樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!

ルノー・カングーといえば、商用車でありながらその実用性の高さと、商用車を超越したオシャレさで代々ライフスタイルにこだわりのあるユーザーを魅了してきた。2023年2月に日本でも販売が開始された新型カングーも歴代モデルのイメージや長所を引き継いでいるようだ。そんなルノー・カングーに乗ってみた。
REPORT&PHOTO:MotorFan.jp

大きくなったと言われるものの、取り回しは良かった

カングーといえば小型商用車のイメージで、先代モデルでボディサイズが拡大され「デカングー」と呼ばれたりしていた。この現行のカングーはその先代よりさらに大きくなっているという。

ボディサイズは全長4490mm×全幅1860mm×全高1860mm。

確かに先代モデルの全長4280mm×全幅1830mm×全高1810mmというサイズからは全長+210mm、全幅+30mm、全高+50mmとワンサイズ大きくなっている。歴代モデルからの乗り換えならこのサイズアップは強く感じるかもしれないが、4.5mm以下に収まる全長は昨今のクルマの大型化を考えるとさほど大きくは感じなかった。

商用車らしくボディはスクエア。
キャビン上方の絞り込みも少なめ。

1860mmという全幅はトヨタ・ハリアーや三菱アウトランダーといったミドルクラスSUVのサイズ。数字的には大きく感じるが、スクエアなボディの見切りの良さもあって狭い道に入り込んでしまってもそれほど苦にならなかった。
スクエアなボディは、バックカメラや助手席側のサイドミラーに設置されるサブミラーと合わせて駐車スペースに真っ直ぐ入れやすかった点も好印象だった。

1860mmの全高はミドルクラスの国産ミニバンと同じくらい(トヨタ・ノア:1895mm、日産セレナ:1865mm、ホンダ・ステップWGN:1840mm)。それだけに、取り回しに特別気を遣わなければならないというようなサイズではなかった。むしろボンネットがはっきりとわかるスタイルは、ボディ前端の見切りの良さを感じた。

明るく開放的な室内空間

乗り込んでみて印象的だったのが室内の明るさだ。昨今のクルマは衝突時に乗員を守るためにウェストラインが高くなっており、相対的に窓が小さくなっている。カングーは全高に余裕があるので、ウェストラインが高くなっても窓は大きく、その分明るく感じられたのだろう。おかげで窓からの視界も良好だ。

明るく開放的なコックピット。

窓の大きさは室内の明るさだけでなく、車外も確認しやすく安全にも寄与しているのは間違いない。フロントサイドのクォーターウインドウや荷室の窓の大きさも良い塩梅だ。

窓が大きく室内は明るい。

低床かつ背が高い室内は非常にルーミー。後席はセンタートンネルの張り出しもないので3名乗車でも中央席が窮屈になることもない。シートも3座席ともに等しく、座り心地は良好だった。

3名乗車のリヤシート。中央の座席も左右と違いはないと感じた。むしろ前方視界なら中央席が最も良い。

商用車とはいえ、後席用のエアコン吹き出し口、シガーソケット電源、USB電源(タイプA)×2、小物入れ、シートバックにはポケットとドリンクホルダー付きのテーブルが備わっており、必要十分な装備と言えるだろう。

コンソールボックス後方はエアコン吹き出し口、電源、小物入れが配置される。
シートバックにはテーブルとシートバックポケットが用意されている。

オーソドックスなインターフェースと実用的なユーティリティ

カングーのコックピット。

運転席に座ると、シフトレバーやパーキングスイッチ、スタートボタン、エアコン操作パネルの配置がとてもわかりやすく、初めて乗るクルマであっても戸惑うことはなかった。
特に昨今はエアコンの操作系をマルチファンクションディスプレイで操作するクルマもあるが、やはりわかりやすさ・使いやすさでいえばこのカングーのような物理スイッチが最強だと思う。

ステアリングスイッチも含めオーソドックスなインターフェース配置は初めてでもどこに何があるかすぐにわかった。
ボタンとダイヤルを組み合わせたエアコン操作パネルは非常にわかりやすく使いやすかった。

流石にナビゲーションとオーディオはスマートフォン連携のディスプレイ(8インチ)になっており、こちらの操作はタッチパネル式。とはいえ、パネルはマットになっており、指紋がつきにくいので高級感を演出するピアノブラック加飾よりも実用的でむしろこちらの方が良い。

スマートフォンミラーリングが可能な8インチディスプレイ。専用のナビを備えないのがヨーロッパ車的だ。USB(タイプA)で有線するほか、Bluetooth接続も可能。
フロントのコンソールボックスから生えるスマートフォンホルダーは純正オプション。後付けしなくてもよいのは便利。フィッティングも良好。
コンソールボックス内にはシガーソケット電源とUSB(タイプA)電源が2つ用意され、ホルダーのスマホを充電しながら使えるようになっている。

