AMG 35に用意された”Edition 55”には、垂涎の特別装備が満載!

メルセデスAMG 誕生55周年の記念モデル”Edition 55”が登場!

メルセデスAMGの誕生55周年を記念して、コンパクトクラス専用特別モデル”Edition 55”が発表された。AMG 35の4モデルの内外装にゴージャスな装備が設定された。

AMG誕生55周年を記念して、AMG 35の4モデルに新装備内容が設定された。

エディション55モデルの特徴は、その豪華な装備にある。まず目を引くのは、精巧なAMGエアロダイナミクス・パッケージである。フロントスプリッターが拡大され、フリックが追加されたフロントエプロン、AMGリアウィング、リアエプロンのオプティカルエアアウトレット上のサイドスポイラーリップ、ブレードディフューザーなど幅広く、すべてハイグロス・ブラックで仕上げられている。風洞実験で開発、構成されたエアロパーツは高速走行時のドライビング性能に磨きをかけ、ドライビングパフォーマンスを向上させてくれる。

また、AMGナイトパッケージとAMGナイトパッケージⅡは、エディション55モデルのダイナミックな外観をより際立たせている。ブラック・クロームのテールパイプトリムや断熱効果のあるダークティンテッドガラスも装備されている。AMG専用ラジエーターグリルのラメラ、トランクリッドとウィングのタイプバッジは、それぞれハイグロスブラックで仕上げられ、エクスクルーシブな外観に貢献する。

コンパクトクラスのエディション55のその他の特長としては、「コスモブラックメタリック」と「デジタルホワイトメタリック」の塗装があることだろう。ボディ両サイドに塗装された、伝統的なAMGデカールは、どのボディ色にもマッチするよう仕上げられている。

グレーに塗装が施されたマットチタニウムの19インチAMGマルチスポークホイールは、リムフランジに高光沢が施され、刺激的なコントラストを実現している。シルバークロームにAMGのレタリングが施されたAMGフューエルフィラーキャップも、ディテールへのこだわりを感じさせる。

インテリアは何といっても、黒と赤のコントラストが魅力的だ。AMGパフォーマンスのシートは、クラシックレッドとブラックの2トーンカラーのレザーで構成されている。ステアリングホイールはディナミカ社製のマイクロファイバー素材のもの。ここには、55周年を表す、「55」のマークが示されている。

また、赤いステッチとエディション55の文字が記された高い質感のフロアマットやシルパネル、ガソリン給油口のタンクキャップなど、細部に至るまで特別仕様車の雰囲気を漂わせている。

熱狂的なAMGファンならずとも気になるエディション55、日本向け仕様の登場に期待したい。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部