フォルクスワーゲンが新型電動SUV「ID.4」の発売に合わせて急速充電ネットワーク「プレミアムチャージングアライアンス」に加盟

ID.4
フォルクスワーゲンジャパンはこのほど、日本国内で急速充電器のネットワーク拡充を促進する「プレミアム チャージング アライアンス(PCA)」へ加盟し、サービスを開始すると発表した。これまでのPCA加盟ブランドであるアウディとポルシェに、第3ブランドとしてフォルクスワーゲンが加わることで、この3ブランドによるEVオーナーは各ブランドが展開している急速充電器を相互利用することができる。

12月末には国内約210拠点・220基の急速充電器が利用可能に

フォルクスワーゲンジャパンはこのほど、日本国内で急速充電器のネットワーク拡充を促進する「プレミアム チャージング アライアンス(PCA)」へ加盟し、サービスを開始すると発表した。これまでのPCA加盟ブランドであるアウディとポルシェに、第3ブランドとしてフォルクスワーゲンが加わることで、この3ブランドによるEVオーナーは各ブランドが展開している急速充電器を相互利用することができる。

PCAは、アウディとポルシェ、フォルクスワーゲンによるEVオーナーに向けて、各ブランドの販売店または都市部に展開する90-150kW級出力、CHAdeMO(チャデモ)規格の急速充電ネットワークを統合する日本国内の充電サービス事業。2022年12月末時点で、日本国内約210拠点・220基(3ブランド合計)の急速充電器を、各ブランドのオーナーが利用することが可能となる予定だ。

フォルクスワーゲンは、新型電動SUV「ID.4」を11月22日に発売した。これに合わせてPCAへ加盟。フォルクスワーゲンジャパンでブランドディレクターを務めるアンドレア・カルカーニ氏は次のように述べている。
「“ピープルズカー”ブランドであるフォルクスワーゲンとして、お客様にEVを安心してお使いただけるよう、充電インフラの提供に積極的に取り組んでおります。今回、フォルクスワーゲンのお客様にとっての利便性をさらに向上するとともに、PCAの充電ネットワーク拡大に大きく貢献でき、大変嬉しく思っております」

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部