITSUのもとでトップを極めるということです。日本レースクイーン大賞を獲得し、モータースポーツの素晴らしさを広め、サーキットに来るきっかけのひとりになりたいです。全力で頑張りますので、全力で推してください!」

花乃衣 美優(はなのい みゆう)

花乃衣 美優(はなのい みゆう)

2023年は、SUPER GTでWinG、SUPER FORMULAでITOCHU ENEX IMPUL LADY、スーパー耐久でAudi Team Hitotsuyamaレースクイーンと3カテゴリーでレースクイーンを務めた花乃衣美優さん。昨年に続き2回目のファイナルステージ進出を果たした今年は、特別賞のメディバンネップリ賞に狙いを定めている。

花乃衣 美優(はなのい みゆう)

「特別先行投票から始まりファーストステージの期間、私に投票していただきありがとうございました。今年もファイナルステージに進むことができて、感謝の気持ちでいっぱいです。レースクイーン一年目は大学生で不安と緊張の毎日でしたが、皆さんおかげでレースクイーン3年目を送ることができました。まだ未熟な私ですが、皆さんに成長する姿を見せらるよう頑張っていきます。今年はK-tunes Racingがチーム発足10周年を迎えました。記念すべき年にWinGの大好きなコスチュームを着て、オートサロンの表彰式で皆さんに笑顔で会いたいです」

原 あゆみ(はら あゆみ)

原 あゆみ(はら あゆみ)

2022年に引き続きSUPER GTとSUPER FORMULAでリアライズガールズとして活動した原あゆみさん。2023年はスーパー耐久でCATACLEAN Twinkles、フォーミュラドリフトでもレースクイーンを務め充実した一年を過ごした。これまで賞レースには消極的だったが、今年は新人部門以来の賞獲得を目指し、気合い十分でファイナルステージに挑んでいる。

原 あゆみ(はら あゆみ)

「ファーストステージでは皆さんの協力もあり、ファイナルステージに進むことができました。私が賞レースに本格的に取り組むのは2020年の新人部門以来です。私が挑戦してもいいのかという気持ちがありましたが、この4年間たくさんのカテゴリーで活動していくなかで、先輩方や同期、後輩たちがレースクイーン大賞に向き合う姿を間近で見て、私も頑張りたいと強く思うようになりました。2年間起用してくれたリアライズコーポレーション様やファンの皆さんに恩返しがしたいです」

日南 まみ(ひなみ まみ)

日南 まみ(ひなみ まみ)

2023年は、SUPER GTでWedsSport Racing Gals、D1GPでSHIBATIREレースクイーンとして活動した日南まみさん。日本レースクイーン大賞2022では、ファイナリストに選ばれ特別賞のAdam賞を受賞した。今年は、所属するWedsSport Racing Galsがコスチューム部門でグランプリを獲得。その勢いでレースクイーン大賞獲得を狙う。

日南 まみ(ひなみ まみ)

「たくさんの素晴らしいレースクイーンの方がいる中で、私に投票してくれて皆さんの応援のおかげでファイナルステージに進むことができました。昨年はAdam賞を受賞させていただきました。ファンの皆さんと一緒に頑張って、やっとカタチにできた大切特別なたくさんの思いが詰まった賞になりました。たくさんの方に応援してもらっていることを実感できました。なので、今の私なら大丈夫だと思っています。今年は自信があります。絶対に日本レースクイーン大賞グランプリを獲りにいきます。私を信じて、最後まで全力で応援をよろしくお願いします」

日本レースクイーン大賞の最終ステージ20人を紹介!【Part1】赤城ありさ、 安西茉莉、上運天美聖、宇佐美なお

2023年にサーキットに登場した300名を超えるレースクイーンの中からファン投票で人気No….

キーワードで検索する

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部