マツダMX-30に採用されたフリースタイルドアが子どもも安心安全な乗降システムとして「第15回キッズデザイン賞」を受賞!

マツダは8月26日、MX-30に採用している子どもも安心安全な乗降システムが「第15回キッズデザイン賞」(主催:特定非営利活動法人 キッズデザイン協議会)を受賞したと発表した。マツダが同賞を受賞するのは2014年以降、8年連続となる。

人間特性に基づいて綿密に設計したドア開口部により、ドアの開閉、乗員の乗降、荷物の積み下ろし、ベビーカーから後席チャイルドシートへの子どもの誘導など、一連の動作をスムーズに行える

キッズデザイン賞は、「子どもが安全に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」という3つのデザインミッションを実現するための優れた製品・空間・サービスを選び、広く社会へ伝えることを目的とした顕彰制度。

今回、受賞した「子どもも安心安全な乗降システム」は、人とクルマの新しい関係を提案するコンパクトSUV「MX-30」が採用しているフリースタイルドアが審査対象となった。ユーザーが自由な発想でその活用を楽しめるフリースタイルドアは、センターオープン式のドア構造によって、乗員が前ドアを開閉後に移動することなく後ドアの開閉操作を行うことができる。

加えて、90度に近い角度まで開く前後ドアと、人間特性に基づいて綿密に設計したドア開口部により、ドアの開閉、乗員の乗降、荷物の積み下ろし、ベビーカーから後席チャイルドシートへの子どもの誘導など、一連の動作をスムーズに行える。さらに、子どもが誤操作しにくいウォークイン機構で車外への飛び出しを防ぐ安全なシート可動システムにより、子どもへの高い安心と安全がサポートされている。

●特定非営利活動法人 キッズデザイン協議会

●マツダ「MX-30」

●マツダ「MX-30(EV)」

著者プロフィール

モーターファン 近影

モーターファン