低めのセンターコンソールはシガーソケット電源と、この限定車の装備としてスマートフォンワイレスチャージャーが装備されており、ETC車載器もこの位置に装着される。初めて乗るクルマだと、ETC車載器の位置がわからなかったりするのだが、これは非常にわかりやすくカードの出し入れもしやすいのでありがたい。目の届くところにあれば、カードの入れ忘れや抜き忘れも起きにくいのではないだろうか。

ETC車載器、シガーソケット電源、ワイヤレスチャージャーを配置したセンターコンソール。
ドリンクホルダーは左右座席間に縦に2つと、左右のドアポケットに1つずつ。センターコンソールボックスは深めだった。

電源の充実ぶりはさすが最近のクルマ。シガーソケット電源(DC12V)やUSBが昨今主流になりつつあるタイプCではなく従来のタイプAなのも汎用性が高そうだ。
全席ヘッドスペースに設けられた大きな収納など、収納スペースもさすが商用車と感じさせる。

前席ヘッドスペースに設けられた収納はかなり広そう。

カングーならやっぱりアウトドア?ちょっと山に行ってみる

カングーといえばアウトドア志向のユーザーに人気がある。やはり荷物がしっかり積めて人も乗せられるという点がアウトドアなライフスタイルに最適なのだろう。さらに実用性だけじゃないフランス流のオシャレ感も人気の理由のようだ。
せっかくなのでそんなライフスタイル的な使い方も試してみた。

ちょっと河原でデイキャンプ。

かといってそんなに構えることなく気軽に出かけられる雰囲気もこのカングーの良いところかもしれない。アウトドア雑誌に掲載されるような重装備ももちろん飲み込んでくれるのだろうが、簡単な道具を荷室に放り込んでフラリと出かける……そんなスタイルも悪くない。

薪や折り畳みチェア、そのほかの道具をまとめた折り畳みコンテナをそのまま積み込む。スクエアな荷室は容量以上に積み込みやすい。

3列シートミニバンと違い2列シートなので、荷室はタップリ。トノボードが付いているのも良い感じだ。荷室のみで755L、リヤシートを畳めば最大2800Lという容量に開口面積の広さはさすが商用車。カングーの特徴である左右異形の観音開き式リヤドアも、後方のスペースが少ない場合などでは特に重宝する。

シガーソケット電源とラゲッジルームランプ。その下には荷掛けフックも。

ラゲッジルームにもシガーソケット電源が用意されており、荷室から電気が取れるのはアウトドアユース的にもありがたい。この電源や荷掛けフックが壁面から張り出さないように設置されているのは地味にありがたい工夫だ。こういった点が積載性の良さに効いてくる。

ワインディングや山での走りも満足度高し

ワインディングでの走りも快適。

アウトドアに乗っていくとなると、ワインディングを走ることになる。今回乗ったカングーは131ps/5000rpmの最高出力と24.5kgm/1600rpmの最大トルクを発揮する1333cc直列4気筒DOHCターボのガソリンエンジン車。絶対的なパワーという意味では……そもそもそういった目的のクルマではないが……物足りないかもしれないが、ターボによる豊なトルクが低回転から発生されるので、ワインディングでも過不足なく走ってくれた。

H5H型1333cc直列4気筒DOHCターボのガソリンエンジン。搭載位置がエンジンルーム内のかなり後寄りなっている。

電子制御7速ATのシフト制御もワインディングでの走りを助けてくれる。マニュアルモードを駆使すれば細かくシフトを刻んで思うように走ることもできた。足回りもしなやかで欧州車的というかフランス車的というか、乗り心地と粘りが両立されていて実に気持ちよく走ってくれた。
気になる点があるとすれば今回試すことができなかったフル積載、フル乗車での走りくらいだろうか。

キャンプ場など、アウトドアフィールドへの最終アプローチは道が細かったり未舗装だったりすることも多い。今回も河原に降りていくことになったが、そんなシチュエーションでも扱いやすく、凹凸もしなやかに乗り越えてくれたように感じた。

サポートの張り出しこそ大きくないものの、体をしっかり支えてくれるシート。やや硬めな印象だったが、長距離ドライブでの疲労は少なかった。調整は前後スライドと座面、シートバック角度のオーソドックスな3ウェイ(手動)。ステアリングはチルトとテレスコピックで調整可能なので、ドライビングポジションは設定しやすかった。

フロントがマクファーソンストラット、リヤがトーションビームという至極オーソドックスなサスペンション構成ながら、しっかりとセッティングされているのだろう。石畳が多いヨーロッパの市街で荷物を倒さず崩さず運搬する……欧州系商用車の底力を見た思いがした。

