ボルボ60 & 90シリーズのPHEVモデルが大幅に性能向上! バッテリー容量が18.8kWhに増大しEV走行時の航続距離が最大90kmに

1月13日、ボルボ・カー・ジャパンはボルボ60シリーズ3車種(S60/V60/XC60)および90シリーズ2車種(V90/XC90)のプラグインハイブリッドモデル「リチャージ・プラグインハイブリッド」のパワートレインを一新し、同日発売した。

リヤの駆動用モーターは従来型と比べて約65%アップとなる146psに。さらに俊敏でパワフルな走りを実現

2016年から導入されたボルボのプラグインハイブリッドが、このたび初めて大幅に刷新され、エンジン、モーター、バッテリーのすべてが一新した。駆動用のリチウムイオンバッテリーは、充電容量を従来から約60%増となる18.8kWhとすることで、EVモードにおける航続距離の大幅な伸長を図っている。モーターのみで駆動するピュアモードでのEV航続距離は最長で約70〜90km(欧州仕様参考値)となり、従来のほぼ2倍を実現。日常走行での近距離ドライブではEVとして利用可能な範囲が大幅に拡大し、長距離ドライブでのエンジンを併用したハイブリッドモデルとして、利便性とともにその魅力を大幅に高めている。

リチウムイオンバッテリーの容量が18.8kWhに増大。さらに2.0ℓエンジンはスーパーチャージャーを廃した代わりにスタータージェネレーターの出力を71psに向上。リヤの駆動用モーターも146psにアップした(写真はXC60)

2.0ℓ直列4気筒ターボエンジンは、さらなる高効率とドライバビリティの改善を目的に、従来搭載されていたスーパーチャージャーを廃止し、組み合わされるCISG(Crank Integrated Starter Generator)の出力を52kW(約71ps)に向上。全域での性能を高めている。さらに、リヤに搭載される駆動用モーターの出力は従来比約65%アップとなる107kW(約146ps)とすることで、EV走行時の俊敏でパワフルな電動走行と、優れた回生ブレーキ性能を実現。出力レベルは2種類設定され、「T6」は合計出力で350ps、「T8」は462psとなる(いずれも参考合算値)。

S60 リチャージ・プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション
V60 リチャージ・プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション
XC60 リチャージ・プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション
V90 リチャージ・プラグインハイブリッドT8 AWDインスクリプション
XC90 リチャージ・プラグインハイブリッドT8 AWDインスクリプション

なお、今回の変更に伴ってパワートレインの設定も見直され、XC60のプラグインハイブリッドモデルは従来の「T8」から「T6」に変更され、より求めやすい価格となった。

●ボルボ60 & 90シリーズPHEVモデルラインアップ
【S60】
・リチャージ・プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション・エクスプレッション:694万円
・リチャージ・プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション:809万円
【V60】
・リチャージ・プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション・エクスプレッション:694万円
・リチャージ・プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション:809万円
【XC60】
・リチャージ・プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション・エクスプレッション:799万円
・リチャージ・プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション:914万円
【V90】
・リチャージ・プラグインハイブリッドT8 AWDインスクリプション:1034万円
【XC90】
・リチャージ・プラグインハイブリッドT8 AWDインスクリプション:1149万円

著者プロフィール

モーターファン 近影

モーターファン