マイナーチェンジを受けたルノーの新型「メガーヌ」が上陸! 1.3ℓ直噴ターボエンジンを新たに搭載。税込310万円から

8月26日、ルノー・ジャポンはマイナーチェンジを受けた新型「メガーヌ」「メガーヌ スポーツツアラー」を導入し、同日発売した。税込車両価格は「メガーヌ インテンス」が310万円、「メガーヌ スポーツツアラー インテンス」が330万円。

新デザインの前後ライトや18インチホイールなどエクステリアも刷新。最新の運転支援機能も積極的に採用

新型メガーヌには、159ps/270Nmを発揮する1.3ℓ直列4気筒の直噴ターボエンジンを搭載。ルノー・日産・三菱アライアンスとダイムラーにより共同開発されたこのエンジンは、1800rpmの低回転で最大トルクに達するため、低速から力強い余裕のある走りをもたらし、最高出力を発生する5500rpmの高回転域まで伸びやかで爽快な加速が楽しめる。また、燃焼の効率化やシリンダーボア内部を鏡面仕上げにするボア・スプレー・コーティングにより、燃費性能にも優れている。

メガーヌ インテンス

組み合わせるトランスミッションは、スムースな変速と高い効率が特長の、湿式多板デュアルクラッチを用いた7速EDCで、ギヤ比はこのエンジンに最適化されている。WLTCモード燃費はメガーヌ インテンスが17.5km/ℓ、メガーヌ スポーツツアラー インテンスが16.6km/ℓと発表された。

メガーヌ スポーツツアラー インテンス

エクステリアには多くの改良が施され、特長である洗練とモダンが融合したフレンチデザインに、優雅さが加えられた。LEDヘッドライトユニットには、最新のルノーモデルと同様の立体的なストライプや、ヘッドライトカバーにダイヤモンドのモチーフが組み込まれたものが採用され、新型メガーヌに豊かな表情と上品さを与えている。また、新たにデザインされたフロントバンパーとフロントグリル、そしてフロントエンド、フロントフェンダーに効果的に用いられているクロームのパーツが、質感と優雅さを高めている。

リヤウインカーはシーケンシャルタイプとなり、アンテナはシャークアンテナが標準で装備された。新デザインの18インチホイールも新型の個性にひと役買っている。

ボディカラーはメガーヌ インテンス、メガーヌ スポーツツアラー インテンスそれぞれに設定した専用色を含む全6色がラインナップされた。

キュイーヴル ソラールM(メガーヌ専用色)
グリ バルティックM(メガーヌ スポーツツアラー専用色)
ブルー コスモスM
ルージュ フラムM
ブラン ナクレM
ブラン グラシエ(受注生産)

ダッシュボード中央に配置される7インチのマルチメディアイージーリンクタッチスクリーンには、スマートフォンとのミラーリングを可能にするマルチメディアシステム「イージーリンク」を新たに採用。操作系もより使いやすくなった。

また、運転モードやインテリア照明(アンビエントライト)などをカスタマイズできるルノー・マルチセンスも、 7インチマルチメディアイージーリンクタッチスクリーンで操作。なお、ルノー・マルチセンスでは、4つの運転モード(My Sence/Sport/Comfort/Eco)から好みの設定が選べる。

電動パーキングブレーキには、オートホールド機能が装備された。オートホールド機能は、交差点の長い信号待ちなどで、ドライバーがブレーキペダルから足を離しても停止状態を保ち、アクセルペダルを踏むと自動的にブレーキを解除する。

シートはレザー調とファブリックのコンビで、カラーはブラックが基調。前席にはシートヒーターが備わる

エアコンのコントロールは、直感的で操作しやすいダイヤル式を採用。乗員全員の快適なドライブ体験をサポートするため、後席エアダクトにUSBポートが2個装備され、後席の利便性も高められた。

運転支援システムには、約0〜170km/hの範囲で作動する「アダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)」や「リヤクロストラフィックアラート」、「ドライバー疲労検知アラート」、「アクティブエマージェンシーブレーキ(歩行者検知機能付き)」を新たに採用し、より安全・安心・快適なドライブをサポートする。

著者プロフィール

モーターファン 近影

モーターファン