ランドローバーおすすめ人気車種ランキング7選|モデル別新車・中古価格

この記事では、ランドローバーおすすめ人気車種をランキング形式で紹介!

"砂漠のロールス・ロイス"と呼ばれるほど、SUVの世界での高級車を作り続けてきたランドローバーは豪華な移動空間ながら実用性も高い、見た目だけではないラグジュアリーSUVの始祖ともいえる存在です。そのブランド価値を支えている、現在のランドローバーの各モデルを見ていきましょう。

※参考:中古車を検索するならグーネット中古車(Goo-net)

ランドローバーについて

ランドローバー

ランドローバーとは、イギリスの高級自動車ブランドです。第二次世界大戦時に使われたアメリカのジープを参考として、1948年にローバーから発売されたランドローバー・シリーズIから歴史が始まりました。1978年にはローバーの子会社として、メーカーとしてのランドローバーが生まれました。

2000年に、当時の親会社であったフォードはランドローバー、ボルボ、アストンマーティン、ジャガーを統合。しかし2008年、リーマンショックの影響でフォードはランドローバーとジャガーをタタモーターズに売却。以後、現在に至るまで、高級セダン/クーペブランドと、ハイエンドSUVブランドを併せ持つジャガーランドローバー社として運営されています。

ランドローバーが人気の理由・おすすめポイント

ランドローバーが人気の理由・魅力とは

現在、世界中の自動車界のハイブランドがSUVを開発・製造しております。その中にあってランドローバーの価値は下がらず、むしろより人気が高まっています。その魅力のポイントを見ていきましょう。

ポイント

  • ランドローバーは高級SUVの代名詞
  • 優れた堅牢性と信頼性をもっている
  • 悪路走行のための新技術を次々と開発
  • 都市空間でも活躍するモデルも多い
  • 優雅な乗り心地で満足度が高い

ランドローバーは高級SUVの代名詞

1970年当時は世界的に舗装道が行き渡っていたわけではなく、各国でモータリゼーションの進化が進んでいた時期でした。すなわち、道具としてのトラックや四輪駆動車が求められていた時期だったのです。

しかしランドローバーは、どんな路面でも走れる上に乗り心地・居心地がいいSUVとして、レンジローバーを開発。その先見の明は世界中の上流階級の人々に受け入れられ、高級SUVブランドとしての価値を高めました。

優れた堅牢性と信頼性をもっている

長年ラダーフレームにリジッドアクスルサスペンションという、タフさにおいて最高の組み合わせといえる車両構造を取り入れてきたランドローバー。しかもボディをアルミ製とすることで軽量化、他社の同クラスのSUVよりも加速や燃費に優れるという特徴を打ち出してきました。この構造があってこそ、砂漠のような過酷な場所であっても走りきれるという堅牢性と信頼性を実現しました。

悪路走行のための新技術を次々と開発

SUVとしてははじめて四輪駆動の構造を取り入れ、ATミッションも早い段階で導入。居住性に優れるロングロイールベースな4ドアタイプの開発にもいち早く取り組みました。また2001年には悪路走破性に優れながらも車内空間が広いシングルシェルのモノコックボディを採用するなど、SUVとしての本質と高級車としての素養を満たす技術を次々と開発していきました。

都市空間でも活躍するモデルも多い

ラージサイズSUVを得意とするランドローバーですが、都市部でも運転しやすいSUVも作っています。1997年には、ラダーフレームを用いながらも比較的小ぶりで、最小回転半径も一般的なセダンと同じくらいのコンパクトSUVフリーランダーをリリース。ソフトトップを備えるグレードもあり、夜景が楽しめるSUVとしても人気となりました。

優雅な乗り心地で満足度が高い

ランドローバーの特徴の1つにエアサスペンションがあります。スプリングではなく空気がつまったシリンダーを用いるため、オフロード走行時は車高を上げる、高速道路走行時は車高を下げるといったように、電子制御によって動きをコントロールできます。またサスペンションの硬さも変更可能。魔法の絨毯に乗っているかのように、衝撃を感じないセッティングも可能です。

ランドローバーおすすめ人気車種ランキング7選

以下では、ランドローバーおすすめ人気車種をランキング形式で紹介します。

人気1位:ランドローバー ディフェンダー

ランドローバー ディフェンダー

ランドローバーの名を高めたクロスカントリー車の現行版がディフェンダーです。2ドアでショートホイールベースのディフェンダー90、5ドアでロングホイールベースのディフェンダー110という2つのアルミモノコックボディがあります。

共にオンロードでもオフロードでも極めて高い走行性能を持ちます。大きく、重いボディですが、アラウンドビュー対応のインフォテインメントシステムによって駐車や路地の走行もしやすいのが特徴。

