乗り味もさらによくなったマツダCX-30 選ぶべきはSKYACTIV-DがGかXか?

マツダCX-30 SKYACTIV-DとG、SKYACTIV-X、どれを選ぶ? 燃費・燃料代・そしてCO2排出量と価格を考えながら試乗した

マツダCX-30 XD L Package(4WD) 車両本体価格○337万1500円 (特別塗装色6万6000円を含む) オプション込み 358万4880円
マツダCX-30は商品改良を受けて乗り味がさらによくなっていた。試乗した65kmのはSKYACTIV-D1.8(ディーゼルエンジン)搭載の4WD・6ATモデル。1週間生活をともにして665km走行した。走りながら考えたのは、燃費・燃料代・CO2排出量、そして価格だ。
マツダCX-30 XD L Package(4WD) 車両本体価格○337万1500円 (特別塗装色6万6000円を含む) オプション込み 358万4880円

ソウルレッドクリスタルメタリックのCX-30のかっこよさに惚れ惚れする

試乗車は、SKYACTIV-D1.8(ディーゼル)搭載の4WD、6ATモデルのXD L Packageである。価格は337万1500円。ここにはソウルレッドクリスタルメタリックの特別塗装代(6万6000円)が含まれている。CX-30は、4月に商品改良を受けて、前後ダンパーの特性の見直しが図られている。

https://motor-fan.jp/article/10019056

いまもっともスタイリッシュなクロスオーバーの1台であることに異論のある方は少ないだろう。

ところで、CX-30の売れ行きはどうなのだろうか?自販連のデータによると

日本(2021年1~6月)
MAZDA2:1万2750台(25位)
CX-5:1万2460台(27位)
CX-30:1万1661台(30位)
CX-8:1万963台(32位)
MAZDA3:9237台(35位)
CX-3:4703台(48位)

CX-30、CX-5、CX-8のSUV/クロスオーバーモデルは、同じくらい売れている。ちなみに、カッコイイ系クロスオーバーのトヨタC-HRは1万884台だから、ほぼCX-30はC-HRと同じくらいのセールスなわけだ。北米ではどうだろう?

CX-5:9万2621台
CX-30:3万3904台
MZDA3:2万1634台
CX-9:2万265台
MAZDA6:1万26台
MX-5 Miata:6677台

北米ではCX-5に次ぐ販売台数を記録している。じつは北米でのCX-30の21年上期の販売台数は、前年の100%アップ(つまり2倍!)なのだ。https://motor-fan.jp/article/10019141

さて、実際にCX-30に乗り込んでみる。相変わらず上質なインテリアはこのクルマの大きな魅力だ。けっして「高級」なわけではないが、「上質」なのだ。

1 / 5

「マツダCX-30 SKYACTIV-DとG、SKYACTIV-X、どれを選ぶ? 燃費・燃料代・そしてCO2排出量と価格を考えながら試乗した」の1枚めの画像
シートの出来もいい。ただし、シートはファブリック地の方がいい(個人的な感想です)。

2 / 5

「マツダCX-30 SKYACTIV-DとG、SKYACTIV-X、どれを選ぶ? 燃費・燃料代・そしてCO2排出量と価格を考えながら試乗した」の2枚めの画像
後席はMAZDA3より広く、大人4人がきちんと座れる。

3 / 5

「マツダCX-30 SKYACTIV-DとG、SKYACTIV-X、どれを選ぶ? 燃費・燃料代・そしてCO2排出量と価格を考えながら試乗した」の3枚めの画像

4 / 5

「マツダCX-30 SKYACTIV-DとG、SKYACTIV-X、どれを選ぶ? 燃費・燃料代・そしてCO2排出量と価格を考えながら試乗した」の4枚めの画像
室内は上質。もっともに気に入ったのは、ステアリングホイール。手触りもいい。丸いのもいい。

5 / 5

「マツダCX-30 SKYACTIV-DとG、SKYACTIV-X、どれを選ぶ? 燃費・燃料代・そしてCO2排出量と価格を考えながら試乗した」の5枚めの画像
インテリアは高級ではないが、上質。心地よい空間になっている。

いつものように、横浜から首都高速に乗って外苑で下りて東新宿の編集部まで戻る。わずか37km程度のドライブなのだが、CX-30の燃費計は22.7km/ℓを示していた。なかなかいい数字だ。

