メルセデス・ベンツCクラスのセダン&ステーションワゴンにエントリー版となる「C180アバンギャルド」が登場!

メルセデス・ベンツ日本はこのほど、メルセデス・ベンツCクラスのセダン&ステーションワゴンのラインナップにエントリー版となる「C180アバンギャルド」を設定し、2月17日より予約受注の受付を開始した。税込車両価格はセダンが599万円、ステーションワゴンが625万円。

エントリー版にもマイルドハイブリッドを採用。WLTCモード燃費は14.4km/ℓ

C180に搭載するパワーユニットは、170ps/ 250Nmを発する新型の1.5ℓ直列4気筒ガソリンターボエンジン「M254」に、最大20ps/208Nmのブーストを可能にしたマイルドハイブリッドシステムの ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)を組み合わせる。これにより、パワフルかつ効率的、そして回生ブレーキやコースティングなどによる燃費の低減を実現。トランスミッションはこのC180にも9速AT(9Gトロニック)が採用され、優れたエネルギー効率と快適性を実現している。WLTCモード燃費はセダン、ステーションワゴンいずれも14.4km/ℓと発表された。

装備面では、メルセデス・ベンツの先進運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」や対話型音声認識機能を備えた「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー・エクスペリエンス」を標準装備したほか、AR(拡張現実)ナビゲーション(ヘッドアップディスプレイとセット)をオプション設定。さらに、18インチAMG5スポークアルミホイールを含むAMGラインや、本革シートのレザーエクスクルーシブパッケージなどは、すでに発売されているC200アバンギャルドなどと同様にオプションで選ぶことが可能だ。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部