美しいのには理由がある。新型シビックの魅力を加速させるHonda純正アクセサリーたち【PR】

ホンダアクセスが手がけた新型シビック用純正アクセサリーの開発コンセプトは、『ふたりのための上質なクーペ』。エクステリアにさりげなくスポーティさをプラスするスポイラー類や、夜のインテリアをムーディーに演出するイルミネーションには、開発メンバーの並々ならぬこだわりが詰まっている。そんな新型シビックのスタイリッシュさを際立たせるアイテムの数々を、じっくりとご覧いただきたい。

TEXT●今井優杏(IMAI Yuki) PHOTO●神村 聖(KAMIMURA Satoshi)

開発コンセプトは「ふたりのための上質なクーペ」

2021年9月に発売となった新型シビックは、これぞHondaらしいスポーツコンパクトだと誰もが膝打つ、スタイリッシュなハッチバックだ。

ホンダアクセス シビック
新型シビック純正アクセサリー装着車。

このキュッと凝縮されたデザインやシンプルなダッシュボードまわり、また明確な走りのキャラ付けはず〜っと、そう、実に11代にもわたって継続されてきたもので、特に新型のデザインはとても素敵だと感じている。

先代のキリッとシャープな瞳の意匠は引き継ぎながら、新型ではさらに目尻側にも回り込むようにL字型のデイタイムランニングライトが入り、ほんの少しニュアンスのある、優しい表情を見せてくれるようになった。

ホンダアクセス シビック
新型シビック用純正アクセサリーをレビューしてくれたのは、自動車ジャーナリストでありMCとしても活躍する今井優杏さん。

それから、新型シビックは明らかにリアビューがカッコいい。正直、新型シビックのデザインのキモはリアにありと言っても過言じゃないかもしれない。樹脂製テールゲートを採用したことでデザインの自由度が上がって、キュッとつり上がったダックテールのようなスポイラー形状が可能となった。テールライトも少し目尻側が下がり、先代の腰高感がきれいに払しょくされた。

ホンダアクセス シビック
新型シビックの白眉といえるのが後ろ姿。ご覧の通り、純正アクセサリーを装着することで、さらに印象的なリアビューに仕立てられる。

この新型シビック、グローバルでのコアターゲットは20代から30代とされている。事実、先代も意外なほど若者世代に売れたのだそうだ。けれど、これだけスタイリッシュなんだから、いやいや、もう少し上の年代にも響くでしょうとも思ってしまう。それくらい、コンセプティブな仕上がりなのだ。

しかし、オトナが乗るならもう少し、ひとしずくのエッセンスが欲しい。ただ若々しいだけでない上品さが。しかも、やりすぎ感のない、ノーマルをほんの少し格上げしてくれるような…。

今回ご紹介するホンダアクセスの手にかかった新型シビックは、まさにそんな夢を叶えるもの。上品かつシックな雰囲気は、まさにシビックとともに年齢を重ねてきたユーザーにも響くことだろう。カスタマイズのテーマは『ふたりのための上質なクーペ』というから、実にぴったり。順にご紹介していきたい。

ホンダアクセス シビック
新型シビックのアピアランスにスパイスを加えてくれる純正アクセサリー。開発コンセプトである『ふたりのための上質なクーペ』には、クーペから連想されるスタイリッシュさや上質さを表現したいという思いが込められている。

精悍な「スポーツライン」か? さりげない「ツーリングライン」か?

まずはエクステリアから。

新型シビックは車両価格が319万円からと、性能やキャラを考えるとオトクにも感じられるプライスタグも魅力のひとつだ。しかし、もう少し個性や上質感を演出したいなら、やはりエアロパーツにこだわりたい。純正アクセサリーであれば、フロント周辺のエアロなどをボディ同色でコーディネートできる「ツーリングライン」と、ブラックのアクセントを加える「スポーツライン」が選択できる。

ホンダアクセス シビック
撮影車は「スポーツライン」。クリスタルブラック・パールのフロントロアースカートとベルリナブラックのドアミラーカバーでコーディネートされており、新型シビックにさらなる精悍さを付与する。

