フォルクスワーゲン ID.4、ID.5にGTX追加でバリエーションを拡充!

フォルクスワーゲンID.4、ID.5にGTXが登場!ブラック・レッドの専用デザインと4WDのパワフルな走りが自慢。

フォルクスワーゲンより、本国で昨年発表されたばかりの「ID.4」「ID.5」にGTXモデルが追加されることが発表された。GTXブランドは全輪駆動モデルでありかつ高級感もしっかりと演出。スポーティとエレガントの両方を収めたモデルシリーズになっている。また、フォルクスワーゲンは今後の「ID.」シリーズにもGTXモデルを順次追加していくことを発表した。

ドイツ・フォルクスワーゲンから新型「ID.4 GTX」、「ID.5 GTX」が発表された。GTXブランドは「ID.」シリーズのスポーティな最高級モデルだ。今回、去年発表されたばかりの「ID.4」、「ID.5」にGTXシリーズが導入され、デュアルモーター四輪駆動の装備に加え、レッドとブラックを基調とした専用デザインで高級感とスポーティさを両立、トップモデルにふさわしいスペックで登場した。また、今後の「ID.」シリーズにもそれぞれのGTXモデルが用意されるようだ。「ID.4 GTX」は、日本円換算で約743万円から、「ID.5 GTX」は同788万円から用意される。

GTX独自のスポーティなデザイン

ID.5 GTXのエクステリアは、レッドとブラックを基調とした2トーン仕上げで塗装されている。フロントフェイスは段差や溝が少ないシームレスなデザインに設計され近未来感のあるクリーンな印象。メッシュグリルもボディ下部にまとめられているので、レッドボディが大きく視界に入り、ブラックとのコントラストを効かせて高級感を増している。リアフェイスも水平ラインを基調としたスポーティな印象。なだらかに下降するブラックのCピラーの先にはリアスポイラーを設置。ブラックのバンパーの造形はエッジを効かせており、フロントよりもアグレッシブなイメージを実現している。

インテリアは今回のモデルからブラックがメインカラーに採用され、ダッシュボードとドアトリムがブラックで統一されてシックな印象だ。ステアリングはレザー製。操作系スイッチをクロームパーツが囲み、レッドカラーのアクセントが加えられた。また、これまでオプション仕様としていた「デザイン」と「コンフォート」が標準装備に加えられた。ウィンドウのスモークガラス化、フロントシートヒーター、2つのUSB-Cプラグ、左右独立式のエアコン温度調整機構など内容はかなり充実している。

GTXシリーズが誇る走行性能

GTXモデルはフロントアクスルとリアアクスルにそれぞれ1つずつ電気モーターを備えている。フロントの出力は299PS、総トルクは460Nmを発揮し電気駆動と連動して駆動する。リアは出力204PS、トルク310 Nmを発揮する永久磁石式同期モーター(PSM)が搭載される。また、フロントアクスルには、109 PS、162Nmの非同期モーター(ASM)が追加で搭載されている。これは特に小型軽量で一時的に過負荷をかけることができ、電流が供給されていない状態で走行しても最小限のドラッグロスしか発生しないメリットを持っている。車両の最高速度は電子制御で180km/hに制限されている。

ID.4 GTXおよびID.5 GTXのパワートレインが発揮する駆動は、ビークルダイナミクスマネージャーによって管理される。このソフトウェアは、効率、ダイナミクス、走行安定性を常に最適に組み合わせることを目的として開発された。リアアクスルの駆動モーターによってほとんどの場面、それだけで車両駆動をまかなうことができる。ドライバーがよりスポーティなスタイルにシフトしたいときや、よりトラクションが必要なときには、すぐにフロントアクスルの非同期式マシンが起動する。かかる時間はコンマ数秒で、ドライバーには気づかれないほどスムーズに切り替えられる。また、パワートレインだけでなく、ブレーキ、ステアリング、シャシー制御システムのすべてが、選択されたドライビングプロファイルに応じてビークルダイナミクスマネージャーによって制御され、乗員の快適性を手厚くサポートしてくれる。

ID.4 GTXの航続距離は最大500km、ID.5 GTXは512kmを誇る。両モデルとも、最大充電容量は135kWである。77kWhの高電圧バッテリーは、36分で最大5~80%まで充電でき、ID.4 GTXの航続距離は337km、ID.5 GTXは376kmまで回復させることができる。また、電気自動車ルートプランナーによって最適なルートが割り出され、充電が必要な長旅でも走行距離と充電回数を最小限に抑えてくれる。これは走行中も順次更新されている。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部