車種 ランドローバー ディフェンダー
グレード 90ベースグレード
年式 2020年11月
全長×全幅×全高 4510×1995×1975mm
ホイールベース 2585mm
車両重量 2090kg
サスペンション形式 前:ダブルウィッシュボーン
後:マルチリンク
エンジン型式 PT204
総排気量 1995cc
内径×行程 83.0mm×92.2mm
圧縮比
最高出力 300ps(221kW)/5500rpm
最大トルク 40.8kg・m(400N・m)/2000rpm
燃料供給装置 電子制御燃料噴射
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 90L
JC08モード燃費
新車価格 5,290,000円
中古車価格 698~698万円
カタログページ ランドローバー ディフェンダー

人気2位:ランドローバー レンジローバー イヴォーク

ランドローバー レンジローバー イヴォーク

かっこいいSUVとして大人気のレンジローバー イヴォーク。後ろから見ると車室部分が四角いボディで、いかにも実用性が高いのに、前から見ると近未来的なデザインが施されており、スタイリッシュなエクステリアでまとめられていることに驚きます。

現行モデルはランドローバー初のマイルドハイブリッド車。スタイリングを含め都市空間を走るためのSUVと認識されがちですが、走行可能水深が600mmと深く、オフロード走行も得意です。

車種 ランドローバー レンジローバー イヴォーク
グレード ベースグレード
年式 2020年12月
全長×全幅×全高 4380×1905×1650mm
ホイールベース 2680mm
車両重量 1840kg
サスペンション形式 前:マクファーソンストラット
後:リンク・ストラット
エンジン型式 PT204
総排気量 1995cc
内径×行程 83.0mm×92.2mm
圧縮比
最高出力 200ps(147kW)/4500〜6000rpm
最大トルク 32.6kg・m(320N・m)/1500〜4000rpm
燃料供給装置 電子制御燃料噴射装置
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 67L
JC08モード燃費
新車価格 4,950,000円
中古車価格 489.9~499.9万円
カタログページ ランドローバー レンジローバー イヴォーク

人気3位:ランドローバー レンジローバー

ランドローバー レンジローバー

初代のシンプルな造形からは大きく変わり、豪華さを身にまとった最新のレンジローバー。しかし走る道を選ばないクロスカントリー車でありながら、ハイパフォーマンスを発揮する上、ラグジュアリーカーとしての要素も備えていることは代々受け継がれてきたレンジローバーのDNAです。

オールアルミモノコックで軽量化を果たし、路面状態に合わせて自動的にサスペンションセッティングを行うテレイン・レスポンス2オートを搭載。全長4999mm・全幅1983mmのラージサイズなボディを感じさせない、軽々としたパフォーマンスを見せつけてくれます。

車種 ランドローバー レンジローバー
グレード SVゴールデンエディション
年式 2021年10月
全長×全幅×全高 5005×1985×1865mm
ホイールベース 2920mm
車両重量 2650kg
サスペンション形式 前:マクファーソン
後:ウィッシュボーン
エンジン型式 508PS
総排気量 4999cc
内径×行程 92.5mm×93.0mm
圧縮比
最高出力 525ps(386kW)/6500rpm
最大トルク 63.7kg・m(625N・m)/2500〜3500rpm
燃料供給装置 電子制御燃料噴射装置
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 105L
JC08モード燃費 7.4km/L
新車価格 23,220,000円
中古車価格
カタログページ ランドローバー レンジローバー

人気4位:ランドローバー レンジローバースポーツ

ランドローバー レンジローバースポーツ

レンジローバーをベースに、スポーティな走りが楽しめるようにワークスチューニングされたようなモデルです。オールアルミモノコックを採用し、軽量化しながら剛性・ねじれ剛性のバランスを改善。全長4855・全幅1985で、レンジローバーと比較してフロントウィンドゥとリアウィンドウを寝かせることで、低く構えたようなスタンスを形どっています。いわばオンロード寄りのレンジローバー。しかしオフロード性能も高く、レンジローバーの血筋を感じます。

車種 ランドローバー レンジローバースポーツ
グレード SVRカーボン+
年式 2022年1月
全長×全幅×全高 4880×2020×1800mm
ホイールベース 2920mm
車両重量 2420kg
サスペンション形式 前:ツインロワーリンク
後:インテグラルリンク
エンジン型式 508PS
総排気量 4999cc
内径×行程 92.5mm×93.0mm
圧縮比
最高出力 575ps(423kW)/6500rpm
最大トルク 71.4kg・m(700N・m)/3500〜5000rpm
燃料供給装置 電子制御燃料噴射装置
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 105L
JC08モード燃費 7.6km/L
新車価格 21,110,000円
中古車価格
カタログページ ランドローバー レンジローバースポーツ

人気5位:ランドローバー ディスカバリー

ランドローバー ディスカバリー

レンジローバーと同じプラットフォームを用いて、実用性を高めたモデルがディスカバリーです。フル電動折りたたみ機能がつく3列7席シートで、大家族でもみんなで移動できます。サードシート折りたたみ時のラゲッジスペース容量は1,137リットル。4人家族で楽しむキャンプも、グランピング級の快適機材を多数収納できます。パワートレインの実力もハイレベル。スタンダードモデルでも2470キロものラージサイズSUVの巨体を、最高時速209キロメートル、0-100km/hの加速が6.8秒というパフォーマンスを実現しています。

