スタイリッシュなマツダ最小クロスオーバー「マツダCX-3」【最新SUV 車種別解説】

マツダのロングセラーSUV、CX-3は何よりそのスタイリングが魅力的だ。ルーフスポイラーやマフラーアルミホイールも全車に備えるなど装備も充実。着座位置は低いので、コンパクトカー感覚でラクに取り回しができるのは街乗り重視のSUVとして優秀だ。
REPORT:岡島裕二(本文)/山本晋也(写真解説) PHOTO:神村 聖 MODEL:佐々木萌香

フェンダー拡張で存在感増大 取り回し性や操舵感覚は軽快

CX-3はコンパクトカーのマツダ2をSUVにアレンジした、クロスオーバー的なモデル。ホイールベースの長さはマツダ2と共通だが、 前後のオーバーハングを拡大することで、全長を約20cm拡大。さらにフェンダーまわりにボリュームをもたせることで、コンパクトなサイズでありながらも、マツダのSUVらしい存在感を手に入れている。

エクステリア

リヤまわりのダークティンテッドガラスは標準装備。ルーフスポイラーやマフラーカッター、アルミホイールも全車に備えることで、コンパクトクラスとは思えないプレミアム感を演出している。最小回転半径は5.3m。

インテリアデザインは細部が多少変更されてはいるものの、ほぼマツダ2と共通。着座位置も高くはないので、コンパクトカー感覚で楽に取り回すことができるのが魅力。

インストルメントパネル

標準装備の8インチディスプレイは、パネルタッチとコマンダーの両方で操作可能。オーディオ類は、ステアリングスイッチでも操作できる。最上級グレードにはヘッドアップディスプレイも備わる。オートホールド付きEPBが全車標準。

ただし、後席や荷室はSUVとしては狭いため、多人数での長距離ドライブやキャンプ道具などを満載したレジャーユースには適していない。

居住性

パワートレーンは1.8lディーゼルと1,5l自然吸気の2種類。6速ATが主力だがディーゼルは6速MTも選べる。最近のディーゼルとしては低回転域のトルクが細いが、走り出してしまえば余裕のある走りをもたらしてくれる。ディーゼル特有のカラカラ音も少ないから快適性も高い。

ガソリンの1.5lはパワフルではないものの、スポーツモードを使って積極的に高回転を維持すれば、思いのほかキビキビと走ってくれる。乗り心地は多少突き上げ感が強いが、ハンドリングは軽快そのもので、市街地からワインディングまで気持ち良く走ることができる。

うれしい装備

後席中央部にアームレストを格納。展開するタイプのカップホルダーが備わっており、使いやすい。「Touring」系に標準装備となる。
月間登録台数   851台(21年10月〜22年3月平均値)
現行型発表    15年2月(一部改良 21年10月)
WLTCモード燃費 23.2km/l※「XD Touring」のFF/6速MT車

ラゲッジルーム

昨秋にディスプレイの拡大などの改良が施されたが、今後マツダはラージSUVに力を入れるため、CX-3は現行型で廃止の可能性が高い。

※本稿は、モーターファン別冊ニューモデル速報統括シリーズVol.141「2022-2023 国産&輸入SUVのすべて」の再構成です。

http://motorfan-newmodel.com/integration/141

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部