全長×全幅×全高:4395mm×1795mm×1540mm ホイールベース:2655mm

特性が変えられたダンパーについては、確かに乗り心地が良くなっている気がした。首都高の継ぎ目の乗り越えも角が丸くなった感じ。もともと、乗り心地に特段難があったわけではないし、FFよりも4WDモデルの方がバタつかない(し、そもそもダンパーの特性が変わったことを感じ取れるほどのセンサーを筆者が備えていないこともある)。

東京オリンピック前に都内はあちこちで工事が行なわれている。オリンピックとは関係ないのかもしれないが、JR渋谷駅付近の道路は、このところずーっと工事で、とにかく路面は酷いのだ。ここを会社帰りに通過するのは、一種の乗り心地チェックになっている。CX-30、なかなかいい。

タイヤはトーヨーのPROXES R56。指定空気圧はF&Rとも250kPa。
タイヤサイズは215/55R18

リヤサスペンションはTBA(トーションビーム式)。右に見えるのは4WD用のカップリングユニット。
フロントはマクファーソンストラット式

エンジンは、SKYACTIV-D1.8。SKYACTIV-D2.2ほどの「凄み」はないが、軽く回って静か、それで270Nmのトルクを出しているのだから、ほんとうにCX-30にベストマッチなエンジンだ。トランスミッションの6速ATも「7速、8速があればなぁ」と思わせるシーンは、ほぼない。燃費もいいし、シフトプログラムもスムーズで思ったギヤ段にいつもいてくれるのだから、大きく重くなることを考えればいまのところ6速で充分だ。

1週間ほどCX-30と付き合って665.4km走った。高速4割、郊外路と市街地は半々くらい。それでトータルの燃費は17.6km/ℓだった。

ボンネットフードを開けると、こういう景色が見える。ボンネットにダンパーはなし。
裏側はこうなっている。この部分、だんだんとコストカットが進んでいるような気もするが……。キャプション入力欄
形式:2.0ℓ直列4気筒DOHCディーゼルターボ 型式:S8-DPTS型(SKYACTIV-D1.8) 排気量:1756cc ボア×ストローク:79.0×89.6mm 圧縮比:14.8 最高出力:130ps(95kW)/4000pm 最大トルク:270Nm/1600-2600rpm
665.4km走ってトータルの燃費は17.6km/ℓ 軽油は131円/ℓ 37.97ℓで4974円だった。

ところで、皆さんお気づきになっていると思うが、燃料価格がじわじわ上昇している。今回給油したガソリンスタンドの燃料価格は

  • レギュラー:151円/ℓ
  • ハイオク:162円/ℓ
  • 軽油:131円/ℓ

だった。今年1月にCX-5を試乗した際は

  • 軽油:102円/ℓ
  • レギュラー127円/ℓ
  • ハイオク:138円/ℓ

だったから、軽油は28%、ガソリンについても17~18%も上昇している。個人的にもディーゼルエンジン車をマイカーにしているので、軽油の価格上昇にはちょっと敏感だ。

km/ℓだけではない。「円/km」も考えてみると…

今回は、燃料費、CO2排出量を少し考えてみたい。

CX-30のWLTCの燃費は、同じグレードで次のようになっている。

SKYACTIV-D1.8(4WD 6AT)

  • 燃費:WLTCモード 18.4km/ℓ
  •  市街地モード 15.3km/ℓ
  •  郊外モード 18.3km/ℓ
  •  高速道路モード 20.3km/ℓ

SKYACTIV-G2.0(4WD 6AT)

  • 燃費:WLTCモード 14.8km/ℓ
  •  市街地モード 11.7km/ℓ
  •  郊外モード 14.8km/ℓ
  •  高速道路モード 16.7km/ℓ

SKYACTIV-X(4WD 6AT)

  • 燃費:WLTCモード 16.5km/ℓ
  •  市街地モード 13.5km/ℓ
  •  郊外モード 16.7km/ℓ
  •  高速道路モード 18.1km/ℓ

となっている。SKYACTIV-G2.0、SKYACTIV-X搭載モデルでも同じ達成率だと仮定すると

  • G2.0(4WD 6AT)14.2km/ℓ
  • D1.8(4WD 6AT)17.6km/ℓ
  • X(4WD 6AT)15.8km/ℓ

燃料価格を前記のように

  • レギュラー:151円/ℓ
  • ハイオク:162円/ℓ
  • 軽油:131円/ℓ

とすると……

■1km走るのにいくらかかるか?