新型シビック用純正アクセサリー「フロントロアースカート」は、さり気なさと存在感をちょうどいいバランスで両立する、こぶりな3ピースのパーツで構成されているのだが、これが絶妙なフィッティング。バンパー、フォグガーニッシュ、ロアーガーニッシュと3パーツをまたぐ設計になっていて、後付け感がなく、スッキリと美しい。いわゆる“エアロです〜!”みたいな主張が激しすぎないのに、明らかにノーマルからより格上げされた印象を持った。

ホンダアクセス シビック
フロントロアースカートはフィッティングを重視した3分割構成。左右端のパーツはサイドシルのブラック部分やリヤロアーバンパーなどとのバランスも考慮してデザインされている。【フロントロアースカート(クリスタルブラック・パール):4万9500円】
ホンダアクセス シビック
ボディカラーと同色のフロントロアースカートを装着する「ツーリングライン」。さりげなくドレスアップしたい方にはこちらのコーディネートがオススメだ。【フロントロアースカート(ボディ同色):4万9500円 ※ボディカラー:プラチナホワイト・パール、ソニックグレー・パール、プレミアムクリスタルレッド・メタリック、プレミアムクリスタルブルー・メタリックは3300円(消費税10%抜き 3000円)高】

ちなみにブラック基調の「スポーツライン」に仕立てるなら、ベルリナブラックの「ドアミラーカバー」もセットで装着することが推奨されている。こうなるとエンブレムもブラックにコーディネートしたいところだが、先代でも好評だった「ブラックエンブレム」がHマーク、そして車種エンブレムとのセットで用意されているのでお見逃しなく。

ホンダアクセス シビック
ノーマルは上半分がボディ同色となっているドアミラーだが、ドアミラーカバーを装着することで全体をブラックアウト。「スポーツライン」にアレンジするなら、フロントロアースカート(クリスタルブラック・パール)と合わせてチョイスしたい。【ドアミラーカバー(ベルリナブラック/左右セット):1万5400円】
ホンダアクセス シビック
表情がキリッと引き締まるブラッククロームのエンブレムは、先代シビックでも人気だったアクセサリーだ。【ブラックエンブレム(Hマーク2個+車名エンブレム):1万1000円】
ホンダアクセス シビック
ブラックエンブレムは前後のHマークと、リアの車名ロゴがセットとなっている。

機能美を体現したアルミホイールが足元を引き立たせる

サイドビューではやはり、18インチのアルミホイールがポイントとなる。コチラは先代シビックからの人気の声を受け、新型でも継投となったデザインだ。スーパーGTといった、トップカテゴリーのモータースポーツシーンでも実績のあるカスタムブランド「Modulo(モデューロ)」。コレが加わるだけでピリリとデザインが引き締まり、スタイリングの方向性がパフォーマンスのほうにしっかりと傾くのがうれしい。

ホンダアクセス シビック
新型シビックの足元を彩るのはアルミホイール「MS-038」。サイズは18×8J、インセット50mm。【18インチ アルミホイール MS-038:4万6200円/1本】
ホンダアクセス シビック
ガンパウダーブラックと切削仕上げの組み合わせが精緻なスポークデザインを際立たせる。「Modulo(モデューロ)」のセンターキャップも目を引く。
ホンダアクセス シビック
標準の18インチ・アルミホイールをそのまま履いて、センターキャップだけをブラッククロームのタイプに交換する手もある。【アルミホイールセンターキャップ(ブラックHマーク):1万7600円(4個セット)】
ホンダアクセス シビック
Hマークはブラッククローム、ベース部はベルリナブラックとなるセンターキャップ。標準装備のアルミホイールに重厚な雰囲気が加わる。同じくブラッククロームの「ブラックエンブレム」とのコーディネートもおすすめだ。

ルックスとパフォーマンスを両立したテールゲートスポイラー

リアに回ると存在感たっぷりのテールゲートスポイラーが目に入る。ただでさえノーマルのスポイラー形状が美しいので、純正アクセサリーのデザインがどうなるのかを楽しみにしていたのだが、期待をいい方向で裏切る、実に大人っぽい仕上がりだ。ノーマルのキュッと引き上がったエンド部分のラインをそのまま強調するような感じといえばいいだろうか。決して大げさすぎないところがちょうどいい。カスタマーにも好評な、開発メンバーのイチオシだというのも頷ける。

