新型ゴルフのフラッグシップ「ゴルフR」「ゴルフRヴァリアント」が上陸! 639万円から

フォルクスワーゲン ジャパンはこのほど、昨年フルモデルチェンジした新型ゴルフ/ゴルフ・ヴァリアントに、スポーティな内外装をまとったフラッグシップモデル「ゴルフR」「ゴルフRヴァリアント」を設定し、10月4日に発売した。税込車両価格はゴルフRが639万8000円、ゴルフRヴァリアントが652万5000円。

2.0ℓ直4ターボエンジンは先代から10ps/20Nm上乗せとなる320ps/420Nmを発揮

昨年フルモデルチェンジした新型ゴルフ/ゴルフ・ヴァリアントに、スポーティな内外装をまとったフラッグシップモデル「ゴルフR」「ゴルフRヴァリアント」が登場。10月4日に発売した。税込車両価格はゴルフRが639万8000円、ゴルフRヴァリアントが652万5000円。

新型ゴルフR/ゴルフRヴァリアントには、320ps/420Nmを発する2.0ℓ直列4気筒ガソリンターボエンジン「2.0TSI」を搭載。先代モデルと比べて、排出ガスの低減や燃費性能の向上、エンジン特性の最適化を目的に様々な改良が施され、最高出力で10ps、最大トルクで20Nm上乗せされている。ちなみにWLTCモード燃費は、ゴルフRで12.3km/ℓ、ゴルフRヴァリアントで12.2km/ℓ。

また、先代より1インチ拡大された18インチブレーキシステムを採用することでブレーキ機能も高められ、高速度域からも安心して止まれるブレーキング性能を実現。ブルーにペイントされ、“R”ロゴをあしらったブレーキキャリパーはパフォーマンスだけでなく、視覚的にも特徴のひとつとなっている。

さらに新型には、すでに「ティグアンR」に採用されている“Rパフォーマンストルクベクタリング”と“ビークル ダイナミクス マネージャー”の採用により、最適なトルク配分と正確でニュートラルなハンドリングを実現し、今まで以上にドライビングプレジャーが体感できる。

●Rパフォーマンストルクベクタリング
従来のフルタイム4輪駆動システム「4MOTION」においては、走行状況に応じて前後アクスルの間でのトルク配分を行っていたが、新たに採用された「Rパフォーマンストルクベクタリング」は、リヤアクスルに配置されたふたつの多板クラッチが左右後輪のトルク配分を適切にコントロールすることで、リヤの外輪により多くのトルクを配分し、コーナリング性能を高める。トルク配分はステアリングの角度、アクセルペダルの踏み込み具合など様々な要素を元に瞬時に算出。右カーブの時は左側後輪に、左カーブの時は右側後輪に多くのトルク配分を行い、思い通りのコーナリングを実現する。
●ビークル ダイナミクス マネージャー
新型ゴルフR/ゴルフRヴァリアントに搭載されるビークル ダイナミクス マネージャーは、単に電子制御式ディファレンシャルロック“XDS”とアダプティブシャシーコントロール“DCC”(19インチアルミホイールとセットで税込22万円のオプション)を統合制御するだけではなく、Rパフォーマンストルクベクタリングを採用した4MOTIONと高度に連携することで、ドライビングダイナミクスの最大化と快適性の向上を高次元で両立している。運転操作が行われている間は絶えずシステムが4MOTION(Rパフォーマンストルクベクタリングシステム)、XDS、DCCをコントロールするとともに、各ホイールへの最適なトルク配分を実行するための完璧なクラッチコントロールを実現し、機敏で正確なハンドリングを実現。また、車両のロールを抑え、わずかなステアリング操作に対してもより速く反応し、高速度域でのヨーおよび荷重変化の減衰を最適化することでドライビングダイナミクスと快適性を向上させている。
ゴルフR(写真はオプションの19インチホイールを装着)
ゴルフRヴァリアント(写真はオプションの19インチホイールを装着)

エクステリアはR専用デザインのバンパーを採用。サイドシルは専用のボディ同色となっており、リヤに採用されているグロスブラックのリヤディフューザーと4本出しのエクゾーストパイプがスポーティな雰囲気を醸し出す。ボディカラーはラピスブルーメタリック(税込3万3000円のオプション)、ピュアホワイト、ディープブラックパールエフェクトの3色が設定された。

インテリアは、カーボン調のデコラティブパネルのほか、鮮やかなブルーの“R”ロゴをあしらった専用のヘッドレスト一体型トップスポーツシートを採用。その他、デジタルメータークラスター“Digital Cockpit Pro”には、ドライビングプロファイルでスポーツもしくはレースモード(R専用)を選択すると、デジタルメータークラスターにR専用の表示が可能となっており、気分を高揚させてくれるアイテムが装備されている。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部