G2.0(4WD 6AT)10.6円/km

D1.8(4WD 6AT)7.4円/km

X(4WD 6AT)10.3円/km

ということになる。

やはり、ディーゼルの経済性は軽油価格が多少高くなっても健在だ。

SKYACTIV-G2.0とSKYACTIV-D1.8の価格差は27万5000円である。もちろんディーゼルの方が高い。これを燃料代の差だけで取り戻すには、86000kmを走らねばならない。絶対無理な走行距離ではないが、年12000km走っても7年ちょっとかかるわけだ。

ディーゼルの豊かなトルクと引き換えになるのは、ディーゼルエンジンの音と振動だろうか。しかし、マツダのSKYACTIV-Dではそこは気にしなくてもいい。だから、Gを選ぶか、Dを選ぶかは、予算と想定する走行距離で決めればいい。

SKYACTIV-Xは? となると、純粋に「世界初のSPCCI燃焼」を実現したすごいエンジン」に対して敬意を持つ人向け、ということになるだろう。実際に載るとXでしか味わえないものがあるのも事実。個人的な感想としては、「Xを選ぶならMAZDA3に載せた方がいい」「SUVは荷物を積んでアウトドアや旅でガンガン長距離を走るのだから、ディーゼルがいい」と思う。

さて、燃料代の話をしてきたが、今度は二酸化炭素(CO2)の排出量を考えてみよう。

CO2の排出量は

  • ガソリン 2322g/ℓ
  • 軽油 2619g/ℓ

である。軽油の方がCO2排出量は多いのだ。ちなみに単位発熱量は

  • ガソリン=34.6GJ/kℓ
  • 軽油 38.2GJ/kℓ

で軽油の方が大きい。

これを基準に1km走るとCO2排出量はどうなるか計算してみた。

  • G2.0(4WD 6AT)163.5g/km
  • D1.8(4WD 6AT)148.8g/km
  • X(4WD 6AT)147.0g/km

となる、ここではSKYACTIV-Xがもっとも少ないという結果になった。革新的な燃焼を実現したマツダ技術陣に敬意を表してXを選ぶ理由のひとつになりそうだ。

とはいえ、今回1週間生活をともにした結論は

  • CX-30を買うならディーゼルを選ぶ
  • 年間走行距離が1万kmに満たないならSKYACTIV-G2.0を選ぶ
  • 予算に余裕があれば、4WDを選ぶ(FFと4WDの価格差は23万6500円)

4WDの方が乗り味もいいし、もちろん悪天候悪条件になったとき、頼りになる。そうでなくても、たとえば、高速道路のICのループを走っているときでもリヤに駆動力配分があることのありがたさは感じられる。

蛇足として書いておくとMAZDA3の場合は

  • ベストバイはSKYACTIV-G1.5搭載モデル
  • そうでないなら、SKYACTIV-X搭載モデルを思いきって選ぶ

のがいいと個人的には思っている。https://motor-fan.jp/article/10019755

4WDは燃料タンク容量がFF(51ℓ)より3ℓ少ない48ℓ。FFと4WDの価格差は23万6500円だ。

マツダCX-30 XD L Package(4WD)

 全長×全幅×全高:4395mm×1795mm×1540mm
 ホイールベース:2655mm
 車重:1530kg
 サスペンション:Fマクファーソンストラット式&トーションビームアクスル式 
 駆動方式:AWD
 エンジン
 形式:2.0ℓ直列4気筒DOHCディーゼルターボ
 型式:S8-DPTS型(SKYACTIV-D1.8)
 排気量:1756cc
 ボア×ストローク:79.0×89.6mm
 圧縮比:14.8
 最高出力:130ps(95kW)/4000pm
 最大トルク:270Nm/1600-2600rpm
 燃料:軽油
 燃料タンク:48ℓ
 燃費:WLTCモード 18.4km/ℓ
  市街地モード 15.3km/ℓ
  郊外モード 18.3km/ℓ
  高速道路モード 20.3km/ℓ
 トランスミッション:6速AT
 車両本体価格○337万1500円 (特別塗装色6万6000円を含む)
 オプション込み 358万4880円

著者プロフィール

鈴木慎一 近影

鈴木慎一

Motor-Fan.jp 統括編集長神奈川県横須賀市出身 早稲田大学法学部卒業後、出版社に入社。…