車種 ランドローバー ディスカバリー
グレード HSE
年式 2019年10月
全長×全幅×全高 4970×2000×1890mm
ホイールベース 2925mm
車両重量 2360kg
サスペンション形式 前:クロスリンク電子制御エアサスペンション ダブルウィッシュボーン
後:クロスリンク電子制御エアサスペンション ダブルウィッシュボーン
エンジン型式 306PS
総排気量 2994cc
内径×行程 84.5mm×89.0mm
圧縮比
最高出力 340ps(250kW)/6500rpm
最大トルク 45.9kg・m(450N・m)/3500〜5000rpm
燃料供給装置 電子制御燃料噴射装置
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 89L
JC08モード燃費 8.5km/L
新車価格 8,770,000円
中古車価格 98~869.9万円
カタログページ ランドローバー ディスカバリー

人気6位:ランドローバー レンジローバーヴェラール

ランドローバー レンジローバーヴェラール

収納式ドアハンドル、細身のリアコンビランプ&ガーニッシュなどを組み合わせたことで、名のある彫刻家がインゴットを削り出したような、切り立った塊感があるボディデザインを持つSUVがレンジローバーヴェラールです。コンパクトSUVなレンジローバーイヴォークを除いて、レンジローバーシリーズのエントリーモデルとなる車種です。プラットフォームにグループブランドであるジャガー Fペイスやジャガー XEのものを採用しています。

車種 ランドローバー レンジローバーヴェラール
グレード ベースグレード 200PS コイルサスペンション装着車
年式 2021年3月
全長×全幅×全高 4820×1930×1685mm
ホイールベース 2875mm
車両重量 2010kg
サスペンション形式 前:ダブルウィッシュボーン
後:マルチリンク
エンジン型式 204DTY
総排気量 1997cc
内径×行程 83.0mm×92.3mm
圧縮比
最高出力 204ps(150kW)/3750〜4000rpm
最大トルク 43.8kg・m(430N・m)/1750〜2500rpm
燃料供給装置 電子式(コモンレール)
使用燃料 軽油
燃料タンク容量 60L
JC08モード燃費
新車価格 7,870,000円
中古車価格
カタログページ ランドローバー レンジローバーヴェラール

人気7位:ランドローバー ディスカバリースポーツ

ランドローバー ディスカバリースポーツ

ランドローバーのなかで、もっともリーズナブルなエントリーモデルがディスカバリースポーツです。ボディサイズは全長4,610mm・全幅1,905mm。車重は2,010kg。実用性重視のディスカバリーの直系らしく、2列5席もしくは、2列5席にエマージェンシー用+2シートを備えたバリエーションが選べます。2000cc直4エンジンは147kW/320n・mのポテンシャルを持ち、時速209kmの最高速度まで加速します。またPHEVも用意されます。

車種 ランドローバー ディスカバリースポーツ
グレード ベースグレード 200PS
年式 2020年12月
全長×全幅×全高 4610×1905×1725mm
ホイールベース 2740mm
車両重量 2010kg
サスペンション形式 前:マクファーソン・ストラット
後:インテグラルリンク
エンジン型式 PT204
総排気量 1995cc
内径×行程 83.0mm×92.2mm
圧縮比
最高出力 200ps(147kW)/5500rpm
最大トルク 32.6kg・m(320N・m)/1500rpm
燃料供給装置 電子制御式燃料噴射
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 67L
JC08モード燃費
新車価格 4,730,000円
中古車価格 529.9~529.9万円
カタログページ ランドローバー ディスカバリースポーツ

ランドローバーおすすめ人気車種の新車・中古価格比較表

▼スクロールできます

車種 グレード 新車価格 中古価格
ランドローバー ディフェンダー 90ベースグレード 5,290,000円 698~698万円
ランドローバー レンジローバー イヴォーク ベースグレード 4,950,000円 489.9~499.9万円
ランドローバー レンジローバー SVゴールデンエディション 23,220,000円
ランドローバー レンジローバースポーツ SVRカーボン+ 21,110,000円
ランドローバー ディスカバリー HSE 8,770,000円 98~869.9万円
ランドローバー レンジローバーヴェラール ベースグレード 200PS コイルサスペンション装着車 7,870,000円
ランドローバー ディスカバリースポーツ ベースグレード 200PS 4,730,000円 529.9~529.9万円

ランドローバーおすすめ人気車種を試乗予約してみよう

世界に名高い高級SUVのみを生産しているランドローバーは、他メーカーのSUVに乗っている人にとっても興味あるブランドでしょう。世界の富裕層が認め続けてきたランドローバーに乗ってみたい方は、ランドローバー公式サイトの「ランドローバーを体験」から「オンライン試乗予約」を選び、アンケートに答えて試乗の申込みをしてみましょう。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部