月販1万台超え! ベストセラー2列シートコンパクトミニバンの実力。「トヨタ・ルーミー」【最新ミニバン車種別解説】

ハイト系登録車の中で圧倒的な人気と販売台数を誇るのがトヨタ・ルーミーだ。月間販売台数総合トップをヤリス、カローラと争うほどである。「カスタムG」「カスタムG-T」は撥水機能付きのファブリックシートを標準装備し、街乗りだけでなく「ゆる系アウトドア」にもお薦めだ。
REPORT:竹岡 圭(本文)/小林秀雄(写真解説) PHOTO:中野幸次 MODEL:菅原樹里亜

安全装備や内外装意匠が進化 運転しやすいサイズ感も好感

2020年に安全装備を追加し、内外装をリフレッシュしたルーミー。その際、兄弟車種だったタンクは廃止され、ルーミーに1本化された。

エクステリア

「カスタム」系グレードは外装にメッキフロントグリルやメッキバックドアガーニッシュを備え、上質感をアップ。「カスタムG-T」には15インチアルミホイールも備わる。

ベースとなっているのはパッソ&ブーンなので、開発はダイハツが担当。トヨタ&ダイハツの兄弟車種となる。サイズ感的には5ナンバーのギリギリいっぱいまでいかず、最小回転半径4.6〜4.7mということもあり、狭い路地でも取り回しやすいコンパクトタイプだ。

インストルメントパネル

ダッシュボード中央にマルチインフォメーションディスプレイを配置した水平基調のインパネを採用。「X 」を除くグレードにはオートエアコンが標準装備され、純正ナビ・オーディオは販売店オプションとして設定されている。

しかし室内高が高いので、大人用自転車がそのまま載せられるほど収納力は高い。後部座席をダイブダウンさせたときに広げて使えるビルトインの防汚シートも便利で、なおかつラゲッジスペースの開口部も低い。女性なら身体ごと乗り込みながら、積載することもできるといった利便性が光っている。両側スライドドアということもあり、フレキシブルな使い方ができそうだ。

居住性

パワートレーンは1.0l直列3気筒となり、自然吸気とターボのふたつのエンジンが用意されている。人や荷物を載せる機会が多いならば、間違いなくターボモデルをお薦めしたいところ。上り坂などで加速するとCVTということもあり、高回転域は正直賑やかだからだ。

うれしい装備

オプションのコンフォートパッケージを選択するとドリンクホルダー付きシートバックテーブルを装備。
月間登録台数   10298台(21年6月〜11月平均値)
現行型発表    16年11月(マイナーチェンジ 20年9月)
WLTCモード燃費  14.8km/l ※「カスタムG」「G」「X」系のFF車

ラゲッジルーム

しかし、ワインディングロードをガリガリ走るというようなモデルではない。シートのサポート性もさることながら、乗り心地的にもかなりソフトライドなので、ほんわかテイストで毎日乗るクルマとして向いている。軽自動車プラスアルファの利便性を求める人にお薦めである。

※本稿は、モーターファン別冊ニューモデル速報統括シリーズVol.139「最新ミニバンのすべて」の再録です。掲載データは作成時点での参考情報です。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部