10月8〜24日に実施された「ダンロップ全国タイヤ安全点検」で26.9%が整備不良を確認。最も多かったのがパンクの原因となる「表面の損傷」 | 2枚目の写真(全2枚)

「10月8〜24日に実施された「ダンロップ全国タイヤ安全点検」で26.9%が整備不良を確認。最も多かったのがパンクの原因となる「表面の損傷」」の1枚目の画像
「10月8〜24日に実施された「ダンロップ全国タイヤ安全点検」で26.9%が整備不良を確認。最も多かったのがパンクの原因となる「表面の損傷」」の2枚目の画像
  • 「10月8〜24日に実施された「ダンロップ全国タイヤ安全点検」で26.9%が整備不良を確認。最も多かったのがパンクの原因となる「表面の損傷」」の2枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「10月8〜24日に実施された「ダンロップ全国タイヤ安全点検」で26.9%が整備不良を確認。最も多かったのがパンクの原因となる「表面の損傷」」の2枚目の画像ギャラリーへのリンク