VW「ティグアン」に「TSI 4MOTION」が追加設定!190ps/320Nmの2.0ℓガソリンターボで4WD

ティグアンTSI 4MOTION R-Line
フォルクスワーゲンジャパンはこのほど、昨年5月にマイナーチェンジしてさらに進化した新型「Tiguan(ティグアン)」に、新たなパワートレインとして「TSI 4MOTION(ティーエスアイ フォーモーション)」を追加設定し、9月21日より受注受付を開始した。

190ps/320Nmの2.0ℓガソリンターボエンジンに4MOTIONシステムを組み合わせ、高いロードホイールディング性能を発揮

ティグアンTSI 4MOTION Active Advance

昨年5月にマイナーチェンジしてさらに進化した、フォルクスワーゲンの新型「Tiguan(ティグアン)」に、新たなパワートレインとして「TSI 4MOTION(ティーエスアイ フォーモーション)」を追加設定され、9月21日より受注受付を開始した。「TSI 4MOTION」モデルは3グレード構成で、税込車両価格は「TSI 4MOTION Active」が479万2000円、「TSI 4MOTION Active Advance」が518万8000円、「TSI 4MOTION R-Line」が581万6000円。なお、同モデルの出荷は11月より順次開始されるが、半導体供給不足などの影響により納期に時間がかかる場合がある。

TSI 4MOTIONは、190ps/320Nmを発生する2.0ℓ直列4気筒ガソリンターボエンジン「2.0 TSI」を採用。7速DCT(DSG)と組み合わされるこのエンジンは、最大トルク発生回転数が1500~4100rpmと広いトルクバンドを持っていることが特徴のひとつ。この高性能エンジンをフォルクスワーゲンの四輪駆動として定評のある4MOTIONシステムと組み合わせることで、高いロードホールディング性能と高出力ながら扱いやすいエンジン性能を備えた四輪駆動モデルとなっている。

TSI 4MOTIONは3グレードを設定。エントリーグレードの「Active」は、1.5ℓTSIエンジン同様の装備に加え、4MOTIONアクティブコントロールやヒルディセントアシストのほか、ドライビングプロファイル機能などを装備。そして「Active Advance」には、LEDマトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT”やフォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”やデジタルメータークラスター“Digital Cockpit Pro”などの先進装備を標準設定。さらに上級グレードの「R-Line」には、専用の内外装に加え、アダプティブシャシーコントロール“DCC”やレザーシートなどのオプションを選択することが可能だ。

ボディカラーはナイトシェードブルーメタリックやドルフィングレーメタリックなど全5色が設定されている。

ティグアン TSI 4MOTION R-Line

今回の追加設定により、新型ティグアンは、1.5 TSIエンジンを採用したモデルと2.0TSIエンジンに4MOTIONシステムを組み合わせたモデル、そしてハイパフォーマンスの「R」モデルの3種類のパワートレインを採用し、全7グレード構成となった。降雪地域などでは根強い人気を誇る四輪駆動モデルが加わったことで、ベーシックモデルからスポーティなモデルまで幅広く充実したラインナップにより、同社はユーザーの多様なニーズに応えていく。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部