ホンダアクセス シビック
新型シビックはテールゲートが樹脂製となったため、強度解析や実車検証を重ねながらしっかりと固定できる構造を開発したというテールゲートスポイラー。
ホンダアクセス シビック
ベース部分はブラックとすることで、リフトアップしたウイング部分が映える。空力性能も考慮されたデザインは、ルックスとパフォーマンスの両方に効き目あり。【テールゲートスポイラー:4万4000円 ※ボディカラー:プラチナホワイト・パール、ソニックグレー・パール、プレミアムクリスタルレッド・メタリック、プレミアムクリスタルブルー・メタリックは3300円(消費税10%抜き 3000円)高】

ちなみに、これらエアロパーツの肝心のパフォーマンス、つまり走りへの貢献っぷりだが、さすがホンダアクセスだけあってきちんと風洞試験を行い、空力性能の向上も実現している。特にテールゲートスポイラーは空気抵抗を抑えるとともに、ダウンフォースを発生してリアタイヤの接地荷重を高める効果も有しているという。

フロントロアースカートは前後バランスを整える役割を果たし、センター部分からボディ下部に空気を導くことによって整流効果も発揮するというから、シャープなハンドリングに一役買いそうだ。パフォーマンスを求めるなら、ぜひセットでの装着を検討して欲しい。

ホンダアクセス シビック
ホンダアクセス シビック

煌めくイルミネーションがナイトシーンを艶やかに演出する

長い時間を過ごすインテリアにもこだわりたいもの。特に、ナイトシーンに焦点を当ててカスタマイズするというのはどうだろう。新型シビックではそのためのイルミネーションが多数ラインナップされている。

ホンダアクセス シビック
純正アクセサリーでは、新型シビック用として豊富なイルミネーションアイテムを用意している。

乗り込もうとドアを開けたら、「パターンプロジェクター」により足元にくっきりと「CIVIC」のロゴが浮かび上がった。彩度が高く、かなりはっきりと映し出されるその文字が本当に美しい。オーナーはきっと、夜、ドアを開けるたびにこのクルマを所有する喜びを感じることだろう。実はコレ、今まではレジェンドやアコードにしか展開されていなかった上級車設定だったのだが、新設計を行い新型シビックにも対応したのだとか。

ホンダアクセス シビック
フロントドアの開閉に連動して地面に投影される「CIVIC」のロゴが、オーナーの所有欲を満たしてくれる。【パターンプロジェクター(フロントドア用左右セット):3万3000円】
ホンダアクセス シビック
ドアの開閉やスマートキーに連動して点灯するオーソドックスなホワイト照明も用意。足元を明るく照らしてくれるから、夜間の乗り降りも安心だ。【パドルライト(左右セット):2万2000円】

その先、室内でも光の演出は続く。イルミネーションはレッドとホワイト、2種類のカラーが用意されており、それぞれが印象的な光を室内にもたらしてくれる。

ホンダアクセス シビック
上級のEXグレードは、シートやステアリングにレッドステッチがあしらわれているほか、ドアライニングにレッドのLEDアンビエントライトが標準装備となっている。したがって、イルミネーションのカラーもレッドの方が合わせやすい。
ホンダアクセス シビック
LXグレードの方は、ホワイトのイルミネーションでコーディネートするのがオススメ。ほどよく室内の上質感を高めてくれる。

ただ光るだけではない。光り方にもこだわったLEDライト

「フットライト&シートアンダーライト」は通常のフットライトに加えて、シート下にもLEDライトを仕込み、光を拡げたというもの。シート下にLEDを仕込むのは今回が初めてという注目アイテムだ。

シートが前後のどの位置でもきれいに光るようにシュミレーションしたとのことだが、試しにシートをスライドさせてみると、その言葉に偽りがないことがよくわかった。しかもけっこう明るくて、しっかりと装着を実感できるような光量となっている。

ホンダアクセス シビック
ペダル部分を照らすフットライトに加えて、シート下にもLEDライトを追加することでおもてなし感を向上させたのがポイント。【フットライト&シートアンダーライト(レッド):1万7600円】
ホンダアクセス シビック
実車を見た印象は、レッドの光り方は艶やかで、ホワイトはさりげないけどしっかり光る、という感じ。車両のグレードや好みに応じて選びたいところだ。【フットライト&シートアンダーライト(ホワイト):1万7600円】