不整地での乗り心地も良く、アウトドアユーザーの支持が厚いのも頷ける。

街でも映える?ルージュカルマンM+カラーバンパー

カングーはカントリーテイストがよく似合う。

今回乗ったカングーは150台限定の「ヴァリエテ」で、パーキングセンサーやパーキングアシスト、スマートフォンワイヤレスチャージャー、マルチルーフといった装備が追加されている。外観ではルーフレールの他に、専用ボディカラーのルージュカルマンMと17インチアロイホイールが大きな違いだ。

カングーはアウトドア志向のユーザーに人気があり、そういったイメージ紹介されることが多く、確かにカントリーな雰囲気がよく似合っている。しかし、このヴァリエテはルージュカルマンMという深いレッド系の専用色にアロイ(アルミ)ホイールを装着。しかもカラーバンパー仕様だ。

ワークホース感は薄れるが、全体の統一感が高まりひとクラス上のクルマに感じられる。

無塗装バンパーのワークホース感は確かにカングーのキャラクターに合っていて、しかもそれがよく似合っている。一方でカラーバンパーだと実用車感こそ薄れるものの、専用ボディカラーと合わせてとてもシックな雰囲気を漂わせる。

無塗装バンパーの”街のはたらくクルマ”的な雰囲気も良いが、カラーバンパーならオシャレ空間でのパーソナルユースでも違和感なし。

このスタイルならアウトドアやカントリーな雰囲気だけでなく街でも映えるのは間違いないだろう。
ルーフレールも積載性のアップはもちろんのこと、よりパーソナルユース感を演出してくれる装備だ。

ルージュカルマンMの深いレッドは夜の街灯にもシックに映える。

これまでとは誓ったイメージのカングーを発見

今回乗ることができたカングー・ヴァリエテは、よく知られているアウトドア志向な実用車であることを再認識した一方で、カラードバンパーの専用ボディカラーを纏ったことで、都会的で洒脱な雰囲気も備えたクルマだと認識させられた。カングーの実用性は魅力だが、実用車すぎるルックスは……というユーザーには最適なモデルと言えるだろう。

カングー・ヴァリエテ(限定150台)
型式:3BA-KFKH5H
サイズ:全長4490mm×全幅1860mm×全高1860mm
ホイールベース:2715mm
車両重量:1580kg
エンジン型式:H5H型直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボ
排気量:1333cc
最高出力:131ps(96kW)/5000
最大トルク:24.5kgm(240Nm)/1600rpm
トランスミッション:電子制御7速AT
駆動方式:FF
サスペンション(前/後):ストラット/トーションビーム
タイヤ・ホイールサイズ:205/55R17
最小回転半径:5.6m
燃料タンク(油種):64L(ハイオク)
税込価格:427万円(オプション装着車:スマートフォンホルダー、フロアマットプレミアム)
限定車装備:専用ボディカラー(ルージュカルマンM)、パーキングセンサー(フロント・サイド・リヤ)、イージーパーキングアシスト、スマートフォンワイヤレスチャージャー、マルチルーフレール、17インチアロイホイール

カングー・ヴァリエテ・フォトギャラリー

1 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の1枚めの画像

2 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の2枚めの画像

3 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の3枚めの画像

4 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の4枚めの画像

5 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の5枚めの画像

6 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の6枚めの画像

7 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の7枚めの画像

8 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の8枚めの画像

9 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の9枚めの画像

10 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の10枚めの画像

11 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の11枚めの画像

12 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の12枚めの画像

13 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の13枚めの画像

14 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の14枚めの画像

15 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の15枚めの画像

16 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の16枚めの画像

17 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の17枚めの画像

18 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の18枚めの画像

19 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の19枚めの画像

20 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の20枚めの画像

21 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の21枚めの画像

22 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の22枚めの画像

23 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の23枚めの画像

24 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の24枚めの画像

25 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の25枚めの画像

26 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の26枚めの画像

27 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の27枚めの画像

28 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の28枚めの画像

29 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の29枚めの画像

30 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の30枚めの画像

31 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の31枚めの画像

32 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の32枚めの画像

33 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の33枚めの画像

34 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の34枚めの画像

35 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の35枚めの画像

36 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の36枚めの画像

37 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の37枚めの画像

38 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の38枚めの画像

39 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の39枚めの画像

40 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の40枚めの画像

41 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の41枚めの画像

42 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の42枚めの画像

43 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の43枚めの画像

44 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の44枚めの画像

45 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の45枚めの画像

46 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の46枚めの画像

47 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の47枚めの画像

48 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の48枚めの画像

49 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の49枚めの画像

50 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の50枚めの画像

51 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の51枚めの画像

52 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の52枚めの画像

53 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の53枚めの画像

54 / 54

「樹脂バンパーも捨てがたいけどカラーバンパーもシックでイイ! ルノー・カングー・ヴァリエテはアウトドアだけじゃなく街でも映える!!」の54枚めの画像

キーワードで検索する

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部