トヨタの新型EV「bZ4X」にブリヂストンの「アレンザ001」と「トランザEL450」が新車装着。革新的なタイヤ基盤技術「エンライトン」を採用

ブリヂストンはこのほど、トヨタが5月12日に発売した新型電動SUV「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」の新車装着用タイヤとして、「ALENZA 001(アレンザ ゼロゼロワン)」と「TURANZA EL450(トランザ イーエルヨンゴーマル)」が採用されたことを発表した。装着サイズはいずれも、235/60R18と235/50R20。なお、「アレンザ001」は日本・欧州・アジア等の地域向け、「トランザEL450」は北米向けの車両に装着される。

「bZ4X」の航続距離の伸長と走りの魅力を引き出すことに貢献

トヨタは2030年までにBEVを350万台販売するという目標を掲げており、TOYOTA bZシリーズは「beyond Zero(ゼロを超えた価値)」を目指した、トヨタ初のBEV専用プラットフォームによる新型BEV。TOYOTA bZシリーズの第一弾となる「bZ4X」は、SUVタイプのBEVとしてのワクワク感、走りの魅力、安心・安全性能に拘ったクルマだ。

アレンザ001
トランザEL450

これまでブリヂストンは、トヨタとの長年にわたる共創において、同社が様々な車両を通じて提供する価値の実現に貢献してきた。今回「bZ4X」に装着される「アレンザ001」と「トランザEL450」は、EVへの装着に最適な革新的タイヤ基盤技術「ENLITEN(エンライトン)」を採用したブリヂストンの「断トツ商品」のひとつ。

タイヤの環境性能と運動性能を両立する「ENLITEN」技術を基盤として、「アレンザ001」では、新たに開発したトレッドゴムとタイヤ骨格部に最新の材料を採用することで、操縦安定性能、ウェット性能と転がり抵抗低減を高い次元で両立。一方「トランザEL450」では、トレッドゴムとタイヤ骨格部に最新の材料を採用することで、オールシーズン性能、耐摩耗性能と転がり抵抗低減を両立するなど、ユーザーの使用条件に合わせた価値の最大化を実現。これにより、「bZ4X」の航続距離の伸長と走りの魅力を引き出すことに貢献している。

●ブリヂストン公式サイト「乗用車用タイヤ」

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部