「サイドステップガーニッシュ」もホワイトとレッドの2色から選択できる。キズ付きを防ぐステンレス製のプレートに配したCIVICのロゴが鮮やかに発光するアクセサリーで、あるとないとではラグジュアリー感が大きく変わる。ほかの部分に光が漏れず、縁だけがきれいに光るように試作を繰り返したという苦労の賜物だ。

ホンダアクセス シビック
ドアを開けて乗り込む際に必ず目に入る部分だけに、ドレスアップの満足度も高い。【サイドステップガーニッシュ(レッド):3万800円(フロント・リア用左右4枚セット)】
ホンダアクセス シビック
レッドまたはホワイト(写真)のイルミネーションも美しいが、ステンレス製となるベース部分の質感の高さも見逃せない。【サイドステップガーニッシュ(ホワイト):3万800円(フロント・リア用左右4枚セット)】

続いては「インナードアハンドル&ドアポケットイルミネーション」。こちらも小さなエリアだからこそ、こだわると一気にオシャレ度がアップする。まるでホテルの間接照明のようなイメージと言えば伝わるだろうか。かなり上品に光るだけでなく、暗い車中でもドアハンドル、ドアポケットの位置を知覚しやすいという意味で、意外に実用性も高いライトだ。

ホンダアクセス シビック
ドアハンドルとドアポケットに仕込んだLEDにより車内のムードを高める。EXグレードはドアライニングに赤いラインLEDが埋め込まれており、レッドのイルミネーションとの相性が良い(写真右上参照)。新型シビックのドアハンドルは従来の車種とは異なる形状をしているため、シミュレーションを繰り返しながら、乗員に直接光が当たらず、なおかつドアハンドル部を効果的に照らし出せるLEDの設置場所を検討したという。【インナードアハンドル&ポケットイルミネーション:1万4300円(フロントドア用左右セット)】

新しい光の演出にトライしたドリンクホルダーイルミネーション

同じく間接照明のように車内を優しく照らす「センターコンソールボックス&ドリンクホルダーイルミネーション」は、純正アクセサリーとして新たな光の演出にトライをした新アイテムだ。ホルダー底をきれいな円で光らせることができるように、素材の特性や内部構造までを見直しながら何度も試作を繰り返したとのこと。ここはドライバーの目に触れやすい箇所でもあり存在感はバツグンなので、“まずひとつ”ということであれば、こちらをオススメしたい。

ホンダアクセス シビック
新型シビック用イルミネーションの中で、高い人気を誇っているのがこのアイテム。美しくサークル形状に光る様子は一見の価値あり。【センターコンソールボックス&ドリンクホルダーイルミネーション(レッド):2万2000円】
ホンダアクセス シビック
このアイテムも他のイルミネーション同様、レッドとホワイト(写真)が用意される。ユーザーの色の選択割合は今のところ50対50とのこと。【センターコンソールボックス&ドリンクホルダーイルミネーション(ホワイト):2万2000円】

スポーティさと洗練さを両立する新型シビック用純正アクセサリー

新型シビック用の純正アクセサリーは、どれも大人っぽく落ち着きのあるアイテム。今回の取材では“全部乗せ”を体感させていただいたのだが、コレ、全然アリだと思う。純正アクセサリーらしく、クドくない洗練をまとっているから、シビックオーナーもしくはシビックオーナー予備軍は、ぜひ装着を検討して欲しい。新型シビックとともに過ごすカーライフがよりリッチになること請け合いだ。

ホンダアクセス シビック
夜の帳が下りてきて、ビルの窓からこぼれ落ちる明かりのように、新型シビックに彩りを添えてくれる純正アクセサリー。スポーティさと洗練さを兼ね備えるアイテム類は要注目だ。
ホンダアクセス シビック
ホンダアクセス × 新型シビック × 今井優杏

ホンダアクセス 新型シビック用純正アクセサリーアイテム公式サイトはこちら

sponsored by Honda Access

著者プロフィール

今井 優杏 近影

今井 優杏

自動車ジャーナリストとして新車や乗用車に関する記事を自動車専門誌、WEBメディア、一般ファッション誌な…