クルマにもリンレイ! 汚れ落としと保護+艶出しに撥水までボディも窓も『ウルトラハード』シリーズが効く!【CarGoodsMagazine】

洗車の工程というのは、手間と効果のバランスでさまざまなパターンがあるが、カーシャンプーを使って汚れ落とし、その後にボディが濡れたまま使えるコーティング剤で保護&ツヤ出しという2ステップの洗車は、手間や効果の点でも中くらい。読者のかたでもこの工程で洗車をしていることが多いのではないかと思われる。とはいえ、同じ工程でも汚れ落とし性能や保護性能にすぐれるケミカルを使えば、より高い効果が得られるのだ。

ベストセラーとなった「落ちない汚れの最終手段」のクルマ版

まず紹介するのはリンレイの『ウルトラハード2WAYシャンプー』だ。『ウルトラハード』というのは、もともとリンレイの家庭用クリーナーで、今まで落ちなかった汚れを簡単に落とすために開発された「落ちない汚れの最終手段」的な超強力洗剤だ。
これは、その自動車版だけに、洗浄能力は強力だ。ファインセラミックパウダーとキレート剤の効果で、水アカ、雨ジミ、タレ筋などを落とし、古いコーティングやガラスの油膜、隠れウォータースポット、虫汚れ、鳥フンなども落とすことができる。

リンレイ『ウルトラハード2WAYシャンプー(実勢価格:1480円前後/税込)』
通常はバケツで希釈して使用するが、汚れのひどいところには原液で使うといい

また2WAYというのは、希釈して経済的に使うこともできるし、原液を直接スポンジに出して使うこともでき、ボディに付着した軽度なウロコや古くなったコーティング被膜など頑固な汚れまで落とすことができるというとこから来ている。
通常の洗車であれば、希釈して使う方法で十分だ。約80倍に希釈すれば中型車約16台分に使える。いっぽう、ボディにウロコがこびりついていたり、古いコーティングを落としたいときには原液のまま使用するといい。

液を含ませたスポンジを揉むときめ細かい泡で洗うことができる。スポンジでボディを擦るように洗う。

洗ったあとは、液が乾かないうちに水で流す。そのため、ボディ全体を一気に洗うよりも、ルーフやボンネットなど、部位ごとに洗うのがおススメだ。

水垢に雨染み……ボディのあらゆる汚れを取り除く! リンレイ『ウルトラハード 2WAYシャンプー』を使ってみた!【CarGoodsMagazine】

現在のカーシャンプーは汚れ落としだけでなく、撥水やワックスなど様々な付加機能が備わっている。…

ボディだけでなくガラス面にも高い撥水力のコーティングが可能

汚れを落としたあとはコーティングを施して、塗装面を保護するとともに、ツヤ出しを行いたい。ここで紹介するのは『ウルトラハードWコーティング』。

リンレイ『ウルトラハードWコーティング(実勢価格:1680円前後/税込)』
使用量の目安は50cm×50cmにワンプッシュ程度だ。

洗車後に続けて行うなら水滴を拭き取る必要はない。濡れたままのボディにスプレーして拭くだけでOK。高撥水成分とディープグロスポリマーによるダブルの効果で、高い撥水力と深みのあるツヤを実現し、新開発のW密着ポリマーの効果で、塗り重ねるほどコーティング被膜を強靭にし、ツヤ、光沢感、撥水力を高めることができる。ボディだけでなくガラスにもそのまま使えて撥水被膜が作れるところがWコーティングたるゆえんだ。さらに、ホイール、ヘッドライト、未塗装樹脂などにもマルチに使用可能だ。

スプレーしたあとは、液が乾燥しないうちに、クロスで塗り拡げて、塗りあとがなくなるまで拭き上げる。

洗車機連続5回以上の耐久力を誇るが、繰り返し使用することでさらにコーティング被膜をより強化し、撥水力を高めることもできる。
2ステップの洗車は、比較的簡単でオーソドックスな工程だが、『ウルトラハード』ブランドの2アイテムを使うことで、その簡便さと汚れ落とし&ツヤ出し、撥水の効果を最大限に引き出すことができる。

ボディもガラスもホイールもまとめて輝く!『リンレイ・ウルトラハード W コーティング 』【制作者に直接聞く!傑作カーグッズ輩出の舞台裏 CarGoodsMagazine】

その年を象徴する、カー用品の傑作を讃えるCarGoodsMagazineの恒例企画が「カーグ…

キーワードで検索する

著者プロフィール

CarGoodsMagazine 近影

CarGoodsMagazine

20世紀創刊!市販唯一のカー用品専門月刊誌
1999年に季刊誌として創刊後、好評を元に月刊化。当時より続…