トヨタbZ4X vs 日産アリア 航続距離、サイズ、パワーetc.を比較する

2022年はEV時代の本格幕開けか。トヨタと日産の次期主力EVを比較する

トヨタvs日産 2022年はEVでの戦いが始まる
トヨタはBEV(バッテリーEV)の新シリーズであるbZシリーズの第一弾である「bZ4X」を2020年央に世界各地で発売する。迎え撃つカタチになるのが、日産アリアだ。トヨタ vs 日産。果たしてEV市場での戦いはどうなるか?
トヨタbZ4X(左)と日産アリア(右)

トヨタはBEV(バッテリーEV)の新シリーズであるbZシリーズの第一弾である「bZ4X」を2020年央に世界各地で発売する。迎え撃つカタチになるのが、日産アリアだ。トヨタ vs 日産。果たしてEV市場での戦いはどうなるか?

トヨタ初のEV専用プラットフォームであるe-TNGAを使った期待のBEVがbZ4Xだ。SUVスタイルにFFと4WDの二本立てで登場する。

2022年央登場となると、ライバルは日産アリアである。

この2台を比較してみよう。

まずはボディサイズから

上がアリア、下がbZ4X

まずはボディサイズだ。
トヨタbZ4X
全長×全幅×全高:4690mm×1860mm×1650mm
ホイールベース:2850mm

日産アリア
全長×全幅×全高:4595mm×1850mm×1655mm
ホイールベース:2775mm

車重は、どちらも1900kg前後。アリアの方が95mm短い。

ちなみにトヨタRAV4と比較してみると

トヨタRAV4
全長×全幅×全高:4600mm×1855mm×1680mm
ホイールベース:2690mm

だから、bZ4Xのほうが90mm長く30mm低い。

トヨタ・ハリアー
全長×全幅×全高:4740mm×1855mm×1660mm
ホイールベース:2690mm

となり、大きさはハリアー>bZ4X>RAV4の順となる。

バッテリー容量と航続距離は?

トヨタbZ4Xのバッテリー容量は71.4kWhだ。

FWDモデルのバッテリー容量と航続距離

4WDモデルのバッテリー容量と航続距離

バッテリー容量と航続距離は上の表の通りだ。

FFモデルでは、
トヨタbZ4X:71.4kWh 500km前後
日産アリア:66kWh 最大450km(660万円)
日産アリア:91kWh 最大610km(740万800円)

アリアは価格も発表されている。ここから考えると、bZ4Xの価格もアリアの66kWhモデルと大きくは変わらないと予想できる。

DC充電最大出力はbZ4Xが最大150kW、アリアが130kWだ。これはCHAdeMOの急速充電器の性能アップに対応するため。150kWの急速充電器で、仮に0%から充電をしたとすると、どちらも30分間で70%程度まで充電できることになる。

AC充電器の性能はbZ4Xが6.6kW、おそらくアリアも6.6kWだろう(リーフのe+は6kW)。ここは同じだと推測する。どちらも一晩(12時間と仮定すると)で理論上は満充電可能だ。

モーター出力は?

FWDモデルのモーター出力

4WDモデルのモーター出力

bZ4Xもアリアもリヤにモーターを搭載した4WDモデルを用意している。
bZ4Xの4WDモデルはフロントモーターが80kW(109ps)、リヤモーターが同じく80kWで合計160kW(218ps)となる。FWDモデルのフロントモーターが150kW(204ps)なのに対して4WDモデルは80kW+80kWの160kWで、わずか10kWしか変わらないのは意外だった。いずれ、フロントモーター150kW+リヤモーター80kW=230kW(313ps)の4WDハイパフォーマンスモデルが登場するのではないだろうか。

対するアリアはe-4ORCEと名付けた電動4WDシステムを搭載。4WDモデルのシステム最高出力は66kWhモデルで250kW(340ps)、91kWhモデルで290kW(394ps)、最大トルクも560Nm、600Nmとなり、明確にパフォーマンス志向であることがわかる。

デザインテイストは大きく違う

トヨタbZ4X
日産アリア

デザインについては、bZ4Xがいま流行の「ラギッド(RUGGED)」なスタイルなのに対して、アリアは「タイムレス・ジャパニーズ・フューチャリズム」というコンセプトをとるため、サイズはほぼ同じでもまったく印象が違う。インテリアも同様だ。

トヨタbZ4Xのインテリア
日産アリアのインテリア

どちらも非常に魅力的なEVに仕上がっているように見える。EVの普及には補助金がどうなるかが大きな影響を持つが、どうあれ、2022年はEVマーケットでのトヨタvs日産の戦いが繰り広げられる。

著者プロフィール

モーターファン 近影

モーターファン